聖鎧亜(せいがいあ)キング・アルカディアス》

聖鎧亜キング・アルカディアス SR 光/闇文明 (7)
進化クリーチャー:エンジェル・コマンド/ロスト・クルセイダー 9000
進化−自分の多色クリーチャー1体の上に置く。
W・ブレイカー
相手は、多色以外のクリーチャーをバトルゾーンに出す時、バトルゾーンに出すかわりに墓地に置く。
※プレミアム殿堂

DM-26で登場した/進化エンジェル・コマンド/ロスト・クルセイダー

《聖霊王アルカディアス》のバリエーションの一つで、相手の多色以外のクリーチャーバトルゾーンに出す行為を墓地送りに置換するという、凶悪なロック能力を持つ。
抜け道こそあるものの、早い話、相手は単色及び無色クリーチャーを場に出す事が出来なくなる。

クリーチャーに対するロックする能力は、デュエル・マスターズの基本勝利条件がクリーチャー攻撃によるものである以上、突破出来ないことは詰みを意味する。相手の勝利手段を奪う一種の特殊勝利みたいなものであり、解除が不可能になった時点で勝ちとなる。勝利工程を縮めて勝利条件を書き換えてしまう凶悪な性質であり、最終的に攻撃に帰結する呪文ロックなどとは一線を介した危険な効果なのである。

それを手軽で広範囲かつ強烈な内容で行う《聖鎧亜キング・アルカディアス》は、その一線を跨いでしまった存在であるといえるだろう。
長い歴史を誇るデュエル・マスターズの中でも、《エンペラー・キリコ》《邪神M・ロマノフ》と並ぶ史上最凶の進化クリーチャーといっても過言ではないクリーチャーである。

少々特殊な方法でロックを行うが、内容的には「バトルゾーンに出す事が出来ない」の微劣化能力であり、かなり強烈なもの。
バトルゾーンに出す」行為そのものが置換されてしまうため、相手の多色以外のクリーチャーバトルゾーンを経由せずに直ちに墓地へ直行する。当然ながらcippigは発動しないし、「バトルゾーンに出た」「バトルゾーンにあるクリーチャーが破壊された」事をトリガーとする起動型能力も同様。セイバー等の除去耐性も機能しない。
《聖霊王アルファディオス》等とは異なり、召喚以外での場に出す行為にも適応されるという徹底ぶり。《黒神龍グールジェネレイド》サイキック・クリーチャーも当然ロックに引っかかる。

呪文に対する耐性はないが、相手単色クリーチャーの能力による除去ができないため場持ちは良好。限られた除去札をもっているか、押し切るだけの盤面を維持できないなら相手の敗北は濃厚である。除去札を引けなければそのままゲームエンドであるし、引けたとしてもスキップしたターンのアドバンテージは帰ってこない。
多くのS・トリガークリーチャーニンジャ・ストライクを封じるため、詰めの一手としても非常に優秀。下記の呪文ロックと合わせて、後の「大王VANナイン」や「単騎ラフルル」と呼ばれる領域に到達していたと考えると恐ろしい話である。

単体でも単色デッキ多色クリーチャーを採用していないデッキは出されただけで頓死しかねない、非常に強烈なロックである。

また、呪文ロックと掛け合わればあらゆる行動をほぼシャットアウト。多色クリーチャーによる除去など、ロックを崩す手段は非常に限られており、わかりやすい即死コンボロックになる。現役時は《光神龍スペル・デル・フィン》《聖鎧亜クイーン・アルカディアス》と組んで環境を淘汰した。

代わりに7コストというそこそこ重い進化クリーチャーであるが、進化元指定は多色クリーチャーとかなり緩い。歴代のアルカディアス系とは異なりロック能力は自分には適応されないため、場に出した時の運用性は抜群。デッキ構築における制約はかなり緩く、多色クリーチャーの確保とコストの重さの条件さえクリアできればあらゆるデッキに投入が検討できる。

運用性に対して非常に高い制圧力を誇るシステムクリーチャーであり、出た当初から環境のあらゆる場面で出没。速攻でもない限りは、盤面保持なりフィニッシャーなりで単色クリーチャーに依存したデッキはことごとく淘汰され、環境から姿を消していった。
登場以降のデッキは常に《聖鎧亜キング・アルカディアス》を意識した構築をするのが基本であり、無理やりをタッチしてでも《デーモン・ハンド》等の呪文による除去が積載されるようになった。デッキ構築の時点から圧倒的な存在感を放つカードであり、デッキビルディングの幅を狭める要因となっていた。

