斬罪(ザンシン)(ナイガ)ザンド》

斬罪 シ蔑ザンド P 闇文明 (4)
オレガ・オーラ:マフィ・ギャング/デリートロン +4000
無月の大罪2(このオーラを使うコストを2少なくしてもよい。そうしたら、このターンの終わりに、自分のクリーチャーを1体破壊する)
これを付けたクリーチャーに「パワード・ブレイカー」を与える。(「パワード・ブレイカー」を持つクリーチャーは、そのパワー6000ごとにシールドをさらに1つブレイクする)
これをクリーチャーに付けた時、各プレイヤーはそれぞれ自身のクリーチャーを1体選び、破壊する。
オレガ・オーラ:これを自分のGRクリーチャー1体に付けるか、1体GR召喚してそれに付ける。そのクリーチャーがバトルゾーンを離れたら、これも同じゾーンに行き、その後、そのGRクリーチャーは自分の超GRの一番下に戻る。

DMBD-12で登場したマフィ・ギャング/デリートロンオレガ・オーラ

《地獄の門番 デスモーリー》のほぼ上位互換であり、あちらに無月の大罪2とパワード・ブレイカー、GRクリーチャー分のパワーが加わると考えれば、そのスペックは破格。

無月の大罪2を使えば、自軍2体も一気に失うことになるが、わずか2コストで相手クリーチャーを除去できるため、《学校男》《堕魔 ドゥポイズ》のような動きが可能である。

無論、罪・無月の大罪pig持ちのクリーチャーとも相性がいい。特に《ロッキーロック》離れた時トリガーを持つ上にトリガーするのにマナドライブなどマナの状況を問わないと、このカードにとってお誂え向けのGRクリーチャー

このカードを最大限活かせる構築を心掛けたい。

関連カード

収録セット

参考


公式Q&A

Q.《斬罪 シ蔑ザンド》の「これをクリーチャーに付けた時」の能力はどうやって処理しますか?
A.まず、ターンプレイヤーが自身のクリーチャーを1体選び、その後、非ターンプレイヤーが自身のクリーチャーを1体選びます。それらのクリーチャーは同時に破壊されます。
引用元