メカサンダー

DM-03から登場した文明種族
種族名の通りメカニカルな鎧を持ち、その中を骨格のように雷が走り、繋げているデザインとなっている。

名前のルールは「〜の求道者〜」。読みは「きゅうどうしゃ」が多いが、《風撃の求道者ラ・バイル》《雷撃の求道者ラ・ガイル》《嵐撃の求道者ル・ライバ》は「ぐどうしゃ」と読む。名前は特徴的なものが多い。
進化クリーチャーは「開眼者〜」となり、アーク・セラフィムリキッド・ピープルの進化クリーチャーのように機械的な4本足の動物に人型の上半身が付いたような姿となる。多色には存在しない。

陽光の求道者ル・パーレ C 光文明 (4)
クリーチャー:メカサンダー 2500+
自分のマナゾーンにあるカードがすべて光のカードである間、このクリーチャーのパワーは+2000される。

開眼者クーカイ VR 光文明 (5)
進化クリーチャー:メカサンダー 10500
ブロッカー
進化−自分のメカサンダー1体の上に置く。
このクリーチャーは、相手プレイヤーを攻撃できない。
このクリーチャーがブロックしたとき、バトルの後でアンタップする。

アンタップ能力を中心に様々な能力を持ったブロッカーがいる。
全体的にサイズも大きいがコストも高く、6~7マナに多い。そのため《開眼者クーカイ》は自身の性能の割には使いにくいクリーチャーとなっている。《陽光の求道者ル・パーレ》が4マナで最軽量のため、ここから進化するとよい。
また他種族に上位互換が多く、性能で採用されることがやや少ない。

  • 黎明期より存在しているにも関わらず枚数は少なく、大々的にフィーチャーされたこともないが、DMC-05にて事実上のメイン種族を飾ったこともある。

メカサンダーを進化元とするカード

参考