《サンダー・ティーガー》

サンダー・ティーガー UC 闇文明 (5)
サイキック・クリーチャー:デーモン・コマンド/ハンター 3000
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のクリーチャーを1体選ぶ。そのターン、そのクリーチャーのパワーは-2000される。
覚醒リンク―自分のターンのはじめに、バトルゾーンに自分の《ヴォルグ・サンダー》があれば、そのクリーチャーとこのクリーチャーを裏返しリンクさせる。
《ヴォルグ・サンダー》と覚醒リンク後⇒《雷獣ヴォルグ・ティーガー》

DMR-02で登場したサイキックデーモン・コマンド/ハンター
2019年6月30日までは《ヴォルグ・サンダー》覚醒リンクして《雷獣ヴォルグ・ティーガー》となることができた
2019年7月1日以降はこのカード単体でしか使用できない。

cip能力は非常に使いやすい。
《超次元ミカド・ホール》とあわせれば相手クリーチャー1体を-4000、もしくは2体をそれぞれ-2000しつつバトルゾーンにクリーチャーを展開することができ、その感覚はナイト・マジック適用中の《魔弾デュアル・ザンジバル》に近い。

相方がプレミアム殿堂となった為、今後は「デーモン・コマンド」としての生き方を模索していく事となるだろう。

  • 名前の由来は、英語で雷を表すサンダー(thunder)とドイツ語で虎を表すティーガー(tigre)だろう。

関連カード

収録セット

参考