騒乱(そうらん)(かげ)ウエスタン・バレル》

騒乱の影ウエスタン・バレル C 闇文明 (3)
クリーチャー:ゴースト 1000
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手は自身の手札を1枚選び、捨てる。

DM-14で登場したゴースト

cip能力により、相手の手札を1枚、捨てさせる。

3ターン目から場にクリーチャーを残した上でのハンデスは非常に強力である。
だが相手が選ぶため《永遠のリュウセイ・カイザー》などのマッドネスが飛んできやすいという弱点がある。
ゴーストであることを活かして、《死皇帝アザガースト》《拷問の影カワハギ・ジャケット》を中心に低コストゴーストを使いまわすデッキなどへの投入が考えられる。

DM-30《威牙忍クロカゲ》という完全上位互換が出現したが、そこまで使い勝手は変わらないためこのカードの立場が無くなったわけではない。むしろ合わせて8枚デッキに入れても問題ない。
ただ、同コストにはブロッカーで腐りづらい《西部人形ザビ・バレル》スレイヤー持ちの《爆弾魔 タイガマイト》があるため、種族等のシナジーを考慮するデッキで5枚目以降の《威牙忍クロカゲ》として使うこととなるか。

また、DMRP-01ではこのクリーチャーと同じスペックであり、さらに自分のターン中に破壊されたら蘇る《魔薬医 ヘモグロ》が登場したため、種族を活かしたデッキでなければ活躍は厳しい。

さらに、DMRP-04魔 「デュエル・マスターズ 新4弾 誕ジョー!マスター・ドルスザク!!〜無月の魔凰〜」では《ヘモグロ》と同じくコスト3でマフィ・ギャングと新種族魔導具をもった《堕魔 グリペイジ》が登場。あちらは自分が捨てる手札を選べるため、マッドネスを誘発させにくい。このクリーチャーと比べると時代の流れを感じさせる1枚である

  • 漫画「SX」番外編では大学教授がザキラ戦で使用している。

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考