フレーバーテキスト

カードテキストの下に書かれている、デュエル・マスターズ背景ストーリーを語る文章。
フレーバー【Flavor】とは風味・香り付けなどという意味であり、カードに色味を加える文章ということである。

各カードの、テキストが書かれている枠内の下のほうに、小さな文字で書かれている。デュエル・マスターズの空想世界を語るもので、書かれているカードが空想世界ではどんな活躍をしているのかを示している。

なお、これらはあくまでデュエルを盛り上げるためのものであり、ゲームのルールには全く関わりはない

爆熱血 ナレ太郎 P 火文明 (3)
クリーチャー:ヒューマノイド爆/ナレーター 3000
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、このクリーチャーのフレーバーテキストを読んでもよい。10秒以内で読めたら、そのターン、自分のクリーチャーすべてに「スピードアタッカー」を与える。
赤城山バサラ P 闇/火文明 (0)
デンジャラス・カード
自分のターンのはじめに、このカードのフレーバーテキストを読んでもよい。デンジャラスでダイナマイトに読めたなら、そのターンに召喚したクリーチャー1体を選び、スピードアタッカーを与える。(このカードはチームの一人だけがゲーム中、一度だけ使える)

形式としては、ナレーションのような客観的な記述、またはクリーチャーが喋っていることが多い。他にも、カードの効果を強く意識した主観的なものや、何らかの記録から抜粋したような形式も時折見られる。

  • DM-01 第1弾DM-02のフレーバーテキストは中村聡(NAC)氏が手がけた。氏は著名なカードゲームプレイヤーでライターやゲームデザイナーでもあり、秀逸なものが非常に多い。
  • フレーバーテキストが何らかの元ネタを持っているものもある程度存在する。(例:《花風の浪士ムネミツ》は陸奥宗光の言葉)
  • 初期の頃は余白があるのにもかかわらずフレーバーテキストが書かれていないものも多かった。現在は改善されつつあり、特に戦国編のカードは今までよりも遙かに詳しく背景ストーリーを読み取る事が出来る。エピソード2以降は専らバニラクリーチャーがその役割を担っており、中には4行に渡るフレーバーテキストを持つ物も
  • 弾数を重ねるとともに、フレーバーテキストは徐々に長くなっていく傾向にある。また、空想世界内でのクリーチャーの台詞がそのままフレーバーテキストとして用いられていると思われるものも増えている。
  • デュエル・マスターズ プレイスではデッキ編成やカードリスト閲覧時に個別のカード情報を閲覧する事が可能だが、そこではテキストは勿論、フレーバーテキストも確認できる。バニラカードではテキスト欄は空白となっているが、DMPP-06現在なんと全てのカードでフレーバーテキストが設定されている。つまり、当ゲームに登場するカードには全てフレーバーテキストが設定される可能性が非常に高い。
    • 今までフレーバーテキストの記載が無かったカードはオリジナルの内容となり、記載があったカードには基本的にそのままのもの(複数あった場合はどれか一つ)が用いられている。まだゲームで登場していない比較的新しい弾のクリーチャーや種族に触れていたり、原作プレイヤーキャラクターの台詞だったり、内容がメタいものだったり、はたまた特に理由が不明な場合もあるが、一部のカードでは既存のものが存在していてもオリジナルが採用されている。
    • オリジナルのものはクリーチャー種族の特徴や歴史をわかりやすく伝えるものか、カードの能力やイラストから連想されるものとなっており、クリーチャーの台詞形式となっているものは台詞部分の「」が外されている。

フレーバーテキストを参照する能力を持ったカード

参考