オレガ・オーラ

DMSD-09で登場した新たなカードタイプオーラの一種。

現在、自然文明で確認されている。また、多色カードは存在していない。
命名ルールは文明ごとに異なる。は《*/○幻〜/*》で「〜」には未確認生命体(UMA)のもじりが入る。は、《幽〇〜》となり〇には元になったマフィ・ギャングの種別が入る。自然は、2つ以上のギリシャ文字を組み合わせた独自の読みが使われている。

+  詳しい命名ルール
*/零幻チュパカル/* C 水文明 (2)
オレガ・オーラ:トリックス/デリートロン +0000
自分のオーラを使うコストを1少なくする。ただし、コストは0以下にはならない。
オレガ・オーラ:これを自分のGRクリーチャー1体に付けるか、1体GR召喚してそれに付ける。そのクリーチャーがバトルゾーンを離れたら、これも同じゾーンに行き、その後、そのGRクリーチャーは自分の超GRの一番下に戻る。

ア・ストラ・ゼーレ MAS 水文明 (6)
オレガ・オーラ:トリックス/デリートロン +6000
これを付けたクリーチャーに「パワード・ブレイカー」を与える。(「パワード・ブレイカー」を持つクリーチャーは、そのパワー6000ごとにシールドをさらに1つブレイクする)
これをクリーチャーに付けた時、そのクリーチャーよりパワーが小さい相手のクリーチャーをすべて、持ち主の手札に戻す。こうして6体以上が手札に戻されたなら、このターンの後にもう一度自分のターンを行う。
オレガ・オーラ:これを自分のGRクリーチャー1体に付けるか、1体GR召喚してそれに付ける。そのクリーチャーがバトルゾーンを離れたら、これも同じゾーンに行き、その後、そのGRクリーチャーは自分の超GRの一番下に戻る。

単体ではバトルゾーンに存在できない。プレイする際は以下の2通りの方法で出すことができる。

また、カード左下にはパワーが記されており、これを付けたクリーチャーはその数値だけパワー増加する。

GR召喚を行って出せば、クリーチャー1体を召喚するのと変わらないアドバンテージを保持できる。
一方、すでに存在するGRクリーチャーに付ける場合はアドバンテージを失うが、パワー能力を重ね掛けしてより強力なクリーチャーに成長させていくことができる。

コストオレガ・オーラは、付けたクリーチャーパワード・ブレイカー付与する能力を持っている事が多い。パワーを増やしていけば、この能力によってブレイク数が増やせるのも重ね掛けの強み。

オレガ・オーラの質の高さは闇>水>自然となっている。

ルール

  • クリーチャーに付いているオレガ・オーラは、クリーチャーの上のカードとして扱われる。また、1体のGRクリーチャーにオレガ・オーラを複数枚付けてもいい。その場合、オレガ・オーラの上にオレガ・オーラを重ね、一番最後に付けたオレガ・オーラが一番上のカードになる。一番上のカードになると言っても、下にあるGRクリーチャーオレガ・オーラ特性が失われるわけではない。
  • オレガ・オーラがついたクリーチャーは、問題なく進化できる。その場合、進化クリーチャーは進化元のクリーチャーの上に置かれるため、オレガ・オーラの下のカードのカードという扱いになる。なお、進化したクリーチャーはGRクリーチャーではなくなるので、もうそのクリーチャーにオレガ・オーラを付けることはできない。
    • 進化してもオーラの上下の順番は変わらない。オーラが付いた複数のクリーチャーが進化V進化GVなどでまとめて進化する場合は、各進化元のクリーチャーのオーラの順番事態は変えず、束としてその進化先にオーラを付けた状態にする。 例)オーラAとその上にオーラBがついたクリーチャーと、オーラCとその上にオーラDが付いたクリーチャーが進化Vで進化させた時、その進化クリーチャーには、下からABCDもしくはCDABの順番で付いた状態にする。color(red){※暫定回答}
    • オーラが付いた《太陽王ソウル・フェニックス》がバトルゾーンを離れる時は、一番上のオレガ・オーラが離れることになる(なお、《ソウル・フェニックス》の「(下の2枚は別々のクリーチャーとなる)」という注釈文は、《ソウル・フェニックス》が離れた時に適応されるため、オレガ・オーラが離れる時は関係ない)。
  • オーラがついた進化クリーチャーが退化する場合、下にGRでないクリーチャーがいた場合、そのクリーチャーにオーラを付けた状態にすることもできる。
  • GRクリーチャーが12体すべて封印されており、超GRの残りが0枚の時にもプレイの宣言は可能。しかし、そのオーラはバトルゾーンに出せないため、手札に残る。(2019年6月5日、6月6日正式回答)。
  • オーラをプレイする際に、新たにGR召喚を行うことを選んだ際に超GRから捲れたGRクリーチャーが《暴走龍 5000GT》の能力でGR召喚できない場合も、オーラはバトルゾーンに出せなくなり、手札に残る。《龍世界 ドラゴ大王》などの置換効果でGRクリーチャーがバトルゾーンに出せなくなった場合も同様。
  • 「自分の〇〇がバトルゾーンに出た時」というように種族を指定する効果は、テキストで対象となるカードタイプが限定されていなければ、オレガ・オーラがバトルゾーンに出た時も適用される(2019年6月5日、6月6日正式回答)。

