特殊敗北(とくしゅはいぼく)

デュエル・マスターズは基本的にクリーチャーによるダイレクトアタックで勝敗を決めるゲームであるが、それを無視してカードの効果によって自分が敗北してしまうこと。
特殊勝利の対義語である。あちらは「エクストラウィン」と呼ばれることが多々あるが、こちらは特に「エクストラルーズ」とは呼ばれてはいない。

無双竜機ボルバルザーク VR 火/自然文明 (7)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン/アース・ドラゴン 6000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、他のパワー6000のクリーチャーをすべて破壊する。その後、このターンの後にもう一度自分のターンを行う。そのターンの終わりに、自分はゲームに負ける。
スピードアタッカー
W・ブレイカー

特定の条件・状況下を満たせば敗北してしまうという、デメリットとしては最上級のもの。
特殊敗北能力を持つカードは、特定の条件を満たすと負けるデメリットの代償として、ゲームを決めかねない強力な能力を併せ持つもの、敗北を一時的にだけ避ける意味で敗北回避系の能力と併せ持つものが中心。
このうち《伝説の禁断 ドキンダムX》《終焉の禁断 ドルマゲドンX》殿堂入り《無双竜機ボルバルザーク》プレミアム殿堂に指定され、後者は公式大会では使用不可となっている。

特殊敗北能力を持つカード一覧

トリガー能力タイプ

《無双竜機ボルバルザーク》このクリーチャーのcipで得たエクストラターンの終わり
《光姫聖霊ガブリエラ》このクリーチャーの能力が誘発した自分の次のターンの終わり
《神帝スヴァ》バトルゾーンを離れた時
《メッチャ無敵なじーさん》このクリーチャーの能力が誘発した自分の次のターンの終わり
《爆笑必至 じーさん》「う〜む、負けそうじゃ」と言いながら、自分の山札の上から3枚を見た時
《凶鬼06号 ギーコギルス》自分のターンのはじめに自分の他のクリーチャーがいなかった時
《ジバボン3兄弟》スーパー・ボーナス次の自分のターンの終わり

常在型能力タイプ

相手が敗北するタイプ

相手がゲームに負けることになるので、どちらかと言えば特殊勝利に近い。

《Q.Q.QX./終葬 5.S.D.》相手が横向きのカードを引いた時

参考