バトル

キーワード処理の一つ。
クリーチャー2体による戦闘のこと。

以下の状況で発生する。

  1. 攻撃ステップでの攻撃先がクリーチャーだった場合
  2. 《爆竜トルネードシヴァXX》《狩人秘伝ハンター・ファイア》などのバトルを発生させるカードを使った場合(効果バトル)

バトルのルール

  • バトルとは、クリーチャー2体のパワーを比べて勝敗を判定することである。
  • パワーが同じ場合は相打ちとなる。ルール上ではどちらのクリーチャーも「バトルに負けた」扱いになり、結果的に両方とも破壊される。
  • バトルは勝敗判定までであって、バトルに負けたクリーチャーが破壊されるのは、ルールによるものであり、バトルに含まれない。
  • バトルでパワーの差が影響することは基本的にない。500でも(極端な例では1でも)上回っていれば、(特殊な例を除いて)勝ちである一方で、パワーが相手を10000上回っていてもバトルに勝つ以上のメリットは発生しない。バニラ準バニラが敬遠されがちなのはこのことも大きな要因である。

バトルの詳細な処理順序は以下の通り。

  1. バトルが始まるより前に、このバトルを含む2つ以上の効果バトルが誘発している場合、残った効果バトルはこのバトル中には解決されず、「バトルの後」を迎えてから処理する。その他このバトルに関係しない処理待ちの誘発型能力も同様。
  2. ハンティングなどの「バトル中」の継続的効果を適用。
  3. ここでスレイヤーなどの「バトルする時」の誘発型能力誘発する。
  4. パワー差を比べ、勝敗を決定する。相打ちの場合は両者共に敗北。
    「バトルに勝った時」「バトルに負けた時」の誘発型能力誘発するが、破壊処理が終わってないため、まだ解決されない。
  5. バトルに負けたクリーチャーを破壊する。モヤシエターナル・Ωなどの「破壊される時」などの置換効果があれば適用する。
    破壊された場合は「破壊された時」の誘発型能力が誘発する。
  6. 解決待ちの「バトルに勝った時」「バトルに負けた時」「破壊された時」の誘発型能力ターン・プレイヤーから解決する。この時点ではまだバトル中である。このトリガー処理によって別の効果バトルが誘発した場合、このバトルが終わるよりも前にその効果バトルを解決する。つまり、複数のバトルが同時に実行中の状態になる。これはこのバトルが始まるより前に2つ以上の効果バトルが誘発している場合の処理とは異なる。
  7. 「バトル中」および「バトルが終わるまで」、「ブロック中」などの継続的効果が失効する。これをもってバトルが終了する。
  8. スレイヤーなどの「バトルの後」の誘発型能力が誘発する。待機中の誘発型能力も含めて、ターン・プレイヤーから解決する。

その他

  • ルール変更によって処理順が変更され、バトルに負けたクリーチャーを破壊してから「勝った時」「負けた時」の誘発型能力が誘発するようになった。ゆえに、pigは「勝った時」「負けた時」と同じタイミングで解決する。
  • 以前は、バトルに勝った時の誘発型能力が相手が選ぶ破壊だった場合、負けた自分のクリーチャー破壊すれば結局同じことになってしまうため、無意味なものとなっていた。
  • 相手プレイヤーへの攻撃では「バトル」は発生しない。もちろん、ブロックされれば話は別だが。

参考


公式Q&A

Q.相手の《「修羅」の頂 VAN・ベートーベン》が自分のクリーチャーとバトルする際、かわりに自分の《百万面相 トカゲ丸》と相手の《「修羅」の頂 VAN・ベートーベン》がバトルしました。《「修羅」の頂 VAN・ベートーベン》の「エターナル・Ω」は適用されますか?
A.はい、適用されて、バトルに負けた《「修羅」の頂 VAN・ベートーベン》は手札に戻ります。バトルするイベントと破壊するイベントはそれぞれ別のイベントです。(総合ルール 115.3b)
引用元

Q.相手の「アバレチェーン」能力によって破壊されない《兵繰凄の鎖 サイノ・ブサイ》に、自分の《百万面相 トカゲ丸》が攻撃し、バトルに勝ちました。相手の《兵繰凄の鎖 サイノ・ブサイ》は破壊されませんが《百万面相 トカゲ丸》の「バトルに勝った時」の能力はトリガーしますか?
A.はい、バトルに勝っていますので、破壊されなくてもトリガーして効果を解決できます。(総合ルール 115.3b)
引用元

Q.自分と相手の《百万面相 トカゲ丸》がバトルした場合、両方の《百万面相 トカゲ丸》の「バトルに勝った時」がトリガーしますか?
A.いいえ、同じパワーでバトルした場合、どちらもバトルに負けます。(総合ルール 115.3c)
引用元

タグ: 用語集