デッキ・カードプールの変遷(へんせん) (デュエル・マスターズ プレイス)

DMPP-01 第1弾「超獣の始動 -MASTER OF DUEL-」

カードプールは第1弾220種に加えベーシックカード70種の計290種。
《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》をキャンペーンで入手できた事から【ボルメテウスコントロール】が流行した。他には《ツインキャノン・ワイバーン》《大勇者「ふたつ牙」》等のスーパーレアやベリーレアのパワーカードをふんだんに使用した【青赤緑ビートダウン】 、おなじみの【赤単速攻】【リキッド・ピープル】など、【速攻】や【ビートダウン】が多く見られた。

速攻ビートダウンに強く、ビートダウンはコントロールに強く、コントロールは速攻に強い」という基本的な三すくみが成立しており、バランスが取れていた時期と言える。

《ミラージュ・マーメイド》は条件を満たせば3枚ドローという強烈なアドバンテージに加え、cipが無条件となり強化されたサイバーロード《ペコタン》と組み合わせやすいという点から水入りデッキで多く使われた。

《聖霊王アルカディアス》は一度出されると対抗手段が乏しく制圧力が高かった。特に呪文を多用する【ボルメテウスコントロール】に強烈に刺さり、一定の成果を出していた。【ターボバロム】も地雷として活躍した。

《二角の超人》は若干の弱体化を受けたが、マナ回収による手札補充のメリットが大きく、コントロールで広く採用された。

【赤単ヴァルボーグ】を除く【赤単速攻】青単ベリーレア以上のカードの必要枚数が少なく、課金をしなくてもデッキを作りやすかった。

ベーシックカードやレア以下のカードでも《アクア・ハルカス》《光輪の精霊 ピカリエ》などの有用なカードも多く存在し、ベリーレア以上のカードに頼らずとも基本的なデッキを構築することが可能であった。
プレイヤーの中には無課金・微課金で楽しむ層もおり、カードを集めやすい・デッキを組みやすいという事情はTCG版以上に大きな影響を及ぼしている。

この時期に活躍したカード・アーキタイプ

DMPP-02 第2弾「伝説の再誕 -RETURN OF LEGENDS-」

全85種が追加。《アストラル・リーフ》《アクアン》《超竜バジュラ》といったTCG版で活躍したパワーカードが調整され参入した。

この弾で登場した《サウザンド・スピア》がすべての構築に影響を与えることになる。
これまではとりあえず初動で出しておいて損のなかった《アクア・ハルカス》《青銅の鎧》《光輪の精霊 ピカリエ》などが特に大きな打撃を受けることになった。
加えて2000火力に《クリムゾン・チャージャー》《テンペストザウルス》が追加されたためパワー2000以下のウィニーは肩身が狭くなった。
この影響によりブロッカーの信頼性が低い環境になる。前環境では一定数存在したブロッカーに強い種族デッキ【リキッド・ピープル】は、ブロッカーの採用率が低くなったため採用理由に乏しくなった。

【速攻】《サウザンド・スピア》による盤面リセット後も、攻めるための手札が維持できる《アストラル・リーフ》入りが大多数を占めるようになった。青赤青緑が人気であり、《マーチング・スプライト》を活用する青単も存在する。
《アストラル・リーフ》を入れない【速攻】に関しては、「やられる前にやる」を突き詰めた《凶戦士ブレイズ・クロー》《スナイプ・モスキート》《怒髪の豪腕》《シビレアシダケ》《レベリオン・クワキリ》を軸とした【赤緑速攻】と、《アクアン》による手札枯渇対策・《光器ペトローバ》による火力対策を備えた【白青ガーディアン】程度である。

環境上位に君臨したものは、このカードプールでは屈指のパワーカードである「《傀儡将ボルギーズ》」、調整後も《セブ・コアクマン》の相互互換であり十分な性能の「《アクアン》」、スレイヤー獲得の上方修正を受けた「《凶骨の邪将クエイクス》」の3つを手に入れた【青黒バロム】(デュエル・マスターズ プレイス)となる。

光文明は《光器ペトローバ》《聖天使クラウゼ・バルキューラ》《守護聖天グレナ・ビューレ》《日輪の守護者ソル・ガーラ》《時空の守護者ジル・ワーカ》および《アクアン》の参戦により、【イニシエート】【ガーディアン】が大幅に強化されたが、前述の【青黒バロム】で盤面を一掃されてしまうということで相性不利である。

その他数は少ないが、早出しできた場合にはS・トリガー以外ではほぼ逆転の芽を摘める《超竜バジュラ》、最速5ターン目からアタックトリガーを起動でき上振れた際の爆発力が魅力の《紅神龍バルガゲイザー》、多面除去兼制圧後の擬似的な召喚ロックになる《超神龍バイラス・テンペスト》、高速テンポで《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》などを着地できる《幻想妖精カチュア》、バトルでは無敵に近いパワーを持ち自身+あと1体でワンショットできる《超神龍アブゾ・ドルバ》が存在する。

この時期に活躍したカード・アーキタイプ

参考


[1] TCG版でも登場した闘魂編では結果を残せておらず、環境に進出したのは《緑神龍ミルドガルムス》《母なる紋章》《龍仙ロマネスク》などの登場がきっかけである。