一極(いっきょく) マウチュ》

一極 マウチュ C 光文明 (9)
クリーチャー:エンジェル・コマンド/侵略者 5000
S・トリガー

DMR-18で登場したエンジェル・コマンド/侵略者

S・トリガー付き準バニラ《侵略者 シロメール》上位種

9コストでS・トリガーしか持たないなど、この上なくコストパフォーマンスの悪いクリーチャーだが、これは同エキスパンション《超九極 チュートピア》を意識したデザインであり、S・トリガーで出ればそちらにスムーズに侵略する事ができる。
S・トリガー獣としての汎用性は同文明《閃光の守護者ホーリー》《音階の精霊龍 コルティオール》《清浄の精霊ウル》などに大きく劣る。そのため使用する場合は基本的に【九極侵略】専用となるだろうが、その場合でも今度は《三極 デュエナース》の存在が壁となる。

普通に9マナ払って出すのはどう考えても割に合わないので、S・トリガーで出すのが基本となるだろう。シールド追加で積極的にシールドに仕込んで《音感の精霊龍 エメラルーダ》で踏み倒すなど、少しでも早く出す工夫をしたい。

実際にデッキに入れるなら《三極 デュエナース》墳墓避けに1枚から2枚程度の採用が関の山だろう。

  • 同弾の《閃光の守護者ホーリー》と並んで光最重量S・トリガーの座を獲得したが、あちらに比べてコマンドであること以外はほぼ劣っている。やはり様々な侵略の種としての運用を心掛けたい。
  • DMX-22ではコロコロコミック版「ポケットモンスター」で有名な穴久保幸作氏のイラストで再録。デュエマ販売元のタカラトミーはポケモンの玩具なども販売しているものの、株式会社ポケモンの版権管理が厳しい大人の事情もあって、カードイラストはピカチュウやピッピの本人ではなく「両者の面影を残すネズミ」*1になっている。フレーバーテキストは言わずと知れた、穴久保ピッピの名台詞。

関連カード

フレーバーテキスト

  • DMR-18
    チュチュッチュチュッチュ、マウッチュー!マウマウ、マウマウマウッチュ!さぁ、超九極 チュートピアの究極ショーがはじまるよ! --- 一極 マウチュ
  • DMX-22
    ギエピー! --- 一極 マウチュ
  • DMEX-04
    ついにG.O.D.の真の名が明かされる。彼の御方こそ、夢の国の神

収録セット

参考


*1 体色と目の色はピッピ、耳の模様・頬の紅潮と尻尾はピカチュウ