絶望と反魂と滅殺の決断(パーフェクト・ダークネス)

絶望と反魂と滅殺の決断 SR 闇文明 (5)
呪文
この呪文を、自分の墓地から唱えてもよい。そうしたら、唱えた後、墓地に置くかわりに自分の山札の一番下に置く。
次の中から2回選ぶ。(同じものを選んでもよい)
►相手は自身の手札を1枚選んで捨てる。
►コスト4以下の闇のクリーチャー1体またはコスト4以下の闇のオーラを1枚、自分の墓地からバトルゾーンに出す。
►相手のクリーチャーを1体選ぶ。このターン、そのクリーチャーのパワーを-4000する。

DMRP-12で登場したパーフェクト呪文

墓地からこの呪文を唱えて、唱えた後置換効果山札の下に置かれる能力と、モードとして相手に1枚セルフハンデス、コスト4以下のクリーチャーオーラリアニメイト、相手クリーチャー1体に4000のパワー低下の3つの中から2回選んで実行できる能力を持つ。

墓地からこの呪文を唱える能力は強力で、このカードをディスカードにして墓地から唱えるのもよし、手札から唱えてからリサイクルのようにもう一度墓地から唱えることもよしで、とても使い勝手がいい。

1つ目のモード能力のセルフハンデスは、2回選べば《デモニック・バイス》と同等の効果を得られるため、この呪文はあちらの完全上位互換となる。

2つ目のモード能力のリアニメイトは、《生命と大地と轟破の決断》の2つ目のモード能力と比較すると、踏み倒せるコストの範囲が1下がり、文明も闇に限定されてしまった。
しかし、オーラも出すことができるため、《異端流し オニカマス》など一部のコスト踏み倒しメタは怖くない点、マナを減らさないためリスクが少ない点で優れている。
また、進化も対象になるので、2回連続でこのモードを使うことで、進化元がいない状態からでも、進化元を用意してそのまま進化クリーチャーを出すというプレイングも可能。
リアニメイトは通常墓地が上手く肥えていなければ腐ってしまうデメリットがあるが、その場合でも上下のモードを選べるため腐り辛いのも強み。

3つ目のモード能力の4000のパワー低下は、大体のシステムクリーチャーを除去する事が可能。《九番目の旧王》の全体パワー低下と違って、《U・S・A・BRELLA》を倒しつつ、1つ目のハンデスも使える点が優秀。
パワー低下を重ね掛けすれば、パワー8000までのクリーチャーを破壊できるため汎用性が高い。
パワー8000というと登場時の環境では《エモG》が主な例となる。

相性の良いカードの例としては《天災 デドダム》が挙がる。マナブーストで3→5と繋がり、リアニメイト対象にもなりながら手札補充、墓地肥やしによりこのカードおよび別のリアニメイト対象のカードも探すことが出来る。

ルール

  • ハンデス効果を2回使う場合は1回ずつ処理するのが正しい処理であり、2枚同時に捨てさせるのは誤り。

環境において

超天篇環境終盤から十王篇環境序盤にかけては【4色ドッカンデイヤー】で活躍。

2020年7月1日殿堂レギュレーション改訂の影響で相対数を増やした【チェンジザドンジャングル】【青黒緑デッドダムド】のパーツとしても存在感を示した。

双・超マーク2ブロック構築環境では【黒赤緑バーンメアジョーカーズ】で活躍。

オリジナル環境では【デ・スザーク】【青黒緑デッドダムド】【4色鬼羅.Star】で使われる。突出した汎用性の高さ、オリジナルにおける【青黒緑デッドダムド】の地位の高さなどから、王来篇になると殿堂入り候補の一角となった。この頃には、《天災 デドダム》《闇鎧亜ジャック・アルカディアス》が呼び出し範囲内に入ることが活かされる形で、【5色コントロール】で使われるようにもなった。2021年7月1日殿堂レギュレーション改訂では殿堂カード化を免れた。2020年12月18日殿堂レギュレーション改訂以降2度も新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言が発令され、大会の中止が相次ぎ十分なデータが集まらなかったためと見られる。

他のカード、デッキとの組み合わせ

その他

  • 2021年7月1日殿堂レギュレーション改訂の発表で殿堂入りを免れ、結果としてシングルカードの価格が暴騰した。
  • 山札がこのカード複数枚のみ、マナが10マナ以上あると、この呪文を毎ターン手札墓地から唱え続けることで山札が尽きることなくターンを続けることができる。パワー低下ハンデスで妨害しつつ相手のライブラリアウトまで粘り続けることも不可能ではない。
  • 名前はそれぞれ絶望(ハンデス)、反魂(リアニメイト)、滅殺(パワー低下)のどれかを選択することを『決断』することを指していると考えられる。

サイクル

超天篇で登場したパーフェクト呪文サイクル

関連カード

収録セット

参考