《ボルシャック・テイル・ドラゴン》

ボルシャック・テイル・ドラゴン R 火文明 (4)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン 5000+
S・トリガー(このクリーチャーをシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ召喚してもよい)
このクリーチャーが出た時、相手のクリーチャーを1体選んでもよい。その選んだクリーチャーとこのクリーチャーをバトルさせる。
シビルカウント3:自分の火のクリーチャーまたは火のタマシードが合計3つ以上あれば、このクリーチャーのパワーを+2000し、「W・ブレイカー」を与える。(「W・ブレイカー」を持つクリーチャーはシールドを2つブレイクする)

DM22-RP1で登場したアーマード・ドラゴン

素でパワーの高いS・トリガー獣であり、cip効果バトルを行える。
また、火のシビルカウント3を達成することで、パワーが+2000されW・ブレイカーを得る。

《ボルシャック・バトクロス》に続くボルシャックの防御札。
本体スペックはパワー5000の効果バトルだが、シビルカウント達成時はパワー7000で効果バトルできる。

パワー5000での射程はそれほど広いわけではないが、【我我我ブランド】【赤緑“逆悪襲”ブランド】系統には十分。コストも低く、《ボルシャック・秘伝・ドラゴン》のように、手打ちで相手の小型メタクリーチャーを狙うという使い方も出来る。

《熱血龍 バトクロス・ハンマー》など、原則S・トリガー前提となるドラゴンの防御札とはコスト4という取り回しの良さで差別化したい。
同じボルシャックカテゴリ内の《ボルシャック・バトクロス》と比較した場合、墓地が肥えていた場合の除去射程では《バトクロス》の方が上だが、実戦では【赤緑ボルシャック】は大して墓地を肥やさないため、射程範囲にそう違いは出ない。軽量化した分、こちらが優位と言えるだろう。

シビルカウントを達成すれば2打点になるが、スピードアタッカーを持たないので何らかの手段で付与してやるか、緊急時の気休めと考える程度がちょうど良いだろう。

サイクル

DM22-RP1で登場した、シビルカウント達成で強化されるS・トリガーサイクル
レアリティは全てレアの横サイクルとなっている。

また、4体のクリーチャーはいずれもコスト論の計算上S・トリガー抜きでも通用しそうな高パワーを持つ共通点がある。

関連カード

収録セット

参考