もしかして

メインストーリーにおける試練の塔については、EPISODE 1 試練の塔 前編EPISODE 2 試練の塔 後編を参照。

試練の塔

デュエル・マスターズ プレイスのイベントのひとつ。
強弱様々なCPUと対戦するソロプレイ形式となっており、連勝数を他プレイヤーと競う対人要素もある。
一度デッキを決めると、負けるかリタイアするまでデッキは変更できない。
全体的にガチ目のデッキを使ってくる傾向にあるので、こちらも持てる全てを投じた最高のデッキを用いて立ち向かおう。
一部のキャラクターはレジェンドバトルでも登場した「レジェンドスキル」を用いてくる。

勝敗の結果や連勝数により「TRIAL POINT」が貰え、一定数ためると称号やプライズカードを受け取ることができる。
また、期間中の最大連勝数に応じて、さらにパックチケット・PRカード等がもらえる。

開催日時(2022年)報酬称号報酬PRカード
6月23日~7月4日「白騎士の開眼者」《白騎士の開眼者ウッズ》
8月25日~9月12日「カゲキリ」《火ノ鳥カゲキリ》
11月3日~11月21日「夢のはるか先へ」《さんばか・チャージャー》
12月28日~1月15日「ヘイ!カモン!」《式神シシマイ》
  • 第1回でCPUが使用するデッキは、同名カードのイラスト違い(シークレット)・加工違い(プレミアム)を混入させる人間臭い構築が見受けられたが、第2回ではその仕様はなくなり、通常版のみを使用するようになった。

第4回目

試練の塔/第4回目

第4回目も第3回目同様ボス以外の敵のデッキがランダムになった。
また、16階より通常敵もサイキック・クリーチャーを使うようになる。

階層プレイヤー名称号
1だるま調整中
2新一初心者
3たま調整中
4トットム考える時間を下さい

5階目

プレイヤー名はキリコ
相手レジェンドスキル「神歌の力」:キリコのオリジンの召喚コストを1少なくする。ただしコストはそのクリーチャーの持つ文明の数より少なくならない。
プレイマットおよびプロテクトはショップで販売されている「キリコ」を使用。

バウンスによる除去を主体としているため《時空の喧嘩屋キル》および《巨人の覚醒者セツダン》が有効。《爆進エナジー・スパイラル》《アクア・バースター》バウンス空撃ちしてくれる。

階層プレイヤー名称号
6マイヤミ調整中
7ゆずこしょう調整中
8カナリア考える時間を下さい
9ポッポ初心者

10階目

プレイヤー名はプリンプリン
相手レジェンドスキル「永遠の姫様」:バトルゾーン、マナゾーン、墓地にあるプリンプリンのクリーチャーはすべて、種族にハンターとエイリアンを追加する。
プレイマットおよびプロテクトはショップで販売されている「プリンプリン」を使用。

階層プレイヤー名称号
11ぽん太経験者
12雪乃初心者
13セイヤ経験者
14おもち経験者

15階目

プレイヤー名はルピコ
相手レジェンドスキル「ルピアモード」:ルピコのドラゴンの召喚コストを2少なくする。ただしコストはそのクリーチャーの持つ文明の数より少なくならない。
プレイマットおよびプロテクトはショップで販売されている「ルピコ(覚醒)」を使用。
称号は「二人、一緒に」、スキンはDMPB-03シークレット《超次元ボルシャック・ホール》を入手すると手に入るものを使用。

階層プレイヤー名称号
16わらやまプレイ少し遅めです
17ベンちゃんエモートオフ
18ぎでおんエンジョイ
19もやし炒めエンジョイ

20階目

プレイヤー名は[[]]。
相手レジェンドスキル「」:

参考