タップ能力(のうりょく)

攻撃できる時にタップすることで起動できる起動型能力。あるいは、それによって参照するアイコン能力

古くは「アタックトリガー」に倣い「タップトリガー」と呼ばれていた。しかしこの能力はトリガー能力ではないので現在ではそう呼ばれることは少ない。
Wikiでは"TT"と表記されている[1]

ピーカプのドライバー R 火文明 (2)
クリーチャー:ゼノパーツ 1000
このクリーチャーで攻撃するかわりに、タップして次のTT能力を使ってもよい。
TT−相手の「ブロッカー」を持つクリーチャーを1体破壊する。
守護聖天アーク・バイン R 光文明 (5)
進化クリーチャー:ガーディアン 5000
進化−自分のガーディアン1体の上に置く。
バトルゾーンにある自分の光のクリーチャーをタップし、攻撃するかわりに次のTT能力を使ってもよい。
TT−バトルゾーンにある相手のクリーチャーを1体選び、タップする。

DM-06で初登場して以来、長い間登場し続けている能力

攻撃ステップ中、この能力を持つクリーチャー攻撃できる場合、攻撃するかわりにタップすることで決められた効果を生み出すことができる。

ただし、アタックトリガー同様、召喚酔いによるタイムラグが欠点。能力の起動は召喚した次のターンに持ちこされることが多いため、除去に狙われると弱い。

やはり、即効性があるcip能力の方が好まれる傾向にあるが、こちらは永続性があるのが長所。生かしてしまうと最終的にとんでもないアドバンテージを生んだり、ロック状態にされてしまう場合もある。

また、タイミング攻撃クリーチャー選択時なので、《メタルコックのタイマー》など、cipや普通の呪文などでは出来ない芸当をやってのけるものもある。

アタックトリガーと同様、工夫して使っていきたい。

ルール

  • タップ能力使用時に、クリーチャーをタップさせたことで他のトリガー能力がトリガーした場合、まずタップ能力を先に解決してから、そのトリガー能力の解決に入る。
    • 例えば、《凶鬼67号 アゴクイ》がいる時に《G・アイニー》をタップしてタップ能力を起動させた場合、《アゴクイ》の能力で《G・アイニー》を破壊できるのは、《G・アイニー》のタップ能力を解決した後になる。

その他

タップ能力に関連する効果を持つカード

参考


公式Q&A

Q.《残虐覇王デスカール》 が、「次のターンのはじめまで攻撃もブロックもできない」状態になっているとき、タップ能力は使えますか?
A.使えません。タップ能力は攻撃の代わりに行うものなので、攻撃ができる状態でなければいけません。
引用元

Q.《ラッシュ“ATK”ワイルド》《瞬閃と疾駆と双撃の決断》の「このターン、そのクリーチャーの最初の攻撃の終わりに、そのクリーチャーをアンタップする。」能力で《ピーカプのドライバー》を選びました。この《ピーカプのドライバー》タップ能力を起動した場合、アンタップできますか?
A.いいえ、攻撃の終わりに誘発する能力ですので、タップ能力を起動した場合アンタップできません。(総合ルール 510.1)
引用元


[1] 「Tap Trigger」の略。前述の通り「タップトリガー」は廃れたが、Wikiの修正には時間がかかる都合上、今でもその書き方が残っている。