(ゼロ)

零 P 闇文明 (5)
クリーチャー:ドラゴンズ・ゼロ 5000+
パワード・ブレイカー
このクリーチャーが攻撃する時、相手のクリーチャーを1体選ぶ。そのターン、そのパワーをこのクリーチャーに追加し、選んだクリーチャーのパワーを0にする。
自分のターンの終わりに、相手は自身の手札を1枚選んで捨てる。
バトルゾーンに自分の零龍があれば、自分の闇のカードのコストを1少なくしてもよい。ただし、コストは0以下にはならない。

月刊コロコロコミック2019年10月号で登場したドラゴンズ・ゼロ

セルフハンデスの能力は場に出してターンを終えるだけで1回は発動させられる。
こちらが捨てるカードを選べないという欠点はあるものの、相手が返しのターンでこのクリーチャーを除去したいと考えるならば、相手は除去カード以外を選んで捨てることになり、かつ次のターンに残しておいた除去カードを使うというところまで動きを強要できる。

相手がこのクリーチャーを除去できなければ、毎ターン1枚ハンデスさせるシステムクリーチャーとなる。
《爆霊魔 タイガニトロ》は強力な相棒で、この二体のハンデスを合わせれば相手の手札は1枚も残らない。コストが4→5と繋がるのも優秀。強いて欠点を挙げるなら高速化した環境において自然抜きで5マナ貯めつつ、相手の猛攻を耐える必要がある事か。

アタックトリガーは事実上の破壊と、破壊したクリーチャーのパワーでパンプアップする能力。ただし、順番としてはパンプアップが先。
これにより、相手にパワーで負けているブロッカー攻撃曲げ持ちがいたとしても、一番高いクリーチャーを選んで除去パンプアップすれば、よほど特殊な状況下でない限りはバトルに負けることはないだろう。また、パワーが0にする能力のため、《終焉の禁断 ドルマゲドンX》《龍装者 ジスタジオ》の除去耐性能力も意味を成さない。

パワード・ブレイカーも併せ持っているので、パンプアップがそのままブレイク数増加に繋がる。パワー+1000だけでもW・ブレイカーと同等になる。
反面、パワード・ブレイカーにより前述のセルフハンデス能力を利用して「1枚のみブレイク→ターン終わり1枚ハンデス」という、手札を増やさせずにブレイクしていくことが狙いにくいのは欠点か。

バトルゾーンに零龍があれば、カードコストカードタイプに関わらず1コスト少なくする能力も持つ。

  • 黒い返り血で隠されてテキストが読み取れないバージョンのものが存在する前代未聞のカード。複数のカードと照らし合わせることでテキストを読み取ることができる。
    コロコロチャンネルによると返り血の配置は18種類もあり、エピソード3シークレットカード以上にコレクター泣かせの仕様である。
  • 史上初のカード名が1文字のカード。《魂縛》《禁断》などの2文字のものを抜き去りデュエル・マスターズで最もカード名の短いカードとなった。

関連カード

フレーバーテキスト

  • プロモ(P??/Y18)
    またしても超獣世界に降り注いだ闇の星。その元凶は、この存在なのだろうか…?

収録セット

参考