1(ワン)2(ツー)3(スリー)、チームボンバーイェー!》

1、2、3、チームボンバーイェー! UC 光/火文明 (7)
呪文:チームボンバー
S・トリガー(この呪文をシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ唱えてもよい)
相手のパワー6000以下のクリーチャーを1体破壊する。
相手のクリーチャーをすべてタップする。

DMRP-13で登場した/チームボンバー呪文

6000火力オールタップを持つS・トリガー呪文
2コスト大きくなったかわりに《ボルメテウス・ホワイト・フレア》の条件付きモードが無くなったようなスペック《支配のオラクルジュエル》の火文明版、《雷撃と火炎の城塞》の大型版とも言える。

手打ちするにはコストが重いが、S・トリガーとしての防御性能は高い。
S・トリガーで出ればそのターンの残りの攻撃を飛ばした上で返しのターンのタップキルに繋げられる。
除去も付いているため、最後の攻撃S・トリガーしたとしてもアドバンテージを得ることができる。

防御札としての役目が主となるだろうが、《龍聖霊ウルフェウス/ヘブンの衝撃》など、手札から呪文を唱えるクリーチャーと組み合わせても強力。
中でも《超聖竜ボルフェウス・ヘヴン》との相性は最高で、全体タップ後のタップキルと合わせて盤面を制圧してしまえる。
一方ででコスト7は重いため、他のデッキで手札に来たら大体はマナゾーンに置かれる事になるだろう。

総じて攻防どちらの場面でも腐りにくい、強力な呪文と言える。アンコモンなので手に入りやすいのも嬉しい。

【ボルメテウスコントロール】では《ボルメテウス・ホワイト・フレア》に優先されるだろう。そもそもこのカードの登場時点の【ボルメテウスコントロール】は実際の対戦上一切ボルメテウスバトルゾーンに出さずにGR召喚で畳み掛ける場合も珍しくないため、《ボルメテウス・ホワイト・フレア》のこちらへの優位点は実質ないと言えるだろう。

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考