レジェンドバトル

デュエル・マスターズ プレイスのイベントのひとつ。
数日間限定で有名なキャラクターのCPUと対戦するソロプレイ形式となっている。
最大の特徴は各キャラクターが持つ「レジェンドスキル」というもので、さまざまな種類の特殊能力を使ってくる。
プレイヤーはそのようなハンデを受けながら戦わなければならず、通常とはひと味違ったデュエマを楽しめる。
勝敗の結果やミッションにより「LEGEND POINT」が貰え、一定数ためると称号やプライズカードを受け取ることができる。

  • にじさんじコラボの「仮想の決闘者 第2弾」以降から、伝説級とのデュエルでLEGEND POINTを獲得できるのが1日1回限定になった(ポイントこそもらえないが、2戦目以降もトレーニングとして再戦することは可能)。
  • 「名誉挽回大作戦」からはデュエルに挑戦するのにミッションやログインボーナスで手に入るチケットが必要になり、指定された時期にならないと次のステージに挑戦できない形式に変わった。[1]
    尚、チケットは勝利時のみ消費され、敗北時でも少量のポイントがもらえることから、敗北を繰り返すことで1日でノルマポイントに達することも理論上は可能である。最終的にチケットは余るが、人より先に報酬・称号を手に入れたいなら、覚えておいて損はないだろう。
    • 基本的にチケット1枚消費につき100ポイント獲得できるが、伝説級はミッションとの兼ね合いからか、10枚消費にもかかわらず500ポイントしかもらえなかった。
    • 「五等分の決闘者」以降の伝説級では、チケット10枚消費で、通常クリア分1000+ミッション分最大3000ポイント獲得に変更された。

レジェンドバトルの歴史

+  2020年
+  2021年
+  2022年
開催日時(2023年)タイトル対戦相手報酬称号報酬PRカード
2月2日~2月13日ゼロの邂逅ウェディング・サスペンス「「祝」の頂」《フェアリー・クリスタル》

コラボゲストのデッキレシピ

ゲストキャラは1度のみの登場の可能性が高いため、キャラクターページは作成せず暫定的にこのページに記録とする。


+  電脳の勇者
+  仮想の決闘者
+  絆の決闘者
+  約束の決闘者
+  仮想の決闘者 第2弾
+  五等分の決闘者
+  仮想の決闘者 第3弾

[1] チケットはミッションとログインボーナスで最大198枚手に入る。なお全ての報酬獲得に必要なポイントは15000なので伝説級のミッションクリアでもらえる4500ポイントがなくてもチケット150枚で全ての報酬を受け取れる。
[2] 正確なテキストは以下のとおりである: 各ターン、初めてメリオダスのシールドがブレイクされる時、かわりに相手のシールドを同じ数までブレイクする。
[3] コスト2の《スパイラル・スライダー》《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》を対象にできない
[4] 《ケンゲキオージャ 〜究極火焔〜》の最終形態以外には変身しないということで、デッキ編成で登場しないカードは別枠のプログラムになっている可能性が考えられる。
[5] 今回のレジェンドバトルの他、《超神星ヴィーナス・ラ・セイントマザー》でも付与できる
[6] 《影武者 ソウル・ブリンガー》や(擬似)シールド・セイバー持ちは、置換効果で離れない耐性を持つクリーチャーを破壊しようとすることができず、置換効果が発動しない。