コスト軽減

カードプレイもしくは能力起動に支払うコストを軽減すること。また、そのような効果を生成する能力

コッコ・ルピア UC 火文明 (3)
クリーチャー:ファイアー・バード 1000
自分のドラゴンの召喚コストを2少なくする。ただし、コストは1以下にならない。

コストが下がる事で、重いカードなら一歩早く使えるようになり、低コストのカードなら一ターンに使える数が増える。
マナブーストと同じく強力な効果である。

ただし、大抵は軽減する対象に条件があるほか、システムクリーチャーの場合は除去されると無駄になってしまうため、マナブーストに比べると安定感に欠ける。しかし、自然以外にも存在するためコスト軽減なら組み込みやすいデッキタイプもあり、うまく使い分けていくことが肝心である。

コスト軽減の大まかな分類

味方のコストを軽減する常在型能力

コスト軽減ではもっともメジャーなタイプ。
DM-02《念仏エルフィン》《ラブ・エルフィン》が初出。

ヤッタレマン C 無色[ジョーカーズ] (2)
クリーチャー:ジョーカーズ 2000
自分のジョーカーズを召喚するコストを1少なくする。ただし、コストは0以下にならない。
氷牙フランツI世 C 水文明 (3)
クリーチャー:サイバーロード/ナイト 2000
自分の呪文を唱えるコストを1少なくしてもよい。ただし、コストは0以下にならない。

《コッコ・ルピア》をはじめ、一撃奪取《ヤッタレマン》と一番隊のサイクルなど、軽量なものは単色デッキ種族デッキの初動として重宝される。

単純なマナブーストと比べると、対象クリーチャーを召喚するたびに軽減が適用されるため、同一ターンに大量展開を狙った場合はよりお得になる(一撃奪取など回数制限があるものを除く)。
また文明の制約がないため、自然文明をわざわざ入れなくて済む。

一方で対象クリーチャー除去されると効果を失ってしまう点、効果範囲のカードタイプ文明種族が限られる点などで劣る。
また、3コスト以上は自然以外の文明でもチャージャーが存在するため、スロットを争う事になる。

このタイプのコスト軽減は重ねがけができるため、同じ範囲のものを複数出しておけばさらに展開がしやすくなる。これを持つクリーチャー自身が範囲内だとさらに複数体の展開が容易になる。

条件により自身のコストを軽減する

プレイするカード自身の能力で条件をチェックし、その条件にしたがってコストが下がるタイプ。

剛撃戦攻ドルゲーザ SR 水/自然文明 (8)
クリーチャー:アースイーター/ジャイアント 9000
シンパシー:アースイーターおよびジャイアント(このクリーチャーを召喚する時支払うコストは、バトルゾーンにある自分のアースイーターまたはジャイアント1体につき1少なくなる。ただしコストは1以下にならない)
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、バトルゾーンにある自分のアースイーター1体につき1枚、カードを引いてもよい。その後、バトルゾーンにある自分のジャイアント1体につき1枚、カードを引いてもよい。
四極 キジトロン P 光文明 (9)
クリーチャー:エンジェル・コマンド/侵略者 9000
ブロッカー
W・ブレイカー
マナ武装5:自分のマナゾーンに光のカードが5枚以上あれば、このクリーチャーの召喚コストを5少なくする。

元のコストが重い代わりに、条件を満たせばより早期にプレイできるようデザインされているものが多い。
条件を満たした状態では、大抵は通常のカードよりも高いコストパフォーマンスを発揮する。
条件を複数満たせば、その分だけコストが下がるものが主流。軽減値が固定のものは少ない。

キーワード能力化しているものにシンパシー、およびその派生能力が存在する。

元のコストが重いということでフィニッシャーが目立つ。
条件が簡単な代わりに大したスペックでないものもいるが、それらは《ヒラメキ・プログラム》ガチンコ・ジャッジなどとのコンボに用いられる事が多い。

