Y(イエスマン)

漫画「FE」に登場する、Yの称号を持つ不亞家のデュエリスト。出身地はギリシャ。

白いマントに黄金の鎧と大きな2本の角とY字の隙間がある兜を身につけている大柄な男。O(オアシス)曰く、感情がないという。
アフターR(レボリューション)の一員であり、世界で初めて「完全決闘」を編み出したとされる。
『Y』の称号を与えられた「FE」終盤の3年前からW戦までの間、完全決闘を宣言したデュエルではそれを破られた事がなかったという。

コロコロコミックのガルドメンバー紹介記事に「実力はザキラ級」とまで書かれていた。

使用デッキ///の4色リアニメイト

作中で初めてデュエルを披露したのは外伝にて。X(キサナドゥ)と共に南極のデュエルマスターを狙い、そこに居合わせた黒城 凶死郎とデュエル。《悪魔神バロム》にシールド2枚を破られるが(完全決闘は宣言していない)、返しのターンに9マナから《封魔秘宝アバランバ》《転生プログラム》のコンボで《機動聖霊ムゲン・イングマール》を呼び出し、マイナーカードである《バーニング・パワー》パンプアップを加えて《バロム》を含む黒城の全クリーチャーを破壊。そのままシールドすべてを破って圧勝した。黒城にダイレクトアタックを決めようとしたが、南極のデュエルマスターの不思議な力によって世界大会会場に飛ばされデュエルは中断。
山札操作からの《転生プログラム》での踏み倒しという実践的な手法から、実用性の低いカードで決定力をつけるプレイングはかなり異質。しかし、これはまだ序の口。

彼の本領が発揮されたのは「FE」終盤。ザキラに反旗を翻したWこと白凰を鎮圧すべくデュエルを開始するが、デュエマの漫画史上今でも名勝負と語り継がれるほどの見事なプレイングを魅せた。
白凰の《ヘブンズ・ゲート》による《天海の精霊シリウス》2体の同時出現に対し、直ちに《インフェルノ・ゲート》《キング・アトランティス》を墓地から呼び出し、《魂と記憶の盾》《キング・アトランティス》除去されれば《ロスト・ソウル》を唱え、《キング・アクアカムイ》召喚されれば《ストーム・クロウラー》で次の《ロスト・ソウル》マナ回収するなど、次から次へと白凰のプレイングに難なく対処していった。
デュエル中盤には《聖鎧亜キング・アルカディアス》を出し、《魔龍バベルギヌス》《光神龍スペル・デル・フィン》リアニメイトしてロックコンボも完成させるという、ガチ戦術を披露する。
それでも、白凰はシールドに《スーパー・スパーク》を仕込んだうえで、《無双海王ソウル・ドルジ》《聖霊王アルカディアス》で、《聖鎧亜キング・アルカディアス》《光神龍スペル・デル・フィン》をバトルで破壊することに成功し、これで白凰が勝利するかのように思われた。
しかし、返しのターンにイエスマンは、まさかの《シヴィル・バインド》を唱えて、白凰の《スーパー・スパーク》を封じて、ダイレクトアタックで勝利を収めた。《シヴィル・バインド》汎用性の低いマイナーなカードであったため、ガチ戦術での応酬の後に、そのようなカードを勝利に直結させるプレイングは、漫画では類を見ない事例であり、多くの読者を感嘆させた。

SX9巻の設定資料集によると正体は先代デュエルマスターにしてザキラにデュエルを教えた師匠であるヤエサルであり、劇中で行方不明となった「デュエルマスターの証」は彼の下に戻っていた事が明かされている。ザキラの師であることに加え、上記の見事なプレイングあって、「ザキラより強いのでは?」と囁かれることもある。

アニメにおいては第6シリーズの「クロス」に登場。
正体不明だった原作とは違い、デュエルマスター・ヤエサルがザキラの力で姿を変えられ手下にされた存在であると明言された。
勝舞と3回デュエルしているが、いずれも勝舞が勝っており、3戦目の敗北後にヤエサルに戻っている。
CVは梅津秀行氏で、デュエルマスター・ヤエサルとの兼任。

ヒーローズ・カードでは非常に目立つ存在であり、《インフェルノ・サイン》《エナジー・ライト》を除く彼のヒーローズ・カードにはカード名に全て「イエス」が入る(《超神龍イエス・ヤザリス》《光神龍ザ・イエス》《至宝 オール・イエス》)。
加えて《至宝 オール・イエス》《インフェルノ・サイン》には、イラストにイエスマン本人がデカデカと描かれている。

  • 「FE」コロコロコミック連載開始となる2005年4月号に付属していた「不亞一族大集結ポスター」での設定では、ザキラの一言一句に忠実に従う家臣の中の家臣らしく、切札は《パワード・スタリオン》

関連カード

関連デッキ

関連パック

参考