手札補充

手札を増やすこと。または手札を増やす能力のこと。

《エナジー・ライト》のようなドローするものはもちろん、《アクアン》《スペース・クロウラー》等の、一方または両方のプレイヤーに情報を開示して、そこからカードを取得する行為も指す。他にもまた、マナ回収シールド回収も手札補充と言える。バウンスは手札補充と言われることはあまりないが、一応手札が増えることには変わりはないので、場合によっては手札補充の手段になりうる。

基本的に、ターンのはじめのルール上のドローは、手札補充とは言わない。
また、《エマージェンシー・タイフーン》のような手札交換や、《ロジック・キューブ》のようなサーチ系でも、最終的に手札の総数が変わらないものも、手札補充手段として見られない。

カードゲームにおいて手札が増えるということは手数が増え、それだけ有利になるということ。よって、デッキ構築の際は【速攻】のような余程早くに決着をつけるものでない限りは手札補充の手段は必須と言える。

ハンデスの強さが物語っているように、手札を切らすと次の行動が大幅に制限されるため、それを防ぐために手札補充は常に心掛けておきたい。

山札から手札補充する場合、注意しなくてはならないのはライブラリアウト
手札補充を行いすぎると山札が無くなり、負けてしまう。過ぎたるは猶及ばざるが如しといったところか。そのため、《アストラル・テンペスト》のように強制的に大量のドローを強いられる危険性があるカードは敬遠される。

手札補充の欠点としては他に、手札を増やしている間に攻め切られる恐れがあることが該当するため、【速攻】には注意が必要。

また、《ロスト・ソウル》のようなオールハンデスにも注意。せっかく手札補充を大量に行っても、全部叩き落されてしまったら、すべて水の泡である。相手のマナゾーンの枚数には気を配るべきである。

参考