《シバク・ルピア》

シバク・ルピア C 火文明 (3)
クリーチャー:ファイアー・バード/アンノイズ 1000
自分のアンノウンをバトルゾーンに出した時、相手のパワー4000以下のクリーチャーを1体破壊する。

DMR-06で登場したファイアー・バード/アンノイズ
自分のアンノウンバトルゾーンに出た時、4000火力を放つルピアである。

4000火力は大方のシステムクリーチャーを焼くことができ、決して弱くはない。

だが、居場所が《モエル 鬼スナイパー》と被っている。
《モエル 鬼スナイパー》能力発動条件は「このクリーチャー、または自分の他のコスト7以上のクリーチャーをバトルゾーンに出した時」であること、今のところアンノウンはすべて7コスト以上であることから、「《シバク・ルピア》が反応して、《モエル 鬼スナイパー》が反応しない状況」は存在しない。
さらに、あちらはS・トリガーを持ち、優秀な種族を2つ多く持っている。
従って、エピソード2時点では《モエル 鬼スナイパー》の方が優秀と言えよう。

こちらは種族ルピアを活かしたデッキで使いたい。

  • 「シバク」とは関西方面の言葉で「殴る・叩く(要は「喧嘩する」)」などを意味している。

サイクル

DMR-06アンノイズサイクル。アンノウンバトルゾーンに出た時能力を使える。

フレーバーテキスト

収録セット

参考