タップ

「タップする」とは、カードを横向きにすること。
「タップ状態」「タップされている」とはカードが横向きであること。

主として、カードが使用済みであることを示す。
基本的に、マナゾーンカードマナコストの支払いに使った時に、バトルゾーンクリーチャー攻撃またはブロックしたときにタップされる。
タップされたマナゾーンカードマナコストの支払いに使えず、タップされたクリーチャー攻撃ブロックに参加することができない。

プレイヤーターン開始ステップマナゾーンカードクリーチャーアンタップすることで、再びそれらのカードを使用できるようになる。

  • 「タップする」の公式の定義は「バトルゾーンマナゾーンにあるカードを横向きにすること」である。ただしタップインバトルゾーンマナゾーンに置かれる前にすでにタップされているという裁定になっている。
    • タップは物理的には90度横向きに傾けることが理想であり、これは『デュエル・マスターズ パーフェクト ルール BOOK』など公式ガイドブックでも指南されている事柄である。
  • クリーチャーをタップさせる効果は既にタップ状態のクリーチャーには何もしない。この場合、タップしたことにはならず、タップしたことを誘発条件とするタップトリガーは誘発しない。
  • タップさせる能力はのカードに多いが、もわずかながらクリーチャーをタップさせるカードがある。
  • ウィザーズ・オブ・ザ・コースト社はタップという言葉に関して商標登録をしており、WotC社の許可なく、勝手に使うことはできない。他社製のカードゲームでタップに代わる用語を使っているのもこのため。

参考