#author("2020-01-15T20:40:46+09:00","","")
#author("2021-09-11T16:28:41+09:00","","")
*カード [#k79f40e1]

「[[デュエル・マスターズ]]」の[[ゲーム]]に用いる、専用の札のこと。

カードを[[ルール]]に沿って40枚組み合わせたものを[[デッキ]]という。
[[プレイヤー]]同士がお互いのデッキを用意することで、[[デュエル]]を行うことができる。

カードは[[エキスパンション]]か[[構築済みデッキ(デュエル・マスターズ)]]を購入することで入手できる。また、店によっては[[シングルカード]]を取り扱っている場合もあり、1枚ずつ買うこともできる。
カードは[[エキスパンション]]か[[構築済みデッキ]]を購入することで入手できる。また、店によっては[[シングルカード]]を取り扱っている場合もあり、1枚ずつ買うこともできる。

[[プロモーション・カード]]という非売品カードもあり、[[公認大会]]の参加賞や、[[コロコロコミック]]や[[カードゲーマー]]などの雑誌の付録として配布されることがある。

カードは「[[クリーチャー]]」や「[[呪文]]」などいくつかの種類に別れ、それぞれ使い方や役割が異なる。カードの種類に関しては「[[カードタイプ]]」の項を参照。

また、各カードにはそのカードの性能を表す「[[特性]]」が設定されている。この[[特性]]と[[ルール]]を照らし合わせることで、そのカードの[[スペック]]が決定される。

[[デッキ]]を組む際にはカードの[[スペック]]に注視する必要がある。[[コンセプト]]、[[環境]]、[[プレイング]]などを考えながら、慎重にカードを選ぶようにしたい。

カードこそが[[ゲーム]]の基本であり、入手から選定まで[[プレイヤー]]の知恵が試される要素である。

**ゲーム中、カードを選ぶ時の処理について [#b71f7c7f]
**[[カード指定除去]]における「カード」の扱いについて [#b71f7c7f]
-「◯◯ゾーンのカードを1枚選ぶ」など「カード」を指定する効果では[[カードタイプ]]に関係なく[[アンタッチャブル]]でない限り指定ゾーン内のどのカードでも選ぶことができる。
--例えば、指定が「バトルゾーンにあるカード」なら[[クリーチャー]]だけでなく[[クロスギア]]や[[ドラグハート]]も対象になり、「シールドゾーンのカード」なら[[シールドカード]]だけでなく[[要塞化]]してある[[城]]を直接選ぶことができる。

-[[進化クリーチャー]]や[[サイキック・スーパー・クリーチャー]]など、複数のカードによって構成されるオブジェクトをカード指定の効果で選んで移動させる場合、その構成要素から直接指定枚数選んで移動させる。
--例えば、[[《トンギヌスの槍》]]で[[進化GV]]の[[《零次龍程式 トライグラマ》]]を選んだ場合、[[《零次龍程式 トライグラマ》]]か[[進化元]]を1枚指定し、それを[[山札の下]]に送る。[[進化元]]が残る場合、別々の[[クリーチャー]]として[[バトルゾーン]]に残る。
--[[サイキック・スーパー・クリーチャー]]の場合、[[サイキック・セル]]を決められた枚数選び、それを所定の[[ゾーン]]に送る。[[サイキック・セル]]が欠けた[[サイキック・スーパー・クリーチャー]]は[[覚醒リンク]]を保つことができなくなり、[[サイキック・セル]]全てが[[超次元ゾーン]]に戻る。この時、[[リンク解除]]は適用されない。
--[[《ルナ・ミステリーマンション》]]などコストを参照しているカード指定の効果の場合、オブジェクトのコストではなく構成要素それぞれに記載されているコストを参照して移動させる。[[サイキック・セル]]は0コストとして扱う。
--通常、[[進化クリーチャー]][[の下]]は[[バトルゾーン]]ではないという扱いではあるが、カードとして見た場合バトルゾーンに存在するカードではあるためカード指定の効果で選ぶことができる。

-その他、詳しい裁定につては「[[カード指定除去]]」を参照されたし。
-その他、詳しい裁定については「[[カード指定除去]]」を参照されたし。

**その他 [#ra59b3f2]
-カードには希少さを表す度合いとして[[レアリティ]]が設定してある。多くのカードには[[レアリティ]]を示すマークが描かれているが、一部の[[プロモーション・カード]]や[[構築済みデッキ(デュエル・マスターズ)]]の限定収録カードには[[レアリティ]]が決められていないものもある。
-カードには希少さを表す度合いとして[[レアリティ]]が設定してある。多くのカードには[[レアリティ]]を示すマークが描かれているが、一部の[[プロモーション・カード]]や[[構築済みデッキ]]の限定収録カードには[[レアリティ]]が決められていないものもある。