その場で条件を満たしコストを軽減する

超電磁マクスウェルZ R 水文明 (8)
進化クリーチャー:サイバー・コマンド 8000
進化−自分のサイバー1体の上に置く。
ソウルシフト(このクリーチャーを召喚する時、このクリーチャーの進化元クリーチャーを選ぶ。このクリーチャーのコストは、その選んだクリーチャーのコストだけ少なくなる。ただし、このクリーチャーのコストは1より少なくならない。)
W・ブレイカー
各プレイヤーは、自身の墓地にある呪文と同じ文明を持つ呪文を唱えられない。
ジョット・ガン・ジョラゴン MDG 無色[ジョーカーズ] (7)
クリーチャー:マスター・ドラゴン/ジョーカーズ 11000
このクリーチャーを召喚する時、ジョーカーズを好きな数バトルゾーンから自分の手札に戻し、その数だけ、召喚コストを1少なくしてもよい。
スピードアタッカー
W・ブレイカー
このクリーチャーが攻撃する時、カードを1枚引き、その後、手札を1枚捨てる。
ジョラゴン・ビッグ1:ジョーカーズを自分の手札から捨てた時、その「このクリーチャーがバトルゾーンに出た時」で始まる能力を1つ使ってもよい。

召喚する時に何らかのアクションを求められ、それに応じてコストが小さくなるタイプ。

キーワード能力化しているものにソウルシフト∞ソウルシフトが存在する。

  • 後述の「コストを軽減してプレイすることもできる」タイプとは逆の手順を踏むタイプと言える。

次にプレイするカードのコストを軽減する

フェアリー・ギフト UC 自然文明 (1)
呪文
このターン、次に召喚する自分のクリーチャー1体のコストを最大3少なくしてもよい。ただしコストは0以下にならない。
※殿堂入り
キリモミ・ヤマアラシ R 火文明 (1)
呪文
このターン、次に召喚する自分のクリーチャーの召喚コストを1少なくしてもよい。ただし、コストは0以下にならない。そのクリーチャーをバトルゾーンに出した時、このターンの終わりまでそのクリーチャーは「スピードアタッカー」を得る。

次にプレイするカードだけをより低コストで使えるようにするというもの。

単発である分、軽減するコストが広いものがほとんど。

コスト軽減の中では数が少ないが、《フェアリー・ギフト》《スクランブル・チェンジ》殿堂入り《鎧亜戦隊ディス・マジシャン》プレミアム殿堂に指定されているほど、戦略としてはメジャー。

  • 呪文cipのものはそのカード自体のコストがかかるため、純粋なコスト軽減としてはそれらを差し引きして計算しなければならない。例えば《フェアリー・ギフト》コストを3軽減するが、本体は1コストであるため、次にクリーチャーを召喚すると最終的に2コストを軽減したことになる。

コストを軽減してプレイすることもできる

任意である代償として軽減した場合に何らかのデメリットを伴うタイプ。

新章デュエル・マスターズB・A・Dが初出。

“罰怒”ブランド Ltd. SR 火文明 (7)
クリーチャー:ビートジョッキー 7000
B・A・D2(このクリーチャーを、コストを2少なくして召喚してもよい。そうしたら、このターンの終わりにこのクリーチャーを破壊する)
スピードアタッカー
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のパワー6000以下のクリーチャーを1体破壊する。
晩餐の貪り 泥名 R 光文明 (6)
クリーチャー:メタリカ 6000
このクリーチャーを召喚するコストを1少なくしてもよい。そうしたら、このクリーチャーはタップしてバトルゾーンに出る。
W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2つブレイクする)
このクリーチャーをアンタップして、相手クリーチャーの攻撃先をこのクリーチャーまたは自分のタップしているクリーチャーに変更してもよい。

キーワード能力化しているものにB・A・DJ・O・E無月の大罪、およびそれぞれの派生能力が存在する。

ルール

コストが軽減される場合でも、カードが持つ文明ごとに最低1枚の文明コストを支払わなければならない。従って、2文明を持つカードの最低コストは2、3文明を持つカードの最低コストは3である。無色のカードは文明を持たないため0が最低コストとなる。必ずコストを減らさなくてはならないカードを使用する場合、多色カードコストが持っている文明の数より少なくなったら必要な文明の数だけマナを過剰に支払うことで召喚できる。

以前の裁定

2015年7月15日の以前の裁定では、マナの過剰支払いは認められず、文明が足りない時はそのカードをプレイすること自体ができなかった。
これに関しては、マナの点数は出さないが文明は出す5色レインボーを利用する事で回避できる事もあった。

《百鬼ヤコウ》など、複数種類のコスト軽減を行う時、該当するクリーチャーは当てはまる数に応じて軽減される。例えば《百鬼ヤコウ》バトルゾーンにいる時に種族にコマンドドラゴンを持つ《勝利宣言 鬼丸「覇」》を出すと、合計2マナ分のコスト軽減がされる。

