《スーパー・エターナル・スパーク》

スーパー・エターナル・スパーク UC 光文明 (5)
呪文
S・トリガー
バトルゾーンにあるコスト6以下の進化ではないカードを1枚選び、裏向きにして、持ち主のシールドゾーンに新しいシールドとして加える。

DMR-15で登場した呪文

進化でないコスト6以下のカードシールド送りにする。《エターナル・スパーク》上位種であり、1マナ重いかわりに、対象がコスト6まで広がっている。

注目すべきは対象のカードタイプを指定していないカード指定除去であるという点。クリーチャーだけでなく、ドラグハート・ウエポンドラグハート・フォートレス除去することができる。
さらには封印を剥すこともできるので、コマンドを投入していないデッキに入れると剥がすと同時にシールド補充もできるので効果的。《禁断機関 VV-8》の場合は山札の上から5枚を見てそこから3枚を選んで封印を付けるので、このカードによってある程度狙ったカードを選んでシールド追加することが可能。
そしてD2フィールド除去する事ができる。場合によってはDスイッチをONした後の自分のD2フィールドシールドとして再利用…なんて事も不可能ではない。

コスト6以下だとクリーチャー除去するには少々不便だが、除去しづらいドラグハート・フォートレスを対処できるのは優秀である。

また、《超銀河剣 THE FINAL》以外の非進化クロスギア全てが射程範囲内。クリーチャー除去にもなるので、クロスギアメタとしても腐りづらい。

クリーチャーでもでは珍しい貴重な除去手段である為、《ウソと盗みのエンターテイナー》といったような厄介なメタカードも封じ込められる。環境次第では採用が見込めるだろう。
登場からいぶし銀のあるカードとして使われてきたが、後に《奇石 ベイブレンラ/スーパー・エターナル・スパーク》としてツインパクト版が登場した。
今後はそちらに出番を譲る形になるだろう。【赤白レッドゾーン】でよほどカウンターでの封印外しに特化させたいなら8枚体制にするという手もある。

関連カード

フレーバーテキスト

  • DMR-15
    知識もなくとも、正義があれば、封印はできる。
  • DMSP-01
    相手のクリーチャーをどかすだけじゃなく、自分のクリーチャーをシールドに送ってラビリンス達成も狙えるぞ!トリガー付きのクリーチャーをシールドに戻せば一石二鳥!

収録セット

参考