伝説(でんせつ)禁断(きんだん) ドキンダムX(エックス)

伝説の禁断 ドキンダムX KDL 火文明 (99)KNDN LEGEND DKDMX KDL Fire (99)
禁断クリーチャー:(種族なし) 99999KNDN Creature 99999
T・ブレイカーTriple Breaker
このクリーチャーが禁断解放した時、相手は自身のクリーチャーすべてに封印をひとつ付ける。When this card is flipped to this creature side, your opponent puts a seal on each of his creatures.
コスト4以下の呪文によって、相手がクリーチャーを選ぶ時、このクリーチャーは選べない。Whenever a spell that costs 4 or less would cause your opponent to choose a creature, he can't choose this one.
このカードがバトルゾーン以外のゾーンにあれば、自分はゲームに負ける。If this card is anywhere other than the battle zone, you lose the game.
禁断解放前⇒《禁断〜封印されしX〜》
※殿堂入り

カード名の「エックス」の表記は、実際のカードでは禁断文字、公式カードリストでは「X」

DMR-19で登場した禁断クリーチャー
T・ブレイカーに加え、禁断解放した時、相手のクリーチャー全てに封印をひとつ付けるトリガー能力、相手がマナコスト4以下の呪文でこのクリーチャーを対象にとることを禁止する常在型能力、バトルゾーン以外のゾーンに存在する場合、特殊敗北条件を得る状況誘発常在型能力を持つ。

禁断クリーチャーというだけあって過去最高のコストパワー、さらに派手なフレームが印象的なカード
封印によって相手のクリーチャー能力は全て無効化され、バトルゾーンにいないものとして扱う。封印の解除は解除したいクリーチャーと同文明コマンドを出すことによってできるが、コマンドを搭載していないデッキであればゲーム中は一切使えないものとなってしまう。
また封印は1体につき、山札を1枚用いなければならない。相手のクリーチャーが多ければ多いほど山札の消費数は増える為、ライブラリアウトを狙うこともできる。

その強力な除去能力を持つ反面、その封印を解放してしまったら最後、このクリーチャー除去されてしまうと強制的にゲームに負けてしまうという致命的なデメリットが存在する。

一応アンタッチャブルを持っているものの、コスト4以下の相手の呪文と守れる範囲はやや狭く、あまり信用できるものではない。
《デーモン・ハンド》《凶殺皇 デス・ハンズ》のような採用率の高い除去では普通に選ばれ、破壊されてしまう。その為T・ブレイカーを持っているものの、このクリーチャーシールドブレイクさせるとなるとS・トリガーが非常に怖い。
隣に《禁断C マーモ》を置いておくか、シールドがない相手の駄目押しに使うとよい。
特に【レッドゾーン】であれば、このクリーチャー封印を解く頃にはシールドがほぼない状況まで追いつめられるはずである。
シールドを割って増えた手札によってブロッカーを大量展開された時にこのクリーチャー禁断解放させて丸ごと封印してトドメを刺してやるとよい。

相手のターンを跨いでしまうと除去カードを使われてしまいあっさりとゲームに負けてしまう可能性が高いため、《禁断C マーモ》がいたとしても禁断解放したターンで決着を付けるべきだろう。

ルール

  • 敗北回避能力を発動させた状態でドキンダムXを手札に戻した場合、《禁断〜封印されしX〜》プレイする事は不可能な点に注意。これはカードのコストが定義されていないため。
    一方、《伝説の禁断 ドキンダムX》はコストを持っているので払えるのであれば99コスト支払って召喚することができる。

環境において

 DMR-19の発売前は、《無双竜機ボルバルザーク》と同じく強制敗北の危険性を重くみられ、大半のプレイヤーからの評価は良くなかった。それ以前に、封印を6枚外さなければならないため、速攻デッキである【レッドゾーン】に入れても、「禁断解放する前に決着がつく」と言われてしまうこともあった。このカードを高く評価する者もそこそこいたが、やはり不評の声の方が大きかった。

 しかし、DMR-19の発売直後、殿堂レギュレーションブロック構築はおろか殿堂ゼロデュエルでも、公式大会、非公式大会問わず《ドキンダムX》入りのデッキが席巻し、多くのプレイヤー達を驚かせた。そのあまりもの活躍ぶりに、これまた《無双竜機ボルバルザーク》同様に、《ドキンダムX》を酷評するプレイヤー達の声は一気に消えたことは言うまでもないだろう。

