【ヘブンズ・ゲート】(デュエル・マスターズ プレイス)

概要

DMPP-04《ヘブンズ・ゲート》が登場したことにより誕生したデッキタイプ。高コストのブロッカーコスト踏み倒しし、強力なクリーチャーで盤面を制圧する。TCG版同様、「【天門】」と呼ばれることが多い。

ヘブンズ・ゲート VR 光文明 (6)
呪文
S・トリガー
光の「ブロッカー」を持つ、進化ではないクリーチャーを2体まで、自分の手札からバトルゾーンに出す。

【5色ヘブンズ・ゲート】

5色デッキにすることで、《剛撃聖霊エリクシア》《天海の精霊シリウス》を凌駕するコストパフォーマンスを発揮することと、《悪魔聖霊バルホルス》《血風聖霊ザーディア》を踏み倒せた際のアドバンテージが大きいこと、マナ基盤としての役割と10ターン経過のさせやすさから《無双竜機ボルバルザーク》を無駄なく扱えることから、5色でデッキを構築させたもの。

その完成度の高さから、DMPP-04期、DMPP-05DP殿堂前までは【ヘブンズ・ゲート】がほぼ【5色ヘブンズ・ゲート】と同義と見なされていた。
DP殿堂後も、【ヘブンズ・ゲート】は5色を基本としてデッキが組まれている。

【5色デッキ】」の「【天門】」なので「【5c天門】」と呼ばれることも多い。

主要カード

《ヘブンズ・ゲート》コンセプト
《悪魔聖霊バルホルス》無限ブロッカーが優秀 相手クリーチャーの除去も担う
《血風聖霊ザーディア》ブロッカー シールド追加と条件付き割り振り火力を持つ
《剛撃聖霊エリクシア》ブロッカー 最大でパワー18000のQ・ブレイカーになる
《ロスト・ソウル》除去コントロールを突破するために採用優先度は非常に高い
《無双竜機ボルバルザーク》フィニッシャー

候補カード

《エナジー・ライト》激しい手札消費をカバーするドローソース
《プリズム・ブレイン》不安定だがデッキに多色が多いので4マナ3枚補充になりやすい
《ブレイン・チャージャー》チャージャー付きドローソース 《ヘブンズ・ゲート》に4→6と繋がる
《ホーリー・メール》《ヘブンズ・ゲート》をシールドに仕込む 埋めたのは《ヘブンズ・ゲート》だと読まれやすいことには留意
《フェアリー・ライフ》《宝剣》サポート 1ターン早く《ヘブンズ・ゲート》を手打ちすることにも
《英知と追撃の宝剣》最大1:4交換になる ランデスして相手の《ロスト・ソウル》妨害にも
《リバース・チャージャー》チャージャー付き墓地回収
《二角の超人》《ボルバル》に代わる自然マナ 色の揃った終盤なら《ボルバル》マナ回収から追加ターン
《剛撃戦攻ドルゲーザ》《ボルバル》に代わる自然マナ ノンサポでもcipで2ドロー
《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》《ボルバル》に代わる火マナ 《メルキス》とは異なりシールド焼却はS・トリガー獣に強い
《腐敗勇騎ガレック》《ボルバル》に代わる火マナ ミラーで刺さるブロッカー破壊&ハンデス
《アクアン》水単色を減らした場合のドローソース 墓地に落ちたクリーチャーは《リバチャ》で回収
《陽炎の守護者ブルー・メルキス》《アクアン》のマナ基盤になる、ミラーマッチで効果を発揮するアタッカー
《腐敗電脳アクアポインター》《アクアン》のマナ基盤になる《ブレイン・タッチ》内蔵獣
《魂と記憶の盾》《アクアン》のマナ基盤になる優秀な軽量除去
《アクア・リバイバー》《アクアン》のマナ基盤になるS・トリガー獣
《護法の精霊アムシオン》アンタッチャブル化とブロック時パンプアップ付与で弱くはないが、即効性には劣る
かつて採用されていたカード
《無頼聖者サンフィスト》ハンデスが多かったDMPP-04期で採用。コスト3 序盤の守り、1打点、マッドネス、マナ基盤
《トリプル・ブレイン》DMPP-04期に採用されたドローソース《プリズム・ブレイン》が優先されるようになった

このデッキの回し方

序盤は《エナジー・ライト》《ブレイン・チャージャー》などのドローソースで《ヘブンズ・ゲート》コスト踏み倒し候補のブロッカーを補充していく。準備が整ったら《ヘブンズ・ゲート》で高コストのブロッカーを出し、相手に反撃の術を失わせる。相手が速攻で、《ヘブンズ・ゲート》を手打ちするのが間に合わない場合は《ホーリー・メール》で《ヘブンズ・ゲート》をシールドに埋める動きも優秀。