その他

  • パワー表記はクリーチャーの場合と異なり、「+」の位置が数値の後ろではなく前に付いている。
  • 水文明のオレガ・オーラの名前両端の「*/」と「/*」の元ネタはC言語などのプログラミング言語の記号の1つでありコメント(実際に実行されないメモのようなもの)を記述するときに使われる。ただし正しい使い方は「/*書きたい文章*/」となる。
    • ちなみに《*/何か文字列/*》と書いた場合は、「何か文字列」の外側がコメントになる。以下は緑字がコメントになる部分で、赤字がエラーになるであろう部分である。
    • */弐幻ケルベロック/*》《*/弐幻スパイアル/*》《*/弐幻ニャミバウン/*》《*/陸幻スルニャン/*》《*/零幻チュパカル/*》《*/零幻ルタチノ/*》《*/肆幻モドピトテ/*》《*/肆幻ヨナビクニ/*

参考


公式Q&A

Q.オレガ・オーラはどうやって使いますか?
A.オレガ・オーラを使う時は、すでにバトルゾーンに存在するGRクリーチャーの上に付けるか、新たにGR召喚してそれに付けます。通常のクリーチャーの上に付けることはできません。
引用元

Q.オレガ・オーラは2枚以上同じクリーチャーにつけることはできますか?
A.はい、何枚でも重ねることが可能です。どれだけ上に重ねても個々のオーラの能力はそれぞれ有効です。
引用元

Q.オレガ・オーラが付いたクリーチャーの特性(パワーや文明など)はどうなりますか?
A.オレガ・オーラが付いたクリーチャーは、オレガ・オーラに書かれたパワーが追加されます。それ以外の特性は元のクリーチャーのものをすべて持ちます。例えば、オレガ・オーラの種族やコスト、文明はクリーチャーに追加されません。
引用元

Q.オレガ・オーラが付いたクリーチャーがバトルゾーンを離れたらどうなりますか?
A.オレガ・オーラが付いたクリーチャーがバトルゾーンを離れた時、オレガ・オーラは付いていたクリーチャーと同じゾーンに移動します。手札に行けば手札に戻り、マナゾーンに行けばマナゾーンに行きます。
引用元

Q.オレガ・オーラが付いたクリーチャーが進化したらどうなりますか?
A.オレガ・オーラが付いたクリーチャーが進化した時、オレガ・オーラは付いたままになります。(すべての修正は進化した後のクリーチャーに残り続けます。)
進化した後に通常クリーチャーになった場合、それまでついていたオーラは外れませんが、GRクリーチャーではないのでそれ以降新たにオレガ・オーラを付けることはできなくなります。
引用元