W(ダブル)・ブレイカー

W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2つブレイクする)

DM-01から存在し、1回の攻撃シールド2つを同時にブレイクできるというキーワード能力。(2017年3月25日ルール改訂以前は1枚ブレイクを2回行える行為だった)

ボルシャック・ドラゴン VR 火文明 (6)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン 6000+
W・ブレイカー
攻撃中、このクリーチャーのパワーは、自分の墓地にある火のカード1枚につき+1000される。
  • 2017年3月25日ルール改訂にブレイクのルール改定があった為以前の挙動を取ることができなくなったもしくは以前では取ることができなかった挙動をとることができるカードが増えた。詳細はそちらへ

#region2(過去のルールにおいて){{
-途中でシールドブレイクしているクリーチャーS・トリガー破壊されるなどして場を離れても、シールドは最後までブレイクされる。これはT・ブレイカーなども同様である。

-W・ブレイカー持ちのクリーチャーが1つ目のシールドブレイクして《深緑の魔方陣》などによってシールドが増えた時、2つ目をブレイクする時に増えたシールドブレイクしてもよいことになっていた。

-実際のプレイングにおいて、1回の攻撃シールド2つを一度にめくるプレイは誤りであり、ルール違反である。正しくはシールドを1つずつブレイクし、S・トリガーを持つカードの場合その効果をすべて解決したのち、次のシールドブレイクする。その後ルール改訂があり上記のように1回の攻撃シールド2つを同時にブレイクし、その中から、S・トリガーを持つカードの場合その効果をブレイクされたプレイヤーが好きな順序で解決するようになった。
}}

  • 漫画やアニメでは演出の都合上、現在と同じ様に同時に複数のシールドブレイクされることがほとんどであった。以前はこれは正しい表現ではなかったが、一応効果についてはちゃんと解決してから、次のシールドに移っている。
    なお、アニメ「ビクトリー」以降では、当時のルールにのっとり律儀に1つ1つS・トリガーチェックをしながらプレイするようになった。
  • 古くは「W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2ブレイクする)」と表記されることが多かったが、革命編最初のエキスパンションであるDMR-17を境に「W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2ブレイクする)」に表記が改められた(DMD-21DMR-17を比較するのが最も分かりやすい)。これはシールドというオブジェクトをカウントする場合は「1つ2つ3つ…」と数え、1つのシールドを構成するシールドカードをカウントする場合は「1枚2枚3枚…」と数える方針を統一させる狙いがあると思われる。

参考