-全く同じ[[カード]]でも、収録された方法によって価値や値段が大きくことなることもある。例えば[[《終末の時計 ザ・クロック》]]には[[ノーマル]]版、[[MODE→CHANGE]]版、[[優勝者賞]]などが存在するが、後者になるにつれて出回る量が少なくなるため、その分価値も上昇する。[[《ガイアール・カイザー》]]や[[《勝利宣言 鬼丸「覇」》]]など、[[プロモ版>プロモーション・カード]]の価値が非常に高いものもあり、持っていること自体がステータスのようになる場合もある。

-ほとんどのカードはデザインが共通の裏面を持ち、[[デッキ]]に入れても種類が特定できないようになっている。ただし、[[サイキック・クリーチャー]]と[[ドラグハート]]は公開情報である[[超次元ゾーン]]に用意する性質を活かし、表と裏に違うカードが印刷されている。

**参考 [#bb23f0dd]
-[[用語集]]
-[[クリーチャー]]
-[[呪文]]
-[[ツインパクト]]
-[[クロスギア]]
-[[城]]
-[[サイキック・クリーチャー]]
-[[ウエポン]]
-[[フォートレス]]
-[[禁断の鼓動]]
-[[D2フィールド]]
-[[プレイ]]
-[[デッキ]]

*カード (カードタイプ) [#sa7e3679]

一部のカードテキストでは、そのカードにあるうちの1つのカードタイプのことを「カード」と表記していることがある。
それらの場合は「カードを選ぶ」時点で、1つのカードタイプの[[特性]]がそれに該当している必要がある。
ただし、[[《劇場戦艦 カァテンコヲル》]]のように「カードを選ぶ。そうしたら、そのカードを使う」と二段階の手順を踏む場合は、カードを選ぶ時点で参照していないカードタイプを選択することができる。

|激竜王 P 火文明 (7)|
|クリーチャー:レッド・コマンド・ドラゴン/ハンター 25000|
|BGCOLOR(#ccd):|
|ガイアール流激烈竜王破・滅 P 火文明 (1)|
|呪文|
|このターン、自分のクリーチャー1体に「パワード・ブレイカー」を与える。(「パワード・ブレイカー」を持つクリーチャーは、そのパワー6000ごとにシールドをさらに1つブレイクする)|

|駱駝の御輿 UC 自然文明 (1)|
|クリーチャー:ビーストフォーク/ハンター 3000|
|ガードマン|
|このクリーチャーは攻撃することができない。|
|コスト3以上で、カードに能力が書かれていないクリーチャーの召喚コストを2少なくしてもよい。ただし、コストは1より少なくならない。|

>Q.[[《激竜王 /ガイアール流激烈竜王破・滅》>《激竜王/ガイアール流激烈竜王破・滅》]]を召喚する際、[[《駱駝の御輿》]]の能力で召喚コストを下げることは出来ますか?
A.はい、出来ます。ツインパクトカードであっても、クリーチャー側に能力が書かれていなければ「カードに能力が書かれていないクリーチャー」として扱います。
[[引用元>https://dm.takaratomy.co.jp/rule/qa/33218/]]

#br
----
#br


|二極 シヴァイーヌ P 光文明 (9)|
|クリーチャー:エンジェル・コマンド/侵略者 5500|
|S・バック:コスト9の光のカード(光のコスト9のカードを自分のシールドゾーンから手札に加える時、そのカードを捨ててもよい。そうしたら、コストを支払わずにこのクリーチャーを召喚する)|
|ブロッカー|

|天地命動 バラギアラ MHZ 自然文明 (9)|
|クリーチャー:マスター・ハザード/グランセクト 17000|
|このクリーチャーが召喚によってバトルゾーンに出た時、自分のマナゾーンにあるカードをすべてアンタップする。|
|輪廻∞:このカードの呪文側を、バトルゾーンに置いたまま唱えてもよい(コストは支払う)。そうした時、バトルゾーンにある自分の《天地命動 バラギアラ》1体につき、自分の山札の上から1枚をマナゾーンに置く。|
|T・ブレイカー|
|BGCOLOR(#ccd):|
|輪廻暴聖 MHZ 光文明 (5)|
|呪文|
|S・トリガー|
|相手は、自身のアンタップしているクリーチャーを2体選び、タップする。|
|カードを1枚引く。|

>Q.[[《ニ極 シヴァイーヌ》>《二極 シヴァイーヌ》]]の「S・バック」能力は、シールドから手札に加える[[《天地命動 バラギアラ/輪廻暴聖》>《天地命動 バラギアラ/輪廻暴聖》]]を、コスト9の光のカードとして捨てられますか?
%%A.はい、捨てられます。[[《天地命動 バラギアラ/輪廻暴聖》>《天地命動 バラギアラ/輪廻暴聖》]]はコスト9であり光文明を持っているカードですので、「S・バック」能力で捨てて、[[《ニ極 シヴァイーヌ》>《二極 シヴァイーヌ》]]を召喚できます。&br;(総合ルール 808.1)%%((過去にこの回答が行われていたソース:https://dm.takaratomy.co.jp/rule/rulechange/31638/))
A.いいえ、捨てられません。ツインパクトカードを捨てて[[《ニ極 シヴァイーヌ》>《二極 シヴァイーヌ》]]の「S・バック」を使う場合、片側がコスト9の光のクリーチャーか呪文である必要があります。
[[引用元>https://dm.takaratomy.co.jp/rule/qa/40141/]]

