時空(じくう)司令(しれい) コンボイ・トレーラー》

時空の司令 コンボイ・トレーラー P 水/火文明 (7)
サイキック・クリーチャー:フレイム・コマンド/グレートメカオー/ハンター 5000
ブロッカー
このクリーチャーは攻撃できない。
覚醒−自分のターンのはじめに、進化ではないグレートメカオーまたはキカイヒーローを1体、自分の手札からバトルゾーンに出してもよい。そうしたら、このクリーチャーをコストの大きい方に裏返す。
覚醒後⇒《司令官の覚醒者 コンボイ》

DMX-22で登場したサイキック・クリーチャーフレイム・コマンド/グレートメカオー/ハンター

久々の新規サイキック・クリーチャーであり、グレートメカオー初のサイキック・クリーチャーである。
こちらの面はバトルゾーンに出したターンは水文明によくある攻撃できないブロッカーだが、覚醒条件を満たすのが次ターン以降のはじめと早く、条件も進化ではないグレートメカオーまたはキカイヒーロー手札からバトルゾーンに出す、という非常に簡単かつ自分にメリットを与えてくれるという珍しいもの。バトルゾーンに自分のクリーチャーが1体増える上にこのクリーチャーも覚醒するので、一石二鳥である。

覚醒後は解除を持った強力なシステムクリーチャーとなるが、覚醒前のこの面は除去耐性のないただのブロッカーでありパワーも5000であるため、《スパイラル・ゲート》等のバウンス《希望の親衛隊ファンク》パワー低下火文明が得意とするブロッカー破壊であっさり除去されるため、場持ちがいいわけではない。

《激沸騰!オンセン・ガロウズ》と同じくコスト7で多色サイキック・クリーチャーであるため、《超次元ボルシャック・ホール》《超次元エナジー・ホール》を始め、呼び出せる超次元呪文の種類は多岐にわたる。

《ガイアール・カイザー》の能力で呼び出せるコスト7のハンターサイキッククリーチャーでもある。
コスト7のハンターサイキッククリーチャーといえば
《勝利のガイアール・カイザー》,《紅蓮の怒 鬼流院 刃》,《アクア・アタック<BAGOOON・パンツァー>》等,財布に優しくないものが多いのでこのカードを手に取ってみるのもありだろう。

《超次元ガロウズ・ホール》から出せるブロッカーサイキック・クリーチャーでもあり、覚醒を狙わずに使用することもある。ライバルは《超次元ホワイトグリーン・ホール》といった低コスト呪文で出せてパワーが1000高い《シルバー・ヴォルグ》、種族がデーモン・コマンドと優秀な《時空の脅威スヴァ》あたりか。

  • モデル、というかそれそのものであるが、タカラトミーから販売され、根強い人気を誇るロボット玩具「トランスフォーマー」の主役キャラであるサイバトロンの総司令官「コンボイ」(英語名オプティマス・プライム)である。イラストも玩具実物の写真である。

関連カード

収録セット

参考