 DMR-19の発売直後の環境において、主にこのカードを使って暴れたデッキは、【レッドゾーン】とまさかの【モルト NEXT】の二つであった。
 【レッドゾーン】では、このカードが禁断解放するタイミングでは既にシールドが0枚になっていることが多いため、デメリットデメリットとして機能しないままダイレクトアタックが成立してしまう事態が多発。6枚の封印を外す手間も、連続侵略やトリガーコマンドを使えば、容易に達成できた。さらに言えば、たとえ《ドキンダムX》に敗北デメリットがなかったとしても、《ドキンダムX》が除去される状況にある時点で相手にダイレクトアタックが通すことができない上、次の相手のターンに反撃をくらって負けてしまうことが多いため、そういう意味でも敗北デメリットがあまり機能していなかった。
 【モルト NEXT】では劣勢時の逆転手段として積まれ、相手のターン中に攻撃を受けた際に、S・トリガー《熱血龍 バトクロス・バトル》《熱血龍 メッタギルス》をバトルゾーンに出すことで《ドキンダムX》を禁断解放させ、封印によって相手の攻撃を阻止。相手の攻撃を止めた上で返しのターンに《超戦龍覇 モルト NEXT》に繋げれば、一気にカウンターでダイレクトアタックに持ち込むことができた。
 他にも、《オールデリート》を使ったデッキタイプ(詳しくは【オールデリート】参照)や、封印は外れると墓地に置かれるという性質から、《ドキンダムX》の封印を《百万超邪 クロスファイア》のコスト踏み倒しに利用するデッキなども考案されたりもした。

 また、同じDMR-19で《ドキンダムX》と相性抜群の《ボルシャック・ドギラゴン》が登場。《ボルシャック・ドギラゴン》と《ドキンダムX》を使ったカウンターデッキが考案される。《ボルシャック・ドギラゴン》も火のコマンドのため、ダイレクトアタックを受けそうになった時に《ボルシャック・ドギラゴン》を革命0トリガーでバトルゾーンに出せば、禁断解放に繋がる。このカウンター型は、前述【レッドゾーン】【モルト NEXT】にはもちろんのこと、様々なデッキで使われた。
 また、返しのターンに革命2で敗北回避能力を発揮できる《燃える革命 ドギラゴン》を出せば、そのターンは《ドキンダムX》が除去されても強制敗北が機能しないため、より安全に相手にダイレクトアタックを決めることができる。

 新章デュエル・マスターズ環境以降は2コストのコスト踏み倒しメタの普及によって侵略革命チェンジ系統のデッキでもコスト踏み倒しで出すクリーチャーの着地を阻害されることが多くなったため、禁断解放しても相手のシールドが数枚残っているケースも目立つようになった。【5色ドギラゴン剣】では《単騎連射 マグナム》、もしくは《音精 ラフルル》のおかげで比較的安全に打点として利用できるが、それらを利用しないデッキではやぶれかぶれの思いでシールドをブレイクすると、S・トリガーなどで《ドキンダムX》が除去されるじたいが多発している。そうでなくても、ダイレクトアタックまで持ち込めず、《ドキンダムX》が除去される恐怖に怯えながら、相手にターンを返してしまうことも(実際にほとんどの場合除去される)。ここにきて、DMR-19の発売前の《ドキンダムX》を評価する際に、プレイヤー達が一番多く焦点を当てていた強制敗北というデメリットが重くのしかかることに。(《無双竜機ボルバルザーク》という前例がいながら、発売前の《ドキンダムX》の評価が低かったのはこういうところだろう。)
 そのため、新章以降は《ドキンダムX》はコスト踏み倒しメタの影響を受けにくい上、カードプールの増加で運用しやすくなった【オールデリート】で使われることが多くなった。《単騎連射 マグナム》《音精 ラフルル》が殿堂入りした後は、さらに【オールデリート】型が増えることに。

単純な《テック団の波壊Go!》の全体バウンス対策としてウィニー系統のデッキにこのカードが採用される場合が多く、シールド0枚まで追い詰めれば《テック団の波壊Go!》の全体バウンスを受けての禁断解放からダイレクトアタックまで持って行ける。新章デュエル・マスターズ環境では《超特Q ダンガンオー》シールドをすべてブレイクしてからこのカードの禁断解放でフィニッシュするケースが目立った。DMBD-09DMBD-10期には《龍装者 バルチュリス》と組み合わせることでシールドが3枚以下の状況で禁断解放したらダイレクトアタックまで持ち込めることが浸透。ここに来て、T・ブレイカーであることが大きな意味を持つことになった。


対策

現時点でシールドが0枚になった場合、《ドキンダムX》を封印以外で除去するための有効な方法は以下のとおりである。(ただし、バトルゾーンにある非ドキンダム側のクリーチャーはすべて封印されているものとする。また一時しのぎにしかならないものについては割愛する)

