青黒(あおくろ)オレガ・オーラ】

概要

  • 後に自然のオーラも多数登場したので、今後の研究では新しいデッキとしてそれらの記事が作られるだろう。

主要カード

候補カード

超GRの候補カード

このデッキの回し方

序盤は《*/零幻チュパカル/*》《プロト・コア/暗黒の不法侵入》で後続のオーラの使用をサポート。
《無修羅デジルムカデ》を使用し、ビートダウン相手にはタップインを使いバトルゾーンをコントロール。
そうして順調にオーラを重ねて行って最後に《ア・ストラ・ゼーレ》を出し、相手のクリーチャーを全てバウンスしてフィニッシュまで持っていく。

長所

GR召喚は基本的にコスト踏み倒しメタに強く、バトルゾーンに出ることを阻害されにくい。
また序盤に出したオーラを付けたGRクリーチャーを強化していく事もできる。その為新たにGR召喚するのか、既存のクリーチャーにつけるのかといった幅広い戦略を取ることができる。

短所

一体のクリーチャーだけをオーラで強化し続けるとそのクリーチャーがバトルゾーンを離れた時に、立て直しが困難となる為ある程度のGRクリーチャーを展開する必要がある。
また、メインデッキに入るカードはオレガ・オーラ呪文くらいしかないので《ヴォルグ・サンダー》を出されるとそのままライブラリアウトで敗北してしまうことがある。
後に《ヴォルグ・サンダー》プレミアム殿堂したが、《ヤミノカムスター》《墓標の封じ 遥典/六奇怪の三 〜意志を持つ水〜》といったクリーチャー以外に反応するカードも多いので気を付けたい。

その他

DMSD-09はこのデッキの必須パーツに加えGRクリーチャーも収録されている為このデッキを作成する雛型としては最適である。

参考