完全不明(かんぜんふめい)

完全不明 SR 水文明 (11)
クリーチャー:??? 16000
T・ブレイカー
相手のターン中、相手がマナゾーンにカードを置いた時またはカードを使った時、相手はターンの残りをとばす。
相手のクリーチャーが攻撃する時、その攻撃の後、相手はターンの残りをとばす。

DMR-19で登場した???

相手があらゆるアクションを起こしたと同時にターンの残りをとばすクリーチャー

具体的なターンをとばすタイミングは相手が

ただ強力なロック能力を持つ反面、コスト11と非常に重く除去耐性を一切持たないので、除去されてしまうと1回ターンを飛ばすだけで終わりになってしまう。
互いマナが貯まった終盤になるにつれ効果は薄くなっていくので、墓地肥やしからの《魔龍バベルギヌス》など早期のコスト踏み倒しを狙いたい。

このクリーチャーを出した後に《神々の逆流》などで相手のマナを空っぽにしておけばしばらくの間相手はマナチャージしか行えなくなるので多くの時間を稼ぐことができる。

手札退化との相性は一概に良いとは言い切れない。退化デッキは基本的に退化に特化しており、コントロール力があまり高くない退化デッキで踏み倒しても、「出したら出しっ放し」で終わってしまうことも少なくない。
最悪の場合、このクリーチャーを出したは良いが、相手の盤面に何一つ触れることができず、そのまま残ったクリーチャーで殴り切られるケースも考え得る。
このクリーチャー除去ランデスなどで相手の動きが止まるように仕向けてこそその真価を発揮するのである。

のちにDMRP-06で登場した《龍装者 ジスタジオ》とは相性がいい。何もすることもなく除去されていたこのクリーチャーがバトル以外で離れなくなる。バトルで破壊しようにもこのクリーチャーのパワーは16000もある為、並のクリーチャーではほぼ破壊されなくなる。また、向こうの弱点であるクリーチャーを無視してシールドをブレイクされる場合はこちらのターンを強制終了させる効果が生きてくる。

  • 相手のターン中にトリガーする能力であるため、ターンプレイヤー優先により相手がマナチャージやカードを使って誘発した能力があればそれらがすべて終わったあとでターンを飛ばす。相手クリーチャーのcipなどが残っているのに次のターンを始めてしまわないよう注意。

関連カード

フレーバーテキスト

  • DMR-19
    侵略者のウイルスを作り「侵略の日」にばら撒いたのは、地下都市の謎の研究者集団であった。

収録セット

参考