《スパダチ モンキッドR(レヴォ)

スパダチ モンキッドR R 自然文明 (3)
クリーチャー:ジョーカーズ/チーム切札 2000
<キリフダッシュ>[自然(10)](自分のクリーチャーの攻撃の終わりに、そのクリーチャーがその攻撃中にシールドをブレイクしていれば、このクリーチャーを[自然(10)]支払って召喚してもよい)
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から3枚を見る。その中からチーム切札を1枚、タップしてマナゾーンに置いてもよい。残りを好きな順序で山札の下に置く。
<キリフダReVo>このクリーチャーが「キリフダッシュ」能力によってバトルゾーンに出た時、相手のクリーチャーをすべて、持ち主のマナゾーンに置く。

月刊コロコロコミック2020年12月号付録で登場した自然ジョーカーズ/チーム切札

cip山札の上3枚からチーム切札を1枚マナブーストできる能力は、ある程度サーチ出来るもののタップインすることから、キリフダッシュとの相性は悪い。《タイク・タイソンズ》などのJチェンジ持ちとは相性が良く、初動では《勝熱龍主 モモキング》サーチできる。

キリフダッシュも、【赤緑キリフダッシュ】で要求コスト10で召喚することは絶望的である。《モモモスモモモ・ダッシュ》を1枚使えば実質コスト7、2枚使えばコスト5となり現実的に払える数値となる。相手のクリーチャーを全体マナ送りにする強力なキリフダReVoであり、多少無理をしてでも狙ってもいいだろう。

序盤はマナブースト、終盤は全体除去狙えるといえば聞こえはいいが、キリフダReVoの条件が厳しく使い難い。マナブーストタップインだが、Jチェンジをサポートできるので、《モモダチ モンキッド》とは一長一短と言うところ。

また、このカードの真価は、《勝熱百覇 モモキングReVo》と組み合わせることで発揮する。序盤はキリフダッシュを使わずに出して、ある程度好きなチーム切札マナゾーンに置き、終盤は《勝熱百覇 モモキングReVo》でそれを回収。さらに、《勝熱百覇 モモキングReVo》の能力でこのクリーチャーをキリフダッシュ2で出し、キリフダReVoを発動させるのが主旨だろう。

ただしマナブーストできるのはジョーカーズではなくチーム切札であるため、十王篇以前のカードを中心とした【ジョーカーズ】とはあまり相性はよくない。
このクリーチャーcipを活かしたいのなら、デッキチーム切札を13枚以上は入れておきたい。

関連カード

収録セット

参考