現在は2010年5月15日付けでプレミアム殿堂に指定されている。このカードを目にするのは殿堂ゼロデュエルなど、特殊なレギュレーションに限られるだろう。

ルール

  • 《龍覇 ザ=デッドマン》等、コストの支払いを別のものに置き換えて召喚する効果の場合、召喚する事自体は置換効果の影響がないため、このクリーチャーの能力に引っかかる裁定となっている。(事務局確認日:2016/08/19)

この手のカードを使用する際はデュエル・マスターズ公式HPのQ&Aで一度確認をしておくとよいだろう。また、当wikiの置換効果をよく参照しておきたい。
一応、ほとんどのケースで墓地行きになってしまうということは頭に入れておきたい。


環境において

極神編DM-26で登場以来、環境のあらゆるところで活躍。あっという間に環境を制圧する。

その運用性の高さから、【ハイドロ・ハリケーン】【イニシエート】【除去ガーディアン】など、既存のデッキでも進化元となる存在がいればそのままフィニッシャーとして採用され、流れるように環境に浸透。
DM-10《無頼聖者スカイソード》やそのサイクル進化元としてうってつけであった上、《聖鎧亜キング・アルカディアス》と同弾で《腐敗聖者ベガ》《腐敗無頼トリプルマウス》の同型サイクルが登場。多色デッキは少しこれらを投入するだけで《聖鎧亜キング・アルカディアス》の運用が可能になった。

当然ながら【キング・アルカディアス】【5色フェアリー・ミラクル】など《聖鎧亜キング・アルカディアス》を軸にしたデッキも出現。同極神編のエースである【ゼン&アク】《龍仙ロマネスク》入りのデッキにも平然として投入され、存在を知らしめた。

同時に、【ヘヴィループ】【連ドラ】種族デッキなど、《聖鎧亜キング・アルカディアス》によって無力化されやすいデッキはことごとく環境から消え去った。特に種族デッキへの影響は大きく、【グランド・デビル】は勿論、いち早く《聖鎧亜キング・アルカディアス》を取り入れた【イニシエート】【ガーディアン】も、結局【キング・アルカディアス】によって殲滅させられることになる。
最終的に、戦国編環境に置ける種族デッキと呼べるものは【ナイト】【ドルゲーザ】【マルコビート】程度であり、単に種族で固めただけでは通用しない環境になっていった。

《デーモン・ハンド》など呪文による除去が多く詰まれるのがこの環境の常識であり、入りのデッキが増えるのも自然な流れであった。
既存のデッキで《聖鎧亜キング・アルカディアス》を使わないデッキでも【ヘヴィ・デス・メタル】【ドルゲーザ】【グールジェネレイド】【マルコビート】などはコントロールよりにすることで適応できたが、逆に言えばそれくらいしか生き残れなかったともいえる。特にビートダウンは、入り【マルコビート】以外すべて死滅したといってもいい。

夫婦ロック《光神龍スペル・デル・フィン》とのロック突破のために、《戦攻竜騎ドルボラン》《執拗なる鎧亜の牢獄》に注目が集まるのも、《聖鎧亜キング・アルカディアス》盛期の特徴である。
《戦攻竜騎ドルボラン》DMC-44 「エンドレス・オール・デリート」で採録され、盤面を捲り返しつつ次の進化元《光神龍スペル・デル・フィン》をも同時に破壊できる可能性を秘めていた。
《執拗なる鎧亜の牢獄》は、戦国編に入ると《不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー》にも同時にメタを張ることで大いに注目を集め、クセのなさも相まって幅広く使用された。

極神編の段階でも十分に強力だったが、戦国編に入ると、その凶悪さを遺憾なく露呈させる。
DMC-46での再録での採録を果たし、入手難易度が大きく低下。《腐敗聖者ベガ》も同時に採録されたほか、《魔光騎聖ブラッディ・シャドウ》など優秀な進化元を獲得。運用性に磨きがかかる。
これで環境で見かける機会がさらに増えたのはいうまでもないが、これはカジュアルでも《聖鎧亜キング・アルカディアス》を見る機会が増えたことを意味しており、資産が乏しい人でも手軽に入手できるようになった。《聖鎧亜キング・アルカディアス》はしっかりした構築をしなければ対応するのは難しく、少なくとも知識の乏しい者やジャンクデッキでは全く歯が立たない存在であり、カジュアル間でのデッキ殺しが加速したのは、余談ながら明記しておくべきだろう。

