無双(むそう)(しば)達閃(だせん)/パシフィック・スパーク》

無双の縛り 達閃 SR 光文明 (6)
クリーチャー:メタリカ 4500
ブロッカー
相手は、自身のターンに1体しかクリーチャーをバトルゾーンに出せない。
ラスト・バースト(このクリーチャーが破壊された時、このカードの呪文側をコストを支払わずに唱えてもよい)
パシフィック・スパーク SR 光文明 (3)
呪文
相手のクリーチャーをすべてタップする。

DMRP-07で登場したメタリカおよびツインパクト

クリーチャー面はラスト・バーストを持った中型のブロッカーコストの割にパワーは控えめだが、相手は自身のターンクリーチャーを1体しか出せないという《アイアン・マンハッタン》と同等のロック能力を持つ。
ただし、あちらがトリガー能力なのに対し、こちらは常在型能力なので除去されてしまうと簡単に解除されてしまう点と自分のターン中は能力が発動しない点に注意。

呪文面はS・トリガーの外れた《スーパー・スパーク》と言った性能。S・トリガーの無い呪文にS・トリガーが付くことでコスト+2となるならば、S・トリガーのある呪文からS・トリガーを削ることでコスト-2となった、と言ったところか。
クリーチャー面がブロッカーラスト・バーストを持つので、発動は簡単と思いきやパワーが4500と中途半端に高いため、相手がパワー4000以下の小型を並べて殴るデッキの場合、足止めは難しい。それをカバーするためにクリーチャー面にロック能力があるのかも知れない。

【チェンジザダンテ】ではニンジャ・ストライクによって召喚した《怒流牙 佐助の超人》でこれをディスカードし、《龍装艦 チェンジザ》能力発動で唱えるという動きが可能。これによりS・トリガー感覚で扱える。

呪文面で《Dの天牢 ジェイルハウスロック》Dスイッチを補助できる上にクリーチャー面がコスト踏み倒し対象になるので、【白単天門】にも向いている。ただ、《閃光の守護者ホーリー》と異なりcipS・トリガーも持たないのであちらの方が優先されるだろう。

チャンプブロックによるラスト・バースト発動と《牙修羅バット》によるリアニメイトを繰り返せば、墓地利用メタなどを使われない限り恒常的にターンを凌ぐことができる。

環境において

効果判明当初は大量展開メタ、コンボデッキ対策として注目を浴び、実際【白単天門】【チェンジザダンテ】【サッヴァーク】などで使用されたが、パワー4500というのは《“乱振”舞神 G・W・D》《デモンズ・ライト》などが飛び交う双極篇環境では安心できるスペックではなかった。

一見オールタップ《異端流し オニカマス》対策になったが、同弾の《ソーナンデス》で処理すればよかったのでその点でも恵まれなかった。

何より3ターンキルの横行する《蒼き団長 ドギラゴン剣》系列に対しては6コストでも重く、期待されたほどの活躍はしていなかった。

超天篇環境ではGR召喚への対策として期待されたがやはり6コストのシステムクリーチャーは重く、除去されやすいのもあり、環境にはそれほど刺さりが良くなかった。《ドンジャングルS7》で呼び出せるパワーラインであることから【チェンジザドンジャングル】で使われることもあったが、好みによって使われることがある程度であった。

【青赤緑ミッツァイル】にほぼ確実に入る《DROROOON・バックラスター》に関しては、確かに出したそのターン中のGR召喚は防げるが、次のターンのGR召喚で除去を発動すれば何とかなるので安心できるとは言い切れない。そもそも【青赤緑ミッツァイル】なら《知識と流転と時空の決断》でラスト・バーストを発動させることなく安全に除去できる。

登場から役割が被る上により軽くより防御性能の高い《Dの牢閣 メメント守神宮》も壁となっており、時々このカードも使われるとはいえ多くの場合あちらの枠を奪えないでいる。

その他

  • 名前の由来はまんま「出せん」。フレーバーテキストは薬物乱用防止のポスターのパロディである。このカード能力と合わせれば、昨今の環境が「1ターンでの大量展開・即死打点形成からの1ショットキル」であふれている事への皮肉ともとれる。

関連カード

フレーバーテキスト

  • DMRP-07
    「ナラブ。ダメ。ゼッタイ。」
  • DMRP-07(シークレット版)
    無双の名の通り、双つ並ぶ事を許さない。

収録セット

参考