()えろ!アポロソくん》

燃えろ!アポロソくん R 火/自然文明 (5)
クリーチャー:ジョーカーズ/チーム切札 5000
マッハファイター(このクリーチャーは、バトルゾーンに出たターンの間、タップまたはアンタップしているクリーチャーを攻撃できる)
このクリーチャーが攻撃する時、自分のシールドを1つブレイクしてもよい。このようにしてシールドをブレイクしたら、自分のマナゾーンのカードを6枚までアンタップする。

DMRP-16で登場した/自然ジョーカーズ/チーム切札

キリフダッシュをより確実に発動するための効果によるブレイクと、キリフダッシュでカードを使うためのマナの確保という、完全にキリフダッシュのサポートに特化された能力になっている。《モモダチ ケントナーク》《飛べ! イカロソくん》の能力をキリフダッシュに偏らせたようなもの。

相手のシールドをブレイクせずにキリフダッシュが使えるため、S・トリガー《終末の時計 ザ・クロック》なども全く怖くない。さらにマッハファイターによって、キリフダッシュの天敵である《奇石 ミクセル》を狩りに行ける。

ただし、《飛べ! イカロソくん》と違い、バトルゾーンに相手のクリーチャーがいる、かつ自分のシールドが1つ以上なければ、出たターンはキリフダッシュのサポートが一切できなくなってしまう。

加えて、キリフダッシュ持ちがいない場合の単体性能はかなり低い。
《モモダチ ケントナーク》アタックトリガーで相手のシールドもブレイクでき、ビートダウンを促進できた。
《飛べ! イカロソくん》スピードアタッカーを持つのでキリフダッシュと組ませなくても純粋な1打点として使えた。
《アポロソくん》はそのどちらも担えないということには注意したい。

デフォルトで、使用するマナより回復するマナのほうが多いという驚異の性能を持っているが、マナゾーンのカードの枚数が6枚に達していないとマナ回復の性能が落ちてしまう。

自分のシールドをブレイクする能力は任意発動なので無駄にシールドを減らしてしまうことはない。またS・トリガーの発動に制限がないので、暴発目的での利用も考えられる。

アタックトリガーのため、Jチェンジで出た場合は能力はトリガーしない。(>タイミング

《ドンドド・ドラ息子》J・O・E2を付与すれば、3マナもマナ回復できるようになる。J・O・Eで場を離れる前にマッハファイターで動けるので、相性は良好。

関連カード

フレーバーテキスト

  • DMRP-16
    太陽に近づきすぎたイカロソくんは、燃え尽きてしまい……燃え尽きの向こう側で、アポロソくんにパワーアップして帰ってきた!!

収録セット

参考