妖精(ようせい)のイザナイ オーロラ》

妖精のイザナイ オーロラ UC 自然文明 (4)
クリーチャー:オラクル/スノーフェアリー 2000
光臨−自分のターンの終わりに、このクリーチャーがタップされていれば、自分の山札を見る。その中からコスト6以下のスノーフェアリーを1体、バトルゾーンに出してもよい。その後、山札をシャッフルする。

DMR-09で登場したオラクル/スノーフェアリー

エピソード3から登場した光臨によって、コスト6以下のスノーフェアリーリクルートできる。

リクルート対象は同弾収録の《妖精左神パールジャム》のほか、「進化ではない」等の制限がないため《ダイヤモンド・ブリザード》等も呼び出せる。《守護炎龍 レヴィヤ・ターン》を呼び出して《地掘類蛇蝎目 ディグルピオン》《ダイヤモンド・ブリザード》に繋ぐのも手。

特に《守護炎龍 レヴィヤ・ターン》から《地掘類蛇蝎目 ディグルピオン》を出すのが強烈で、W・ブレイカーが一気に2体並ぶコンボとなる。

光臨の性質上、タップされていなければリクルートはできないため、そのままだと1ターンのタイムラグが生じてしまう。よって、《ドンドン吸い込むナウ》《ブーストグレンオー》などの早期に使える除去が弱点。

また、攻撃するにしてもS・トリガーを踏む危険性があったり、パワーが2000と低いために《予言者ジェス》をはじめとする軽量ブロッカーにも注意しなければならない。

爆発力と欠点を併せ持っているので、使用者の腕が問われる一枚と言えるだろう。

  • 元ネタはベンケイソウ科の「ニジノタマ」の園芸種である「オーロラ」か、極光の「オーロラ」だろう。スペリングは同じ「Aurora」である事から、ダブルミーニングの可能性もある。

サイクル

DMR-09光臨サイクル。同エキスパンションに収録されたゴッド・ノヴァ種族に対応している。

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考