  1. 《斬隠オロチ》ニンジャ・ストライク7
    ビッグマナで有効な対抗手段だが、殿堂入り
  2. 《威牙の幻ハンゾウ》ニンジャ・ストライク7で場のスレイヤーブロッカー封印を外し、《ドキンダムX》の攻撃ブロックする。
  3. 《ボルシャック・ドギラゴン》革命0トリガー《偽りの王 ヴィルヘルム》等をめくる。
  4. 《ミラクル・ミラダンテ》革命0トリガー《煌龍 サッヴァーク》等をめくる。
  5. 《怒流牙 佐助の超人》ニンジャ・ストライク5から《斬隠蒼頭龍バイケン》マッドネスを発動させる。
  6. 《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》Dスイッチ発動でコスト5以上の除去呪文を唱える。
  7. 《FORBIDDEN STAR〜世界最後の日〜》ニンジャ・ストライク7から召喚した《轟牙忍 ハヤブサリュウ》スレイヤーにする。
  • 先に登場した《禁断》を併用すれば封印したクリーチャーの解放を防ぐことができる。なお、攻撃できなくなるため、封印で相手の山札を少しは削るとはいえ最初から山札が6枚少なくこのクリーチャーを除去されると負けというハンデを背負った自分の方がやや不利という状況に陥ってしまう。頃合いを見て《禁断》を除去するかダイヤモンド状態にする手段は用意しておきたい。
+  コスト4以下の除去呪文の例

バージョン

  • シークレットカード版が存在し、なんと全文禁断文字で書かれている。カード名の一部に禁断文字が採用されているカードとしてはイニシャルズが存在するが、カード名全文およびテキスト禁断文字が採用されたのはプロモ《禁断》に続き2枚目。
    • またこちらの面はカードイラストも僅かに異なり、通常版はエフェクトが赤を基調にしたデザインであるのに対し、シークレットカード版のエフェクトは金色を基調にしたデザインである。
    • このシークレットカード版はこれまで登場したシークレットカードの中でもぶっちぎりの封入率の低さを誇り、数カートンに1枚あるかないかである。一応公式大会で使用できるとはいえ知らない人からするとトラブルを招く原因になりかねない意味合いも含めての封入率を低くしているものだと思われる。
    • 初めて情報が出たのが、アニメ「VSR」第30話であったが、その際に公開されたのがこの禁断文字版のシークレットカードだった。コロコロコミック2015年9月号で公開された禁断文字《禁断》のおかげでアルファベット対応表は概ね完成していたものの、文字が細かく、一部の文字が隠れていたため解読は進まなかった。その後、コロコロコミック2015年12月号にて禁断文字版のシークレットカードの詳細が公開され、解読がほぼ完了した。ただし「6」以外のアラビア数字に対応する禁断文字が公表されなかったため、2015年12月15日の新殿堂ポスターの公表、およびコロコロコミック2016年1月号の発売まで、どこまで呪文アンタッチャブルが有効なのか最後まで明らかにされなかった。
  • DMR-21ではシークレットカードになった。《禁断〜封印されしX〜》の面は金箔が大量に貼ってあり、《伝説の禁断 ドキンダムX》の面は3D加工がされており、まるでドキンダムXが槍を投げたかの様に見える。しかしこの3D加工されたカードはかなりペラペラであるため、使用の際にはサイドローダーなどで保護するのが無難だろう。また、カードの薄さからブースターパックサーチを誘引させかねないとして、タカラトミーを非難する声もある。ただ、大体はパックはレジに置いてある事が多いので簡単にはサーチする事はできない。
    • なお、さすがにDMR-21版の禁断文字仕様は用意されていないようだ。禁断文字版はアニメ「VSRF」でのみ登場する。ただいつか出るかもしれない。
  • 2015年全国大会「デュエルマ☆スターカップ」日本一決定戦の景品として、禁断文字版の金銀銅のメタルカード仕様が制作される。従来のメタリックプレートを用いた表彰楯を実戦で使用できるようにしたものであり、世界にそれぞれ1枚しか存在しない
    • 余談だが、それぞれ「ド金ダム」「ド銀ダム」「銅キンダム」という愛称がある。

背景ストーリーにおいて

背景ストーリーではランド大陸がつくられる以前に封印されていたクリーチャーとして登場。《伝説の正体 ギュウジン丸》の野望の為に封印を解放され、解放直後は無数の槍を降らした。その槍は貫かれた者を封印する性質を持ち、革命軍はおろか侵略者たちも次々と封印していった。最終的に革命編で倒されることはなくさらに、黒幕である《ギュウジン丸》を槍を投げて刺殺した。革命軍侵略者もすべて蹴散らしてランド大陸を暗黒大陸へと変えてしまい、革命編は一旦バッドエンドで終わりを迎える。超全集には「来季もまだまだ暴れるらしい」と書いており、その通り革命ファイナルでも中期まで暴れ続けた。

