手札交換

手札を規定の枚数捨てる山札に戻すと同時に、それと同じ枚数かそれ以上のカードをドローする行為のこと。

サイバー・チューン C 水文明 (3)
呪文
S・トリガー
カードを3枚引く。その後、自分の手札を2枚捨てる。
闘竜麗姫アントワネット C 水/火文明 (3)
クリーチャー:スプラッシュ・クイーン/ティラノ・ドレイク 2000
このクリーチャーが破壊された時、次のうちいずれかひとつを選ぶ。
►バトルゾーンにある相手のクリーチャーを1体選び、持ち主の手札に戻す。
►自分の手札をすべて捨て、同じ枚数のカードを引く。
サイクロン・パニック UC 火文明 (3)
呪文
S・トリガー
各プレイヤーは自分自身の手札をそれぞれの山札に戻してシャッフルし、その枚数と同じ枚数のカードを引く。
魔皇アスティマート R 水文明 (3)
進化クリーチャー:グランド・デビル 5000
進化−自分のグランド・デビル1体の上に置く。
フォートE:ディープ・マリーン(このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、ディープ・マリーンを自分のマナゾーンでタップしてこのクリーチャーを召喚していた場合、このクリーチャーは次のFE能力を得る)
FE−バトルゾーンにあるクリーチャーを1体選び、持ち主の手札に戻す。
フォートE:グランド・デビル
FE−プレイヤーをひとり選ぶ。そのプレイヤーは自分自身の手札を数え、山札に加えてシャッフルし、その後、同じ枚数のカードを引く。
  • 手札操作の得意な文明が得意としていたが、エピソード3あたりからは「手札をすべて捨て、カードを◯枚引く」「手札を◯枚捨て、カードを◯枚引く」タイプの手札交換を文明にも登場し始めた。場合によっては交換前より多くの手札を得られるため、手札枯渇の激しかった火文明の助け船となり、同時に墓地肥やしの手段も手に入れた。
  • の手札交換には「引いてから捨てる」ものが多く、の手札交換には「捨ててから引く」ものが多い。
    手札の質を上げる」という観点では前者の方が使いやすいが、後者は実際に捨てた枚数に関わらずドロー枚数が一定のものがあり、手札が少ない場合には手札補充としても機能する。
    あくまで多いだけであり、それに当てはまらないものもある。(《ダブル・リセット・パンチ》《ホメホメ老句》など。)

参考