終末の時計(ラグナロク) ザ・クロック》

終末の時計 ザ・クロック R 水文明 (3)
クリーチャー:アウトレイジMAX 3000
S・トリガー
このクリーチャーが出た時、ターンの残りをとばす。(次のプレイヤーのターンをすぐに始める)

優勝者賞として先行登場し、DMR-09に収録されたアウトレイジMAX

ターンの残りをとばす能力を持った初のカード。

その性質上、自分のターンに出すメリットは薄く、S・トリガーで相手ターン中に出すことが基本の運用となる。相手ターンに出してcip解決されれば、その時点でターンが終わるため、相手はもう攻撃を行えなくなる。

強制的にターンが移るため、S・トリガーで出た場合相手がこのクリーチャーを即座に処理することはほぼ不可能と言って良い。確実に自分のターンに持ち越せるため、そこから進化《無重力 ナイン》G・ゼロの起点にしやすいのは大きな利点。

また、生き残った《ザ・クロック》を《守護聖天タテブエ・ヤッホー》等で繰り返しシールドに追加してやれば、シールド焼却を持たないデッキは勝ち筋を大きく縛られることになる。

S・トリガーなので《アクア・スーパーエメラル》等でシールドに仕込みたいところ。自身も殴れるので、ビートダウンデッキにも入れやすい。また、相手ターンクリーチャーを出せる《地獄門デス・ゲート》《緊急再誕》等とも相性が良い。このクリーチャーは軽く、比較的コスト踏み倒しは容易であるところが嬉しい。

防御用S・トリガーの選択肢としては《スローリー・チェーン》《スーパー・スパーク》がある。それらに勝るのは、前者であれば《超戦龍覇 モルト NEXT》のような遅延誘発型タイプの2回攻撃キリフダッシュ《龍装者 バルチュリス》などの着地を防げたり、後者であれば《ダイヤモンド・ソード》のような攻撃制限の解除までも無力化できたりすること。
また、かつては複数ブレイク持ちに攻撃されていてもブレイク数を1枚で抑えられていたが、2017年3月25日ルール改訂により、W・ブレイカー等の複数ブレイクは全て同時にブレイクされることになったため、前述したブレイクを途中で止める技は使えなくなり、弱体化した。

劣る点は《スローリー・チェーン》のように自分のターン空撃ちして仕込んだり、各種スパークのように反撃として自分のターンに撃つことができないところである。

自分のターン中に使いづらいというのは大きな弱点。そのターン中、もう何も行動するつもりはなくて頭数が欲しいという場合ぐらいでしか召喚はできない。
「自分のターンの終わり」に発生するデメリットを帳消しにするコンボを狙う場合はその限りではないが。

呪文ではないため《闇鎧亜クイーン・アルカディアス》《光神龍スペル・デル・フィン》などの妨害を受けないのも強力。【シノビドルゲーザ】などの《音精 ラフルル》といった呪文封殺からの一斉攻撃を得意とするデッキに対しては耐性があると言えるだろう。

ただし、自分ターン攻撃中に、相手のS・トリガーによる《リアルとデスの大逆転》《父なる大地》によって強制的に出され、逆に自分の勢いが止められる場合もある。

また《暴走龍 5000GT》《ボルシャック・クロス・NEX》を出されると一切召喚することができなくなるため注意。これらの場合は召喚ではない出し方をすればまだ手はあるが、《龍世界 ドラゴ大王》のように出ることそのものを封じられたり、《界王類絶対目 ワルド・ブラッキオ》cipそのものを封じられると働かなくなってしまう。相性のいい呪文との併用が望ましいと言えよう。

総じて強力だが癖の強いクリーチャーであり、相手に利用されないように運用したい。

ルール

ゲームにおいて

環境において

登場当初から原則として1ターンを確実に凌げるS・トリガー獣として水の入るデッキには広く使われた。エピソード3環境のトップメタである【シューゲイザーワンショット】は一度に大量の打点を生み出すワンショットデッキであり、除去トリガーでは手遅れになる場面が多々あったためこのカードやスパーク系呪文が重用されていた。
一方で、当時猛威を奮っていた《勝利宣言 鬼丸「覇」》追加ターンを止められないことやS・トリガーで捲れた時以外の弱さは明確な課題でもあった。

革命編以降は【レッドゾーン】などに代表されるようにビートダウンが激化しており、1ターンを凌げるかどうかが勝負を左右することがざらになった。当時は手軽で広汎なカウンター封じがあまりなかったため、このカード次第で勝負が決まる対戦を「運ゲー」と非難する者も少なくなかった。そうなってしまった背景としては、色の合わない【赤単レッドゾーン】にただ4枚のカードとして使われることが多かった。速度で対抗するデッキに対してその速度を否定するカウンター札として機能していたのである。
このカードは環境でよく使われるため、水が入るデッキと対峙した場合はビートダウンコントロール関係なくほとんどが警戒される。双極篇以降の環境では1ショットキルを決めに行く時に《「本日のラッキーナンバー!」》で3を宣言して封じられることがよくある。

