【青黒緑デッドダムド】

《SSS級天災 デッドダムド》による除去封印外し、その他各種侵略を主眼に置いた中速ビートダウンDMBD-10の発売によりそちらを雛形に成立したデッキタイプ。
アナカラーデッドダムド】とも呼ばれる。

SSS級天災 デッドダムド P 水/闇/自然文明 (8)
進化クリーチャー:トリニティ・コマンド/S級侵略者 11000
進化:自分の水、闇、または自然いずれかのクリーチャー1体の上に置く。
SSS級侵略[天災]:水、闇、または自然のコマンド(自分の水、闇、または自然のコマンドが攻撃する時、バトルゾーン、自分の手札、墓地、マナゾーンにあるこのカードをその上に重ねてもよい)
W・ブレイカー
このクリーチャーを別のクリーチャーの上に重ねた時、相手のクリーチャーを1体選び、持ち主の墓地かマナゾーンに置く、または手札に戻す。

主要カード

《SSS級天災 デッドダムド》核 除去封印外し、侵略ビートダウン。《デドダム》で墓地に置いても平気
《天災 デドダム》ドローマナブースト、封印外し、侵略元を1体でこなす
《虹速 ザ・ヴェルデ》MFによる踏み倒しメタ除去、封印外し、侵略元を担当
《禁断機関 VV-8》上に挙げた主要カードに不足するフィニッシュ力をエクストラターンで補う

候補カード

クリーチャー
《悪魔妖精ベラドンナ》初動。自壊を伴うモードハンデスマナブーストを選べる。基本こちらが優先
《電脳鎧冑アナリス》初動。自壊を伴うモード手札補充マナブーストを選べる。役割的に二番手
《ディオーネ》速攻対策。
《水晶の記録 ゼノシャーク/クリスタル・メモリー》キーパーツがボトム送りになった際回収
《凶鬼09号 ギャリベータ》置きドロー兼侵略元。基本ピン積み。《デドダム》で墓地に置いても平気
《闘争類拳嘩目 ステゴロ・カイザー/お清めシャラップ》MF持ち侵略元、呪文面ではマナ加速兼相手の墓地利用妨害
《龍素記号Sr スペルサイクリカ》呪文コスト踏み倒し墓地回収を行う水の定番1枚積み
《蒼き団長 ドギラゴン剣》サブフィニッシャー
進化クリーチャー
《超奇天烈 ギャブル》相手の呪文を横取りしつつ封印外し
《S級宇宙 アダムスキー》STなどのトリガーを許さない山札破壊。サブフィニッシャー
《S級不死 デッドゾーン》盤面制圧と更なる打点形成に。《デドダム》で墓地に置いても平気。サブフィニッシャー

超次元ゾーン

超GRゾーン

このデッキの回し方

《天災 デドダム》などのマナブーストドローで体勢を整え、5マナ貯まったら《無修羅デジルムカデ》プレイする。相手をタップインで縛ったことによる余裕を活かして《虹速 ザ・ヴェルデ》コスト踏み倒しメタを処理するなり《禁断機関 VV-8》を召喚するなりしてから、あらかじめ立てた《天災 デドダム》あたりで《SSS級天災 デッドダムド》に侵略し、《禁断機関 VV-8》封印外しや盤面の処理に努める。

相手の盤面を十分に処理したら、そこから《禁断機関 VV-8》禁断機動で制圧したり、毎ターン《S級宇宙 アダムスキー》へ侵略して安全に勝ちに行ったりする。

弱点

環境において

超CSIII in 山形』においては決勝ラウンド進出者128人中49人が使用し、使用率1位を記録。ベスト8に4人このデッキの使用者が残った。最高成績は3位。(ソース)
また、TOP8デッキリストでは《デッドダムド》と《VV-8》の併用率は100%であった。

このデッキに対抗するために多くのプレイヤーがDMBD-09DMBD-10期になって、天敵である【赤単ブランド】を使うようになり、そちらのチャンピオンシップ4位以内入賞が目立って行った。

DMBD-10発売から1ヶ月程度が経過するとあまりにミラーマッチが増えたため、ついに2コストマナブーストを9枚も投入した上位入賞構築まで確認された。その構築においては初動枠を増やして下がったデッキパワーが《超奇天烈 ギャブル》の3枚投入によって補われていた。また、《VV-8》をピンポイントで落とすための《解体人形ジェニー》も流行した。代わりに、《ドンドン水撒くナウ》《テック団の波壊Go!》《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》などの能動的な動きに関係しにくい受け札をカットするケースが増えた。《S級宇宙 アダムスキー》型も数を減らしている。

【ハンデスデッドダムド】

【青黒ハンデス超次元】などに使われるハンデスカードを搭載したコントロール寄りの型。

マナブーストの枠をハンデスに置き替えた構築となっており、速度は遅いが一たび相手を縛れば通常の型以上のロック力を発揮する。

参考