ジャイアント・インセクト

自然文明の中でも種類の多い種族。その名の通り風貌はまさに巨大な昆虫。人気の高い種族ではあるが、設定上不死鳥編から下記の極神編までの間収録されず、現在でもビークル・ビーにポジションを奪われがちである(ただし外見やモチーフは近いものの、こちらはあくまで完全な野生生物であり、ビークル・ビーのような異種間での仲間意識などは全く存在しない)。

《スナイプ・モスキート》の存在から軽量級種族というイメージが定着しているが、実際は4〜5コストが大多数を占める中量級種族。また、パワーアタッカーが多いのも特徴。

名前のルールは、すべてカタカナで「〜・〜」で、後半にモチーフの昆虫の名前が入ることが多い。進化すると「大昆虫〜マンティス」で、カマを手に見立てた人型に近い巨大カマキリ状の姿となり、前足が3本になるようだ。多色の場合は「鎧冑」が冠詞に付く。

フォレスト・ホーネット UC 自然文明 (4)
クリーチャー:ジャイアント・インセクト 4000

大昆虫ガイアマンティス SR 自然文明 (6)
進化クリーチャー:ジャイアント・インセクト 9000
進化−自分のジャイアント・インセクト1体の上に置く。
このクリーチャーは、パワー8000以下のクリーチャーにブロックされない。
W・ブレイカー

パワーマナコストで豊富なサイズを備えつつ、自然文明の特徴となる能力をもっているものが多く、単体でも様々なデッキで活躍が見込める。序盤からのビートダウンも得意。
【竜脈噴火】での主力種族として活躍した実績もある。

DM-14 「転生編(ジェネレート・ギア) 第1弾」までは皆勤賞。
ライトブリンガーと並び、DM-01から存在する種族の中では最長の記録を誇る。
背景ストーリーで1度絶滅したがDM-26にて多色、2種族持ちではあるが《封魔鎧冑バリエル》種族として復活している。

  • 『デュエル・マスターズ パーフェクト ルール BOOK』には、「虫と言えど無視できない怪力多し」とダジャレによって紹介されている。

ジャイアント・インセクトに関連する効果を持つカード

ジャイアント・インセクトを進化元とするカード

参考