霊騎(れいき)レングストン》

霊騎レングストン UC 光文明 (4)
クリーチャー:アーク・セラフィム 2000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、バトルゾーンにある自分のクリーチャーの数と同じ枚数のカードを自分の山札の上から表向きにする。その中から呪文をすべて手札に加え、それ以外のカードをすべて好きな順番で山札の上に戻す。

DM-19で登場したアーク・セラフィム

クリーチャーを展開すると呪文を補充できる。

序盤から無駄なくクリーチャーを出すことが出来れば4ターン目からでも3枚程効果を発揮することが可能。
また、この手の手札補充能力は残ったカード山札の下に送ることが殆どだが、このカードは山札の上に戻すことが出来る。そのためスリリング・スリー等と合わせたり、このカードの能力で引き当てた《転生プログラム》をそのまま使って大型クリーチャーに繋げることも可能。
非常に柔軟な使い方が出来るので、呪文をあまり使わないデッキでも投入してみる価値はある。

  • 漫画「フラッシュ」でテンクロウが使用。

デュエル・マスターズ プレイスでは

霊騎レングストン UC 光文明 (4)
クリーチャー:アーク・セラフィム 2000
バトルゾーンに出た時、自分のクリーチャー1体につき1枚、自分の山札の上からカードを表向きにする。その中から呪文をすべて手札に加え、それ以外を山札に戻しシャッフルする。

呪文を手札に加えるまではTCG版と同じだが、トップの操作はできなくなった。

フレーバーテキスト

収録セット

デュエル・マスターズ

デュエル・マスターズ プレイス

参考