#br
----
#br


|劇場戦艦 カァテンコヲル SR 水/火文明 (6)|
|クリーチャー:ムートピア/美孔麗王国 6000|
|<ビビッドロー>[水/火(8)](自分のターン中、攻撃の前にこのクリーチャーをドローした時、表向きにしてもよい。そうしたら、このターンこのクリーチャーを[水/火(8)]支払って召喚してもよい)|
|スピードアタッカー|
|W・ブレイカー|
|このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、「ビビッドロー」能力を使って召喚していれば、カードを3枚引く。|
|このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の手札の枚数以下のコストを持つ水または火のカードを1枚、自分の手札から選んでもよい。そうしたら、そのカードをコストを支払わずに使う。|

|魔導管理室 カリヤドネ SR 水文明 (14)|
|クリーチャー:ムートピア 10500|
|シンパシー:自分の墓地にある呪文(このクリーチャーを召喚する時支払うコストは、自分の墓地にある呪文1枚につき1少なくなる。ただしコストは0以下にならない)|
|このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、コスト3以下の呪文を3枚まで、自分の墓地からコストを支払わずに唱えてもよい。こうして唱えた呪文は、唱えた後、墓地に置くかわりに山札の一番下に置く。|
|W・ブレイカー|
|BGCOLOR(#ccd):|
|ハーミット・サークル SR 光文明 (3)|
|呪文|
|S・トリガー|
|相手のクリーチャーを1体選び、タップする。次の相手のターンのはじめに、そのクリーチャーはアンタップしない。|
|BGCOLOR(#933):COLOR(white):''※殿堂入り''|

>Q.自分の手札が3枚の状況です。[[《劇場戦艦 カァテンコヲル》]]の「出た時」の能力で、呪文側のコストが3の[[《魔導管理室 カリヤドネ/ハーミット・サークル》>《魔導管理室 カリヤドネ/ハーミット・サークル》]]は、クリーチャー側の[[≪魔導管理室 カリヤドネ≫>《魔導管理室 カリヤドネ/ハーミット・サークル》]]として召喚できますか?
A.いいえ、召喚できません。[[≪ハーミット・サークル≫>《魔導管理室 カリヤドネ/ハーミット・サークル》]]は光のカードですので、選ぶこともできません。
[[引用元>https://dm.takaratomy.co.jp/rule/qa/39390/]]

#br
----
#br

|仙祖電融 テラスネスク P 水/火文明 (6)|
|クリーチャー:ディスペクター/アーマード・ドラゴン/オリジン 6000|
|EXライフ(このクリーチャーを出す時、自分の山札の上から1枚目をシールド化する。このクリーチャーが離れる時、かわりにそのシールドを墓地に置く)|
|ブロッカー|
|ジャストダイバー(このクリーチャーが出た時、次の自分のターンのはじめまで、このクリーチャーは相手に選ばれず攻撃されない)|
|W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2つブレイクする)|
|このクリーチャーが出た時、コスト4以下のカードを1枚、自分の手札からコストを支払わずに使ってもよい。|

|天地命動 バラギアラ MHZ 自然文明 (9)|
|クリーチャー:マスター・ハザード/グランセクト 17000|
|このクリーチャーが召喚によってバトルゾーンに出た時、自分のマナゾーンにあるカードをすべてアンタップする。|
|輪廻∞:このカードの呪文側を、バトルゾーンに置いたまま唱えてもよい(コストは支払う)。そうした時、バトルゾーンにある自分の《天地命動 バラギアラ》1体につき、自分の山札の上から1枚をマナゾーンに置く。|
|T・ブレイカー|
|BGCOLOR(#ccd):|
|輪廻暴炎 MHZ 火文明 (3)|
|呪文|
|このターン、自分のクリーチャー1体に「スピードアタッカー」を与える。|
|相手のクリーチャーを、パワーの合計が3000以下になるように好きな数選び、破壊する。|

>Q.[[《仙祖電融 テラスネスク》]]の「出た時」の能力で[[《天地命動 バラギアラ/輪廻暴炎》>《天地命動 バラギアラ/輪廻暴炎》]]の呪文側のコストを参照して、クリーチャー側を召喚できますか?
A.いいえ、召喚できません。この能力でツインパクトカードを使う場合、使う方のコストが4以下でなければいけません。
[[引用元>https://dm.takaratomy.co.jp/rule/qa/40104/]]


&tag(用語集);