【ダイヤモンド・ブリザード】(デュエル・マスターズ プレイス)

《ダイヤモンド・ブリザード》を軸に添えたデッキ。
ここでは2020年5月7日の《ダイヤモンド・ブリザード》の弱体化(ナーフ)以降のデッキを主に扱うが、弱体化以前のデッキについても記載する。

ダイヤモンド・ブリザード SR 自然文明 (3)
進化クリーチャー:スノーフェアリー 5000
進化−スノーフェアリー
バトルゾーンに出た時、自分のマナゾーンから《ダイヤモンド・ブリザード》以外のスノーフェアリーを、手札の上限枚数になるまで手札に戻す。その後、こうして手札に戻したスノーフェアリーの数だけ、自分の山札の上からカードをマナゾーンに置く。

共通

主要カード

《ダイヤモンド・ブリザード》コンセプト
《冒険妖精ポレゴン》最軽量のスノーフェアリー
《愛嬌妖精サエポヨ》2コストスノーフェアリー 大量展開で大型化
《雪溶妖精シャーマン・メリッサ》5枚目以降の2コストスノーフェアリー 破壊置換効果でマナに
《薫風妖精コートニー》9枚目以降の2コストスノーフェアリー 色事故がなくなる
《雪渓妖精マルル》13枚目以降の2コストスノーフェアリー
《秋風妖精リップル》S・トリガー持ちのスノーフェアリー
《純潔妖精コスモス》

長所

進化クリーチャー特有の「進化元1体の上に乗せるため自分のクリーチャーの数が増えない」という弱点を、マナ回収による手札補充とマナブーストによる疑似アンタップマナ(使用可能マナ)確保で補っている。

短所

デッキ内のウィニーが多くなるため、中型~大型のブロッカーが並ぶと突破が難しくなる。
1ショットキルダイレクトアタックすることは少なく、各ターンの攻撃を《聖天使グライス・メジキューラ》で止められると非常に苦しい。
また、速攻デッキ相手の場合は《ダイヤモンド・ブリザード》が真価を発揮する前にダイレクトアタックを決められるおそれもある。

手札補充については《ダイヤモンド・ブリザード》への依存度が高く、ハンデス《ダイヤモンド・ブリザード》を失ったり、《根絶のデクロワゾー》などにより進化元が1体もない状態に陥れば手札が枯渇しやすい。

《バースト・ショット》《マグマティラノス》などの全体火力に弱め。

プレイング

マナゾーンに置いたスノーフェアリー《ダイヤモンド・ブリザード》で回収可能かつ、回収後もマナは減らないため積極的に置くことが望ましい。
ただし《ダイヤモンド・ブリザード》自身はマナ回収の対象外であることと、進化元がいなければ《ダイヤモンド・ブリザード》を召喚できないことについては考慮が必要である。

マナゾーンのカードが頻繁に入れ替わるため、自然マナの消失や公開情報から自分のシールドの中身の把握にも気をつけたい。

公式大会

2020年9月12日~13日の公式大会「バトルアリーナ」では、出場者の使用率が18.8%で3位(公式ではスノーフェアリーデッキとして公表)であり、ボルバルザークが入らないデッキの中では最も高かった。また、上位8人中2人が光自然スノーフェアリーであり、5色ヘブンズ・ゲートに次ぐ実績を残した。

青緑型

《聖天使グライス・メジキューラ》やブロッカーなど、速攻メタになるクリーチャーを《スパイラル・スライダー》除去しながらビートダウンする型。

《アストラル・リーフ》を併用する型としない型があり、併用するデッキは【リーフブリザード】とも呼ばれる。
《アストラル・リーフ》入りは進化クリーチャーが2種入ることになり事故率が高まるが、爆発力はかなり高い。
豊富な手札により、ランダムハンデス《ダイヤモンド・ブリザード》が落とされる確率も下げられる。

《アクア・ハルカス》を使う場合は、手札を減らさず山札を回すことができるため安定した試合運びを行いやすい。

主要カード

候補カード

採用されづらいカード

《エマージェンシー・タイフーン》2マナを使って手札交換をする動きが現状あまり強くはない。弱体化後は墓地肥やしも恩恵がない。
《緑神龍アーク・デラセルナ》ハンデスの保険としては非常に有用だが、理想的な動きは相手にハンデスを撃たせるスキを与えない猛攻を仕掛けることである。同様の理由で相手からのブレイクが前提となるS・トリガーの《エマタイ》コンボも後ろ向きである。自分のターンにS・トリガーで出た《ゴースト・タッチ》《汽車男》には無力なのも痛い。
《ソーサーヘッド・シャーク》相手のウィニーバウンス ミラーマッチ対策だが弱体化後は5コストクリーチャーだと重く使いづらい。

白緑型(DMPP-04対応)

主要カード

《光器ペトローバ》スノーフェアリーをパンプアップ
《ホーリー・スパーク》優秀なS・トリガー

候補カード

《青銅の鎧》マナブースト 2(スノーフェアリー)→3→5と《ペトローバ》に繋がる
《予言者コロン》S・トリガー獣 相手のクリーチャーを1体タップ
《ゲット・レディ》光の手札補充
《スナイプ・モスキート》速攻向けウィニー 疑似手札補充

