死海竜(しかいりゅう)

死海竜 R 水/闇/火文明 (5)
クリーチャー:レインボー・コマンド・ドラゴン/エイリアン 12000

DMX-01にて登場した//レインボー・コマンド・ドラゴン/エイリアン

初のレインボー・コマンド・ドラゴンであり、エイリアンを併せ持つ多色クリーチャー

DMR-01《死海竜ガロウズ・デビルドラゴン》の前置きとして登場したカードでもあり、そちらと文明パワーが同じ。

5マナにして12000という破格のパワーを持っているが、W・ブレイカーすらないバニラなので実戦ではかなり使いにくい。
長らくの間準バニラという扱いであったが、多色カードに関するルール変更によりこのクリーチャーバニラと扱えるようになった。
が、バニラサポートを受けるには少しが多すぎる。《激竜王》と比べると不遇な扱いである。

しかも、強力な破壊効果を持つ《ニコル・ボーラス》の登場で更に追い込まれてしまった。
そちらに勝る唯一にして最大の利点は「コスト5以上の青黒赤コマンド・ドラゴン」である点。
彼方と違って《Kの反逆 キル・ザ・ボロフ》革命チェンジ可能であり、侵略にアクセスする事もできる。
とはいえ、それらが入るならば他に優秀なクリーチャーは多く、同じ色のコマンド・ドラゴンには《勝利のリュウセイ・カイザー》というライバルも存在する。
所詮バニラでしかないこのクリーチャーに手が伸びる事は考えにくいだろう。

とまぁ、長年コレクションとして燻っていたこのカードだが、《パーロック・スマイリーストーリー》の登場でようやく採用の芽が出てきた。
あちらは【バニラビート】専用カードだが、構築に自然のマナが必要になる為、二つのマナの色を一体で確保できるこのクリーチャーに焦点が当てられたのである。
手打ちするにはのマナが足りなくなりがちな面も、《パーロック・スマイリーストーリー》コスト踏み倒しで出せば気になりにくい。
ただ、それでも種族文明の似通った《龍素記号Va ジェラード》《虚空の力 レールガン》がライバルに成り得るので、採用には【バニラビート】で希少なパワー種族、そして多少の愛が必要か。

  • DMX-01に収録された際、新しいカードに生まれ変わるように、シールが剥がれるような演出がなされている。

関連カード

フレーバーテキスト

  • DMX-01
    悪こそこの世の常。生き残るは常に悪。

収録セット

参考