《マテン龍樹(ドランジュ)

マテン龍樹 SR 闇/自然文明 (6)
クリーチャー:ジャイアント・ドラゴン/不死樹王国 8000
マッハファイター
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から5枚を墓地に置いてもよい。
このクリーチャーがバトルに勝った時、自分の墓地にあるカードすべてと、自分のマナゾーンにあるカードすべてを入れ替えてもよい。
<フシギバース>[闇/自然(10)](自分のクリーチャーを1体タップしてマナゾーンに置き、[闇/自然(10)]からそのクリーチャーのコストを引いた数のコストを支払って、このクリーチャーを自分の墓地から召喚してもよい。ただし、コストは[闇/自然(2)]より小さくならない)

DMRP-14にて登場した/自然ジャイアント・ドラゴン/不死樹王国

マッハファイターW・ブレイカーであり、cipで5枚墓地肥やしする。
そしてバトルに勝った時、墓地マナゾーンを全て入れ替える(マナゾーンに置かれるカードは特別な効果がない限り、アンタップで置かれる)。

その名の通り、自分の墓地に作用する《魔天降臨》のようなド派手なマナ交換を持ち、墓地の肥え具合によっては大きなマナのアドバンテージを得ることができる。
他にもマナに埋まったフシギバースを持つクリーチャーを墓地に送り込んで再利用するなど、単純なマナブーストに留まらない働きを見せる。マナがアンタップインされるため、効果による強制バトルを行えばマナ回復のように扱うことも可能。他のクリーチャーで攻撃すればキリフダッシュの発動にも有効。

一方でバトルに勝たなければ効果は扱えず、本体のパワーも高いものの、エース級には一歩及ばない。
《全能ゼンノー》などの攻撃抑制を行うクリーチャーを相手取る場合、ただの大型墓地肥やしとして割り切る覚悟も必要となる。

マナを犠牲にすることで大量ドローを行う《悪魔の契約》とは高相性であり、マナが少ない状態でマナ交換を行えば墓地のカードをそのままマナにしてしまうことも理論上可能。
他にも、マナを犠牲にしてマナ数の倍増を行う《大喰の超人》との相性も悪くなく、マナゾーンが空になってもマナ交換で元通りとなる。
コスト8であるため、2コストでフシギバースを行えるところもグッド。

  • 墓地肥やしは任意だが、枚数は0枚もしくは5枚の二択のみ。5枚より少ない枚数(1~4枚)を墓地送りにするといった事は出来ない。
  • 『デュエル・マスターズ 十王篇フルコンプリートBOOK』でも《魔天降臨》のパロディであることが示されている。

関連カード

収録セット

参考


公式Q&A

Q.《マテン龍樹》の「このクリーチャーがバトルに勝った時」の能力は、自分の墓地かマナゾーンのどちらかが0枚だった場合、どうなりますか?
A.その場合でも入れ替えは実行されます。例えば、墓地のカードが0枚、マナゾーンのカードが8枚だった場合、それらが入れ替わり、墓地のカードが8枚、マナゾーンのカードが0枚になります。
引用元

Q.バトルゾーンに自分の《薫風妖精コートニー》《激次元!グレンジュウ》《マテン龍樹》がいます。《マテン龍樹》がバトルに勝った時の効果で墓地とマナゾーンを入れ替えました。この時、《激次元!グレンジュウ》スペースチャージ:多色はトリガーしますか?
A.はい、墓地にあるカードをマナゾーンに置いた枚数だけトリガーします。
引用元

Q.《マテン龍樹》がバトルに勝った時、自分のマナゾーンにある《悠久を統べる者 フォーエバー・プリンセス》はどうなりますか?
A.その場合、《悠久を統べる者 フォーエバー・プリンセス》は山札に加えてシャッフルされ、他のカードは入れ替わります。
これらは全て、同時に行います。(総合ルール400.7)
引用元