無修羅(ムジュラ)デジルムカデ》

無修羅デジルムカデ VR 闇文明 (5)
オレガ・オーラ:マフィ・ギャング/デリートロン +4000
これを付けたクリーチャーに「パワード・ブレイカー」を与える。(「パワード・ブレイカー」を持つクリーチャーは、そのパワー6000ごとにシールドをさらに1つブレイクする。)
相手のクリーチャーは、タップしてバトルゾーンに出る。
オレガ・オーラ:これを自分のGRクリーチャー1体に付けるか、1体GR召喚してそれに付ける。そのクリーチャーがバトルゾーンを離れたら、これも同じゾーンに行き、その後、そのGRクリーチャーは自分の超GRの一番下に戻る。

DMRP-09で登場したマフィ・ギャング/デリートロンオレガ・オーラ

たった5マナ進化コスト踏み倒しなどを用いることなく、《聖霊王エルフェウス》などに代表されるタップロックを仕掛けられる。
オーラとして追加されるパワーも大きめであり、制圧力は高い。

次のターン《ア・ストラ・ゼーレ》《卍魔刃 キ・ルジャック》など、全体除去を炸裂させるオーラを重ね掛けさせれば相手は場を立て直す事が不可能になるだろう。
前者は綺麗にコストが繋がり、スピードアタッカーバウンスさせても効果が薄かった弱点をこのカードでカバーすることが可能。後者は1テンポ遅いものの、破壊に対する耐性を得る事でロックが強固になる。
好みによって使い分けても、両方採用してもよいだろう。

登場後の環境では【青黒ハンデス超次元】【ドロマー超次元】速攻メタフィニッシャーとして使われるようになった。ビートダウンが多い環境の中でこれ1枚で詰むデッキもざらであり、《悪臭怪人ゴキーン》DMRP-09期の環境においてこのカードに枠を奪われることが多くなったと聞けばこのカードの強力さが分かるだろう。

  • 《阿修羅ムカデ》等とは違い、名前の読みはムュラではなくムュラである。混同しやすいので注意が必要。
  • 「ムジュラ」という読みの元ネタは任天堂開発・発売のゲーム『ゼルダの伝説 ムジュラの仮面』と思われる。

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考