  • 革命編背景ストーリーにおいて、登場した主役の種族である革命軍侵略者、そして黒幕である《ギュウジン丸》は全て彼が一人で倒しきってしまった事になる。
  • 因みにその《ドキンダムX》を封印した存在については不明。《ドキンダムX》自体にもまだ不明な点がかなり多い。

その他

  • 上述のように、このカードの評価は発売前と発売後で全く逆であるため、その有様は「手のひら禁断解放(「手のひら返し」と、禁断解放時にカードをひっくり返す動作をかけている)」という言葉で表現されることに。この言葉は自虐にも使われ、その後も、発売前と発売後でカードの評価が一変したときに用いられることになる。
  • カード名の由来は「VSR」でも強調されている通り、胸の鼓動の「ドキンドキン」「ダムダム」という音と、DMkindanを合わせた『DkindanM』の意だろう。字面がよく似ている「キングダム」との関連性はないと思われる。
    • 漫画版ではバサラが命名。その名前の独特な響きからかルシファーには「個性的な名前」と評された。
  • 初版のシングルカードは高い時では2000円を超え、シークレット版は1万円の大台に乗ったことがある。しかし2度の再録を経て価格は下落。特にDMEX-01で再録されたころには供給過多になったのか、2017年12月頃にはDMEX-01版の美品が100円で取引されるなど、封入率の低さでプレイヤーを困らせていた頃には考えられない事態となった。デザイン上デッキに2枚以上入れることができないカードなので仕方がないことだろう。
  • コミックス・『デュエル・マスターズ バトルアリーナ決勝編』によると、このカード1枚の開発には6ヶ月もの月日がかかったらしい。たった1枚に6ヶ月もの開発期間をかけたのはなんとデュエマ史上初とのこと。
    種族が存在せずこれまでにないカードタイプやその能力を持ち、カード名の由来の通りデュエル・マスターズというゲームの常識を真っ二つに割る特性を持つこと、ただでさえ強力な【レッドゾーン】【モルト NEXT】をさらに強化できてしまうこと、そして封印が実質最上位クラスの除去であることが理由だと思われる。
  • アニメ「VSR」で社長禁断文字を解析した結果によると「このカードの使用者が敗北した場合、このカードと共に消滅する」とあるらしい。おそらく特殊敗北条件をアニメではそう判断しているようだ。
    • その為、このカードと使用者の消滅を回避するには、社長がやったようにデュエル自体を強制的に終了させる以外にないらしい。
  • また、「デュエマTV!!」ではこのクリーチャーのダイレクトアタックを受けると再起不能になるという設定付けがされていた。使う側も使われる側も無事では済まないカードである。
  • バサラの切札としての存在感を示す他、彼が登場しない「VSRF」19話(※ショートアニメ3本立て)でも、単独のキャラクターとして大暴れ。このドキンダムの声は神奈延年氏が担当している。劇中ではセルと3Dの両方の作画で登場したほか、本編後のデュエマクリーチャーズ劇場でも登場というドキンダム尽くしの回であった。
    なお、この話はかの国民的アニメ「サザエさん」及び「ドラえもん」のパロディ。そしてこの回の脚本は、実際に双方のアニメの脚本も担当している小林英造氏である。
    • 続く20話でも、制作段階のアニメのCGパートに登場。最初は《蒼き団長 ドギラゴン剣》との戦闘シーンだったのを変更され、夫(ドギラゴン剣)を見送る妻という役に変わっていた。またしても女性扱いである。ちなみにこのシーンは同話終盤に劇中で放送される「本編」には登場しない(他の収録もそうだが)。
  • 漫画『VS』9巻のオマケ漫画では「やっと封印から解放された」と言って東京都内で遊びまくっていたが、巨体に任せて悪気なしに破壊行為に及んでいた。勝太達に叱責されて社会のために動こうとするが、またも無茶を働いたため、オチとして再び封印された。
  • 強烈なインパクトのある効果と背景を持ったこのカードだが、一体一体が星を滅ぼす力がある上になんと約378億体居ると言われ、「VSRF」22話において、このクリーチャーでさえ従える究極神を自称するクリーチャーが存在するという衝撃の事実が発覚した。尚、このクリーチャーの体は大量のドキンダムXが変形した繭に包まれており、非常に巨大である。

関連カード

フレーバーテキスト

  • DMR-19
    禁断の力が世界を終わらせる。
  • DMR-21
    真の禁断はその先に……

収録セット

参考