コスト軽減とコスト増加が同時に影響する場合、先にコスト増加の分を加算し、その後でコスト軽減の分を減算する。

コスト軽減能力に付随する下限について

ほとんどのコスト軽減能力には「ただし、コストはX以下にならない。」の表記がある。これはそのコスト軽減能力を適応させたクリーチャーの最低コストがX+1になることを意味し、いかなる場合でもX+1より少なくなることはない

例えば、コスト3の《殺意の悪魔龍 マガンド》を味方の《コッコ・ルピア》がいる状態で出す場合、軽減効果によってコストは2少なくなり1となるはずだが、「ただし、コストは1以下にならない。」の部分によって最低コストが2と設定されるため、実際のコストは2となる。

  • これが《界王類七動目 ジュランネル》など元々最低コストより低いカードであった場合、結果的に元のコストよりも高くなってしまう。
    • ただし、《ゾンビポンの助》による暫定回答では、「〜。ただし、コストはX以下にならない。」の「ただし」以降は注釈文のような扱いになるとされている。
      軽減した結果のコストに関してある数値以下にならないという意味であり、こちらが正式な裁定になれば、直前のコスト軽減が適応されない状況においてはある数値以下でプレイすることが可能ということになってくる。

複数のコスト軽減能力を同時に扱う場合、下限は数値が大きいほうが優先される。例えば、バトルゾーンに自分の《コッコ・ルピア》《ルピア・ラピア》がいる場合、《コッコ・ルピア》の「コストは1以下にならない」が優先され、ドラゴンコストは2までしか下がらない。

  • カードによっては「ただし、コストXより少なくならない。」と表記されることもある。紛らわしいがこちらの場合最低コストはXとなる。

その他

  • 逆にコストを増やす能力を持ったカードも少なからず存在する。《封魔ゴーゴンシャック》などが有名。
    • 俗に「コスト増加」と表現されるが、「軽減」の対義語としては「加重」が適切。「増加」は「減少」の対義語であり、若干ニュアンスが異なる。

主なコスト軽減カード

自身のコストを軽減

自分のクリーチャーの召喚コストを軽減

自分の呪文を唱えるコストを軽減

自分の呪文を唱えるコスト&オーラを使うコストを軽減

参考


公式Q&A

Q.《透明妖精リリン》がバトルゾーンにいる時に、《妖精のプレリュード》を唱えました。5コストの無色クリーチャーを召喚する場合、召喚コストはどうなりますか?
A.コストは5少なくなります。ただし、0以下にはならないので1支払う必要があります。
引用元

Q.《スター・ピッピー》の能力で、自分の光と火の多色クリーチャーのコストを合計2コスト軽減できますか?
A.はい、2コスト軽減することができます。ですが文明の支払いは必要なため、その多色クリーチャーのコストは2より少なくはなりません。
引用元

Q.《アカシック・ファイナル》の5番目の能力の、「コストは1以下にはならない。」とはどういうことですか?
A.この能力ではコストは2より少なくなりません。例えば、この《アカシック・ファイナル》が3体バトルゾーンに出ていても、元のコストが6の、文明を2つだけ持つドラゴンの召喚コストは2となります。
引用元

Q.バトルゾーンに自分の《ヤッタレマン》が1体います。《キタカゼマンA》を「キリフダッシュ0」で召喚する際、《ヤッタレマン》の「コストは0以下にならない。」の能力で1コスト支払う必要はありますか?
A.いいえ、支払う必要はありません。
《ヤッタレマン》の能力はコストを下げた場合に適用されます。コストを支払わずに召喚する場合には適用されません。
引用元

Q.《一撃奪取 トップギア》などが持つ、召喚コストを少なくする能力で《メテヲシャワァ・ヲヲロラシアタァ》の「ビビッドロー」のコストを少なくできますか?
A.はい、召喚コストを少なくする能力で「ビビッドロー」を使うのに必要なマナコストを少なくできます。
引用元

Q.《コッコ・ルピア》等が持つ、召喚コストを少なくする能力で《幻龍 ゲンムエンペラー》の「ムゲンクライム」のコストを少なくすることができますか?
A.はい、召喚コストを少なくする能力で「ムゲンクライム」を使うのに必要なマナコストを少なくすることができます。その場合でも、タップするクリーチャーの数は変わりません。
引用元