盤面を制圧したら、後は臨機応変にフィニッシュの手段を変える。防御力の高さと攻めに転じた時の破壊力をうまく勝利に結び付けたい。

長所

4枚積みした《ヘブンズ・ゲート》がシールドに1枚でもある確率は約42.7%

速攻デッキにとって、《ヘブンズ・ゲート》で出される強力なブロッカーに真っ向から挑むのはほぼ不可能である。
《ヘブンズ・ゲート》以外にも、《デーモン・ハンド》《アクア・サーファー》といったS・トリガーを持つ扱いやすいカードを無理なくデッキに入れることができ、速攻デッキにも強い。

コントロール相手にも、多めに積んであるドローソースで手札を補充し、隙を見て《ヘブンズ・ゲート》《ロスト・ソウル》でアドバンテージを得る動きが強力。

短所

ドローソースが多いとはいえ、大量のハンデス《ロスト・ソウル》で手札が枯渇すると、《ヘブンズ・ゲート》が機能しなくなりジリ貧になりがちである。

守備は基本的に《ヘブンズ・ゲート》に頼っているため、速攻相手であっても、シールドに1枚も《ヘブンズ・ゲート》がなく、それでいて6マナ溜まる前に決着がつく速度で攻めてきた場合は《ヘブンズ・ゲート》の手打ちをする間もなくあっさり負けてしまう。

また、ブロッカー除去はこのデッキの大敵。ウェーブストライカーでブロッカー2体破壊の《スカイフレーム・リザード》や、《クリスタル・パラディン》などは非常に厄介な存在となる。デッキに軽量除去を入れる枠も厳しく、ウェーブストライカー横並びを阻止しづらい点でも相性が悪い。

また、使用するカードのレアリティが軒並み高く、デュエル・マスターズ プレイス全体で見てもデッキを構築する難易度は屈指の高さ。ベリーレアの《ヘブンズ・ゲート》4枚はまだしも、スーパーレアの《悪魔聖霊バルホルス》《血風聖霊ザーディア》《剛撃聖霊エリクシア》の3種は、【ヘブンズ・ゲート】以外には流用しづらいカードのため、カード資産の乏しいプレイヤーにとっては構築にかなりの勇気が必要となる。

《無双竜機ボルバルザーク》しかスピードアタッカーがいないため、自身のターンに《ヘブンズ・ゲート》でブロッカーを2体出しても、返しのターンに2体同時に除去されてしまえばシールドブレイクに到達することができない。DP殿堂の施行によりこの弱点が顕著になった。
相手に8マナあるなら《地獄の門番 デスモーリー》などコスト4の除去カードを1ターンに2枚使えるため、一刻も早く《ロスト・ソウル》で叩き落とす必要がある。
《ガイアクラッシュ・クロウラー》《聖霊王アルカディアス》《ロスト・ソウル》を封じられつつ盤面制圧されてしまえば、もはやライブラリアウトで負け一直線である。
《英知と追撃の宝剣》《魂と記憶の盾》も採用していない場合、12マナ支払って《デーモン・ハンド》するぐらいしか《ガイアクラッシュ・クロウラー》を除去することができないので特に注意したい。《アクア・サーファー》では次のターンにまた出されるだけで対策にならない。

その他

4枚積みしていたとしても、裏を返せば約57.3%の確率で初期シールドの5枚に1枚も《ヘブンズ・ゲート》が入っていない。

《ヘブンズ・ゲート》しか速攻デッキ対策が入っていないのであれば、約57.3%と半分以上の割合で負けてしまう計算となる。

さらに、手札にブロッカーがいない状態で、1枚目のブレイクでシールドの《ヘブンズ・ゲート》を引いたり、無限ブロッカー《悪魔聖霊バルホルス》《火炎流星弾》などで除去されブロッカーの数が足りず横並びにダイレクトアタックされる、デッキの下のほうに《ヘブンズ・ゲート》が固まっていて手打ちすらできないで終わるという負け筋もある。

実際には《ヘブンズ・ゲート》以外のS・トリガー《ホーリー・メール》で速攻デッキへの勝率を高くすることはできるが、それでも運次第では有利なはずの速攻デッキに一方的に負けることもある[1]ということは覚えておきたい。
翻って、【速攻】側から見た【天門】もトリガーの運が悪ければほぼ勝てない相手であるため、環境に存在するだけでデッキ選択を躊躇させる力を持っている。

  • 手っ取り早くこのデッキを作りたいならDMPD-04を購入するといいだろう。
  • 2020年9月12日、13日に行われた公式大会の出場者のデッキ分布が公表され、使用率は19.9%(1位)であった。さらに、準々決勝に進んだ上位8人中5人、準決勝に進んだ上位4人全員がこの【5色ヘブンズ・ゲート】であった。
  • 優勝者のボルサリーノ@海軍大将選手のデッキレシピ[2]DMPP-05のカードを1枚も採用しておらず、このデッキDMPP-04までのカードで完結した強さを持っていたことを証明した。

【ペガサス天門】

【聖獣王ペガサス】(デュエル・マスターズ プレイス)を参照

参考


[1] 山札の残りが25枚のとき、シールドブレイク+山札から引いた手札の合計15枚に1枚も《ヘブンズ・ゲート》が来ない確率は約13.8%なので、無視できる確率ではない。
[2] リストは大会動画より