概要

※弱体化前の能力を前提とした型は下の「Ver.1.2.0でのみ存在した【ダイヤモンド・ブリザード】」参照。

《光器ペトローバ》によりスノーフェアリーの低パワーを補強する型。弱点であったバトル・全体火力を克服することができる。

DMPP-04環境において【ヘブンズ・ゲート】の登場に伴い現れたデッキタイプ。
《スパイラル・スライダー》バウンスできないコスト7以上のブロッカー(特に《悪魔聖霊バルホルス》)を《光器ペトローバ》《ホーリー・スパーク》で乗り越えられる点が長所である。

赤緑型

速攻型。《ダイヤモンド・ブリザード》の大量回収による手札補充で速攻の手札消費をカバーしている。

主要カード

候補カード

Ver.1.2.0でのみ存在した【ダイヤモンド・ブリザード】

《ダイヤモンド・ブリザード》を使用したデッキはあまりにも環境を席巻していたため、2020年5月7日、アプリのVer.1.2.1への更新と共に能力の弱体化(ナーフ)が行われた。そこに至るまでの経緯などは《ダイヤモンド・ブリザード》参照。
以下は、《ブリザード》弱体化後は使用されることが少なくなったか、あるいはコンセプトの崩壊などにより使用が不可能になったデッキである。

詳細

白緑型(弱体化前)

主要カード

候補カード

概要

高速で《光器ペトローバ》を召喚し、スノーフェアリーの低パワーを補強する型。弱点であったバトル・全体火力を一気に克服することができる。

ブロッカーの横並びには《ホーリー・スパーク》などで対応可能。ハンデスには色の合う《無頼聖者サンフィスト》も搭載可能である。
【イニシエート】のような高パワーの強固な守りはできないが、《滅罪の使徒レミーラ》により速攻をブロッカー軍団で受け止めることもできた。

白緑の2色では墓地肥やしに乏しく、できるだけ素早く《ブリザード》から《ペトローバ》に繋げたいので、《ボーンおどり・チャージャー》《プライマル・スクリーム》の闇文明を加えることも少なくなかった。
【速攻】にはブロッカー全体除去やブロッカーの制圧には《光器ペトローバ》で逆制圧や《ホーリー・スパーク》での脱出、ハンデスにはマッドネスと爆発力の低さを十分補っており、明確な不利対面のない非常に強力なデッキだった。

弱体化による影響

さまざまな戦術が組み込めるという強みは《ブリザード》のリソース補充力に依存していた構築のため、墓地回収と最大マナも増えるマナブーストの両方が失われることで運用が難しくなった。
また、DMPP-03環境では《光器ペトローバ》へのメタ・逆風が厳しく、パンプアップオールタップの仮想敵も特になかった。
後にDMPP-04にて【ヘブンズ・ゲート】を突破するため、《光器ペトローバ》《ホーリー・スパーク》を採用する型は環境に復活した。

白赤緑型(ボルバルザーク)

主要カード

候補カード

概要

白緑型の亜流。《無双竜機ボルバルザーク》エクストラターンによる突破力が持ち味。

《ブリザード》を絡めた10ターン以内で勝つビートダウンと、《ペトローバ》《クエイク・ゲート》《ボルバル》を絡めてコントロールして安全に勝つスイッチができる。

弱体化による影響

デッキに入れるスノーフェアリーではハンデスシールド追加、バトル以外での除去ができないのでコントロールプランの足枷になっている。
【赤緑速攻】ほどの速度も出ないので中途半端なデッキになってしまった。

赤緑型(カチュア)

主要カード

候補カード

概要

《幻想妖精カチュア》を採用し、出すドラゴンでスノーフェアリーの弱点であるパワーの低さを補うデッキ。《雪渓妖精マルル》との相性が際立つ。
天敵であった《聖天使グライス・メジキューラ》《ガルクライフ・ドラゴン》で倒せることが最大の特徴である。

弱体化による影響

破壊された《カチュア》を墓地から回収しつつ、そのターンにすぐ召喚ということができなくなり、《ブリザード》と《カチュア》を併用する意義が失われた。
また、《ブリザード》の弱体化に伴い《メジキューラ》の数も減少し、《ガルクライフ》を出したい場面も減ることになった。

黒緑型

主要カード

候補カード

概要

墓地肥やしにより積極的に墓地のスノーフェアリーを増やす型。
《ダイヤモンド・ブリザード》のcipで対象外となる《ダイヤモンド・ブリザード》自身をサルベージできることが特徴である。
呪文による墓地肥やしを目的とせず、《ねじれる者ボーン・スライム》《孤独の影ロンリー・ウォーカー》など闇のウィニーを詰め込む型もある。
同じく速攻型である赤緑型との差異点としては《ダーク・リバース》などのサルベージによる《ダイヤモンド・ブリザード》の回収や、《暗黒皇女メガリア》による大型ブロッカーの突破が可能な点などが挙げられる。

弱体化による影響

墓地肥やしが《ブリザード》には何も意味を成さなくなり、戦術そのものが破綻した。

黒赤緑型(ペンチ)

主要カード

候補カード

概要

《マイキーのペンチ》が対応している自然の両方を多くデッキにいれることができ、闇が《ブリザード》の墓地回収とシナジーしている。

特に《根絶のデクロワゾー》が《ブリザード》ミラーで試合を決めるほどのアドバンテージを叩き出せることが最大の魅力。
並んだスノーフェアリーを一旦破壊することで召喚酔いを強いることになり、《ブリザード》による立て直しもライブラリアウトのため難しくなっている。

弱体化による影響

黒緑型と同じく墓地肥やしが《ブリザード》には何も意味を成さなくなった。
《根絶のデクロワゾー》までの道のりが遠くなり、環境への刺さりも悪くなった。

参考