ところが超天篇環境になると《禁断機関 VV-8》《次元の嵐 スコーラー》《月下卍壊 ガ・リュミーズ 卍》などの手軽な追加ターン獲得手段が再び環境に進出し、このカードもエピソード3環境と同じように腐る場面がそこそこ目立つようになった。そのため、コンセプトの合う【クラッシュ“覇道”】ですら全抜きする型が偶に見られるようになった。前述の《「本日のラッキーナンバー!」》のようなカウンター封じが多くなり、双極篇環境以降汎用性重視の風潮が続くのも大きい。

また、同時期にターン飛ばしを行える呪文として《ルシファー》が登場。
それぞれ単色or多色、クリーチャーor呪文といった違いがあるので、何とか差別化しよう。

2020年1月1日に《「本日のラッキーナンバー!」》が殿堂入りするも、直後に環境トップに立った【ドッカンデイヤー】はループでの勝利が可能なためそもそもS・トリガー自体が意味をなさず、【バーンメアジョーカーズ】に対しても《ジェイ-SHOCKER》で封じられることがあるためか、活躍の機会に恵まれない状況は依然続いていた。

王来篇環境に入ると新たな採用先である【赤青ヴァイカー覇道】がトップメタの一角となり、ブレイクせずに勝つデッキがあまり環境に存在しなくなったため、使用率が回復。

その他

  • MODE→CHANGEフレーバーテキストは「終り」になっている。
    原則的には「終わり」が正しいのだが、許容として「終り」も認められているので間違いではない。
  • 2020年1月19日開催のWHFにて行われる謎のブラックボックスパック先行販売にて、謎のブラックボックスパック1BOXを購入すると、このカードのアルトアート版が貰える。そのアルトアートイラストはなんと、クロックの顔がCMでタイアップした松崎しげる氏の顔にすり替わっており、更にカード全面が黒光り仕様となっている。
  • 「ラグナロク」とは北欧神話における終末の日のこと。続くはずだったターンを終わらせるこのクリーチャーに相応しい二つ名と言える。
  • その後「VS」第34話にて孔明がデュエマ甲子園初戦の勝太戦で使用。この時CGがあるにも関わらずセル作画で登場した。

戦績

アニメ「デュエル・マスターズ ビクトリーV3」

  • 通算戦績:1戦0勝1敗
    話数対戦相手勝敗
    11話切札 勝太敗北

旧テキスト

終末の時計 ザ・クロック R 水文明 (3)
クリーチャー:アウトレイジMAX 3000
S・トリガー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、ターンの残りをとばす。(次のプレイヤーのターンをすぐに始める)

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考


公式Q&A

Q.「W・ブレイカー」を持つクリーチャーにブレイクされたシールドが《終末の時計 ザ・クロック》《ドンドン吹雪くナウ》だったので、それら2枚の「S・トリガー」の使用を宣言しました。
先に《終末の時計 ザ・クロック》をバトルゾーンに出した場合、その「出た時」の能力と《ドンドン吹雪くナウ》はどちらから解決しますか?
A.「S・トリガー」で宣言していた《ドンドン吹雪くナウ》を先に解決します。クリーチャーは召喚することまでが「S・トリガー」能力で、バトルゾーンに出た時にトリガーする能力は一度待機状態になります。複数の効果が同時に存在する場合、常に 「S・トリガー」の効果を優先して処理します。(総合ルール 112.3a)
引用元

Q.《ネオン・ジオング》を使ってクリーチャーをバトルゾーンに出しました。その後の攻撃で相手がS・トリガーで《終末の時計 ザ・クロック》を出してターンを飛ばしたらどうなりますか?
A.《ネオン・ジオング》で出したクリーチャーはそのターンの終わりにマナゾーンに置くことになりますが、そのターンが飛ばされたのであればそのままバトルゾーンに残ることになります。
引用元

Q.《鬼ヶ王魔 エンド・ジャオウガ》の「鬼エンド」能力で得た追加ターン中に《終末の時計 ザ・クロック》がバトルゾーンに出ました。そのターンの終わりに、自分のクリーチャーを全て破壊しますか?
A.いいえ、ターンの残りをとばすので、自分のクリーチャーは破壊しません。「ターンの終わりに」の能力はトリガーせず、次の相手のターンを始めます。
引用元