《ガンリキ・インディゴ・カイザー》

ガンリキ・インディゴ・カイザー VR 水文明 (7)
クリーチャー:ブルー・コマンド・ドラゴン/ハンター 7000
W・ブレイカー
相手がクリーチャーを召喚した時または呪文を唱えた時、このターン、相手のクリーチャーは、攻撃またはブロックできない。

DMR-02で登場したブルー・コマンド・ドラゴン/ハンター

相手がクリーチャー呪文プレイしたターン、相手クリーチャーすべての攻撃ブロックロックをかける。

ビートダウン系統のデッキは展開&攻撃を基本とするため、それらに制限をかけることは非常に有用。スピードアタッカーや各種進化クリーチャーからの急なダイレクトアタックも禁止できるため、なかなか安心感がある。
除去耐性こそないが、トリガー能力のため、除去されてもそのターンの間は攻撃ブロックへのロックが可能である。これは《予言者マリエル》などの既存のロックカードにはないメリットだろう。ただし、除去された後に出てきたスピードアタッカーなどはロックできない。

しかし、逆に言えば相手がカードプレイしなければロックが機能しないため、このクリーチャーバトルゾーンに出した時点で、既に相手プレイヤーが多くのクリーチャーを展開しており、新たにカードプレイする必要性がなければ、それらの一斉攻撃ロックできることは期待できない。
その場合は別の手段での妨害を用意しておきたい。この場合は《アポカリプス・デイ》等に始まるリセットボタンが候補にあがる。

あえて防御ではなく、ビートダウン系のデッキアタッカーとして使用することも良いだろう。相手プレイヤーカードプレイ殴り返しのどちらかしか行えなくなり、こちらの攻撃クリーチャーへの対処を大きく阻害されることになる。
またニンジャ・ストライク召喚であるため、相手の《光牙忍ハヤブサマル》《轟牙忍 ハヤブサリュウ》など腐らせることも可能。より確実に攻撃を通すことができる。

総じて、やや癖の強いカードである。コストの重さも相まって、使うにはデッキ構築やプレイングに工夫が必要だろう。

ドラゴンハンターである点を活かして【カイザー「刃鬼」】に投入してやるのが1つの手。《「必勝」の頂 カイザー「刃鬼」》《轟破天九十九語》踏み倒して出してからマッハファイター《閃光のメテオライト・リュウセイ》を活かしたタップキルで相手の盤面を処理し、返しのターンに相手がカードプレイする必要性を生んでやろう。ただ、革命編以降の高速化した環境では残念ながら最速で出してもそれほどの脅威にはなりづらく、あくまで詰めに使うと強いという立ち位置に甘んじている。

革命編以降であっても、超天篇環境など比較的低速な環境では【チェンジザドンジャングル】で偶に使われ、これが入った構築がチャンピオンシップ4位以内入賞を記録することもある。

  • マナブーストからこのカードを早期に出す事によって相手の動きを潰しつつ大きめなサイズを活かして殴っていくことも出来る。相手の展開に間に合うようブーストから出せればロックをかけることは難しくない上、突破されても必然的に相手は隙を見せることになる為その間に展開させてしまえば押し切りやすい。
  • 元ネタはMagic:The Gatheringの『天使の調停者』だろうか。元と違ってあちらは各対戦相手になっているが、こちらは効果が相手のみとなっている。
  • インディゴとは藍色(あいいろ)のこと。

フレーバーテキスト

  • DMR-02
    紺碧の龍の眼力は、青く冴えた静寂の世界を生み、動きを封じ込める。
  • DMD-13
    カツキングが戻るまでの時間はオレが稼ぐ!ここは任せろ! ---ガンリキ・インディゴ・カイザー
  • DMX-25
    マザー・エイリアンと出会い、最初に真実を知った鬼流院 刃は、再び同じような悲劇が起きないようにと花吹雪一家を結成した。

収録セット

参考