幽影(ゆうえい)スピナ・ペドロ》

幽影スピナ・ペドロ C 闇文明 (5)
オレガ・オーラ:マフィ・ギャング/デリートロン +4000
これを付けたクリーチャーに「パワード・ブレイカー」を与える。(「パワード・ブレイカー」を持つクリーチャーは、そのパワー6000ごとにシールドをさらに1つブレイクする)
このオーラを自分の墓地から使ってもよい。
オレガ・オーラ:これを自分のGRクリーチャー1体に付けるか、1体GR召喚してそれに付ける。そのクリーチャーがバトルゾーンを離れたら、これも同じゾーンに行き、その後、そのGRクリーチャーは自分の超GRの一番下に戻る。

DMRP-09で登場したマフィ・ギャング/デリートロンオレガ・オーラ

墓地からプレイできる能力を持つが、それ以外はパワード・ブレイカーしか持たない準バニラ。

超GRがすべてパワー2000以上であれば、墓地から出せる5コストパワー6000以上の2打点は約束されるが、それでも高速化した今の環境では5コストで準バニラというのは心許ない。

なにより、文明が違うとはいえ、同じく墓地からプレイでき、《FORBIDDEN STAR〜世界最後の日〜》封印を外せて、コマンドスピードアタッカーによってすぐに侵略元となれる《終断δ ドルハカバ》と比べると、かなり見劣りする。

後に、コスト8以下のオーラをリアニメイトできる《大卍罪 ド・ラガンザーク 卍》が登場してしまったため、もうこのカードが使われることはもうないだろう。

さらに、同コストで墓地から唱えられる上に、コスト4以下の闇のオーラを2枚出せる《絶望と反魂と滅殺の決断》が登場。
墓地からプレイできない点を除けば、コスト4の闇のオーラには、このカードより実用性に富んでいるカードが沢山いるため、自力で墓地から使えるオーラというアイデンティティはあってないものとなってしまった。
今後はそれらが使えないコモン縛りに限られるだろう。

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考