樹食の超人(グルメ・ジャイアント)

樹食の超人 R 自然文明 (8)
クリーチャー:ジャイアント/不死樹王国 12000
このクリーチャーを召喚する時、自分のマナゾーンまたは手札から、好きな枚数の他のカードを選んでもよい。このようにして選んだカード1枚につき、このクリーチャーの召喚コストを1少なくする。ただし、コストは0以下にはならない。このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、選んだカードを墓地に置く。
T・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを3つブレイクする)
マッハファイター(このクリーチャーは、バトルゾーンに出たターンの間、タップまたはアンタップしているクリーチャーを攻撃できる)

DMEX-14で登場した自然ジャイアント/不死樹王国

コスト8でパワー12000のマッハファイター
名目コストが高く、さらに召喚時にマナゾーン手札から好きな枚数墓地に送る予約をし、指定した枚数分召喚コスト軽減できるという特徴を持つ。

コスト8を早出しできる点を利用するにしても、マナクリーチャーが4枚以上あればマナゾーン手札を消費することなく出せる、《八面の化身》が存在する。
手札を一気に墓地に置く手段は《怨念怪人ギャスカ》《MEGATOON・ドッカンデイヤー》を筆頭に闇や火に多く存在している。
マナゾーンのカードを一気に墓地に置く手段は《カラフル・ナスオ》などが存在している。
こちらはある程度融通を利かした選択ができることと、そのターンに使えるマナを多く残しつつ墓地肥やしできる[1]という点に着目したい。

墓地に置くことになるマナ枚数=タップするマナ枚数になる組み合わせは、(手札6枚、マナ1枚、1コスト)(手札4枚、マナ2枚、2コスト)(手札2枚、マナ3枚、3コスト)(手札0枚、マナ4枚、4コスト)の4つ。

元々が大型のため、少ない枚数を墓地に置きたい場合だと自身の能力であまりコスト軽減できず、マナを多く支払う必要がある。
しかしジャイアントを軽減できる《西南の超人》と組み合わせると、小さな支払いで小回りの利く墓地送りができる。

ルール

  • クリーチャーを召喚する宣言と同時にカードを選ぶ。選んでからマナコストの支払いをするため、これから支払おうとするマナのカードでも選ぶことができる。
    • このとき、選んだカードの枚数分のコスト軽減を適応しても召喚するのに必要なマナを確保できない場合、召喚宣言ごと巻き戻してなかったことにされる。
  • コスト踏み倒しでバトルゾーンに出た場合、何も選んでないのでカードは墓地に置かれない。
  • 《BAKUOOON・ミッツァイル》はコストを支払わずに「召喚」扱いする時、コストを少なくする能力は使えない(よくある質問)。よって、S・トリガーを得た《樹食の超人》をコストを支払わずに「召喚」扱いする時、自分の手札を捨てることはできず、旧型マッドネスを使うこともできない。

裁定待ち

テキストを読むと自身へのハンデスとランデスは『「このクリーチャーがバトルゾーンに出た時」で始まる能力に該当しないcip』のように見えるが、一つの能力で括られているため遅延誘発型能力の可能性もある。

運用例

単色でフシギバース9以下なら、先攻3ターン目にプレイできる。

  1. チャージエンド(手札4枚、マナ1枚)
  2. チャージ《フェアリー・ライフ》エンド(手札3枚、マナ3枚)
  3. チャージ(手札3枚、マナ4枚)手札2枚とマナ3枚を犠牲に《樹食の超人》を3マナで召喚し、残り1マナでフシギバースを使う。

《樹食の超人》を召喚するだけなら後攻2ターン目でも可能。(相手が《滅亡の起源 零無》を使っていた場合は先攻2ターン目も可。)
この時点で手札もマナもなくなるため、そのターン中にはフシギバースは使えないが、そのターンの終わりに《手札の儀》を達成しGR召喚しつつ、3ターン目に単色をチャージすることで単色フシギバース9以下をプレイすることができる。
ついでに、先攻2マナで出されたクリーチャーをマッハファイターで除去しておける。《奇石 ミクセル》を出されたら手詰まりだが。

  1. チャージエンド(手札5枚、マナ1枚)
  2. チャージ(手札5枚、マナ2枚)手札4枚とマナ2枚を犠牲に《樹食の超人》を2マナで召喚

先攻の場合《樹食の超人》の召喚には最速でも3ターンかかり、先攻よりも後攻が先に動ける珍しい現象である。

手札2枚とマナ3枚を犠牲にした場合は墓地にカードは5枚、手札4枚とマナ2枚を犠牲にした場合は墓地にカードは6枚。もう少しで《墓地の儀》を達成できる状態となる。
犠牲にしたカードに《一なる部隊 イワシン》があれば墓地肥やしを促進でき、先攻の場合2ターン目に《フェアリー・ライフ》などが使えるためさらに墓地のカード枚数は増える。

《樹食の超人》を召喚すれば、闇1マナで墓地から《不敵怪人アンダケイン》を召喚できる状況となる。爆発力に欠けるが墓地肥やしフシギバースの種を作りながら、消費したマナ手札を補充できる《ライマー・チャント》も悪くない。

マナを墓地に置くため4ターン目以降にはなるが、2マナで《樹食の超人》を種にフシギバース10のクリーチャーを召喚可能。
《マテン龍樹》cipでの墓地肥やしと、バトルに勝ったら墓地とマナゾーンのカードを入れ替える能力により一気にマナを増やせるので相性が良い。

その他の運用法として、ビッグマナでマナに落ちてしまったカードをピンポイントで墓地に落とせるパワー12000以上のクリーチャーとして使ったり、《蝕王の晩餐》でコスト9のクリーチャーをリアニメイトするために使ったりできる。

《生命と霊力の変換》を唱えてからこのクリーチャーを召喚すれば、マナを墓地に置かずにコスト軽減できる。
選ぶためのカードも、マナゾーンにタップした5枚は確定であるはずなので、同時使用もそこまで苦労しないだろう。

関連カード

収録セット

参考


[1] とは言ったものの、殿堂入り《カラフル・ダンス》は5枚アンタップインしたら、逆にマナ回復しつつ墓地肥やしができるのだが。