最終龍理(さいしゅうりゅうり) Q.E.D.+(キューイーディープラス)

最終龍理 Q.E.D.+ VIC 水文明 (7)
ドラグハート・クリーチャー:クリスタル・コマンド・ドラゴン 11000
W・ブレイカー
自分のターンのはじめに自分の山札の上から5枚を見る。そのうちの1枚を山札の上に戻し、残りを好きな順序で山札の一番下に置く。その後、カードを1枚引いてもよい。
自分の水のドラゴンはブロックされない。
龍回避−このクリーチャーがバトルゾーンを離れるとき、バトルゾーンを離れるかわりに、フォートレス側に裏返す。
龍解前⇒《龍波動空母 エビデゴラス》

DMR-14で登場したビクトリーを持つドラグハートクリスタル・コマンド・ドラゴン

サイクル中唯一のビクトリーであり、その性能も一つ抜きん出たものとなっている。

1つ目はターンのはじめに山札の上5枚を操作した上で任意で1ドローすることができるというもの。
通常の追加ドローの上位能力ともいえる能力で、龍解前より狙ったカード手札に寄せやすくなっている。

2つ目は自分のドラゴン全体にブロックされなくするというもの。
自身も対象であり、W・ブレイカーも併せて打点としての活躍が非常に期待できる。

3つ目は龍回避といって、離れるときに置換効果フォートレス側に裏返すというもの。
これによって除去耐性が非常に大きい。
他のフォートレス面を持つドラグハート・クリーチャークリーチャー側になると除去されやすくなるという弱点を持つが、このクリーチャーはその点を大きく克服している。

相手からすれば、ビートダウン性能の大きいこのクリーチャーは真っ先に除去対象になる。
しかしただ除去するだけではフォートレス側に裏返すだけで場に残ってしまい、おまけにそのフォートレス除去する手段も乏しい。かといってフォートレスのまま放置してもある程度ドローすれば簡単に打点として舞い戻るため、対処に窮する場面も多いだろう。特に複数並んでいる場合、龍回避させてもターンはじめの追加ドロー数が増えているため、何らかの効果で少しドローしただけですべて龍解してしまう。非常に厄介といえる。ただし龍解をし直すということはその分カードをドローしているということなのでライブラリアウトには要注意。

総じてフィニッシュ力の高いカードである。場にいるだけで基本的にアドバンテージは稼げるため、様々なデッキでの活躍が期待できる。

  • シークレットカードが1種類のみ存在する。通常版が紫色を基調としたフォイルなのに対して、シークレット版は銀色を基調としている。金色のフォイルを基調とした《暴龍事変 ガイグレン》の2番目のシークレット版との対比か。また背景には1と0の数字がまんべんなく並べられている。

サイクル

DMR-14ドラグハート・クリーチャーサイクル

関連カード

収録セット

参考