戦国編単色カードを推進する弾であったが故にロック能力の強力さはひとしおであり、多色がプッシュされていた極神編以上に多くのプレイヤーが、《聖鎧亜キング・アルカディアス》のもたらすデッキ構築時の制約に苦しめられることになった。戦国編ではサムライに乗じてドラゴン強化が図られたが、《聖鎧亜キング・アルカディアス》のロック能力と高いパワーの前には成す術もなかった。
反面で【キング・アルカディアス】の系譜は、優秀なサブフィニッシャーである《不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー》を獲得し、よりグッドスタッフな構築が可能に。夫婦ロックに特化したものはそのままで、【ギャラクシーコントロール】【ネクラギャラクシー】グッドスタッフ型が派生し、活躍した。

神化編に突入すると、DM-33《母なる星域》が登場。あろうことか《聖鎧亜キング・アルカディアス》の制約であった重さが機能しなくなり、マナから簡単に引っ張りだせるため運用性が格段に上昇。《神秘の宝箱》と合わせればマナブーストを兼ねてサーチする極めて合理的なムーブが可能であり、マナゾーン待機でハンデスを回避できる上、《聖鎧亜キング・アルカディアス》と《聖鎧亜クイーン・アルカディアス》の同時出しも容易くなった。結果、夫婦ロック特化の【キング・アルカディアス】は大幅な強化を受けることになり、速度も格段に上昇、《魔光騎聖ブラッディ・シャドウ》と合わせれば速攻にすら間に合うのも珍しい話ではなかった。
これは単なる可能性止まりの話ではなく、実際この環境は同じ《母なる星域》&《エンペラー・キリコ》《邪神M・ロマノフ》などで早い段階で即死させられるケースが増えており、ビートダウン【黒緑速攻】級の速さがないと先に落とされてしまうレベルにまで加速していた。実際【マルコビート】【赤緑速攻】は完全に姿を消し、環境に適応しやすい【ドルゲーザ】ももうメタとは言えなくなっていた。

神化編期の2009年12月19日、《不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー》などとともに、ついに殿堂入り。相手に出された場合、とりあえず眼前の一体を潰せば回収のひと手間でもないと再度出てこなくなった。これにより、別のコンセプトデッキが《聖鎧亜キング・アルカディアス》のためだけ進化元を確保するのがリターンにあわなくなったため、採用できるデッキは確かに減った。
しかし、運用性が下がったかといえばそうでもなく、【キング・アルカディアス】など特化したものにはあまり痛手にならなかった。というのも《母なる星域》《神秘の宝箱》の前では、1枚であろうと相変わらず簡単に引っ張り出すことが可能だったのである。シールドに埋まってしまう事故が増えたほか、任意的にそれを引き起こす《パクリオ》が脅威になるようにはなったものの、構築的には《聖鎧亜キング・アルカディアス》が2枚から1枚になった程度の変化しかなかった。
また、もともと進化元が豊富で難なく《聖鎧亜キング・アルカディアス》を採用できる【5色フェアリー・ミラクル】などには相変わらず投入され、それらはもともとハイランダー気味であったために痛手にならなかった。

神化編末期の2010年5月15日、プレミアム殿堂入りが決定。前回殿堂入りしたばかりであるため、いかにこのカードメタで活躍していたかがわかる。これにて数々の単色デッキを苦しめてきた夫婦ロックは消滅した。ちなみに、進化クリーチャー初のプレミアム殿堂である。

ロック能力は、刺さると刺さらないの相手・状況が極端に分かれるものの、刺さる相手には強弱関係を超えて、抹消してしまうくらい危険な効果であることを痛感させてくれたカードであるといえよう。
また、このカードが存在する環境では、【速攻】【マッドロマノフワンショット】といった超速度以外の全デッキが「単色クリーチャーに頼らない除去手段」を多めに積むことを要求された。
今後に登場する単色クリーチャーデッキコンセプトに悪影響を及ぼしかねない存在であり、プレミアム殿堂入りは必然であったといえる。

インフレもだいぶ進み、殿堂解除が実装されたものの、上振れした時の環境破壊能力の高さは今だ計り知れず、易々とできるようなカードではいうまでもない。
ロック能力の性質自体がゲームをつまらないものにさせかねず、そのことを踏まえれば万一にでも環境に顔を出すこと自体があってはならないといえる。また、現役時は延々デッキビルディングに影響を与えつつけた実績があり、存在自体が癌となりかねないのも危険なところである。


その他

  • アニメでは「ゼロ」の11話から白凰の新たな切り札として登場している。

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考