ゲオルグ・バーボシュタイン

漫画「デュエル・マスターズ」および、アニメ「デュエル・マスターズ!」第26話にて初登場した、勢力。

声優は石井康嗣氏が担当。

「ハッピー★ドリーム工場(デストロイ💀ナイトメア工場)」の工場長であり、語尾に「〜ゲボ〜」とつけるのが特徴。

かなりの笑い上戸であり、一生懸命作ったラーメンを「いらない」と拒否されても爆笑するレベル。
また、「人間から幸せエネルギーを、吸い取れるだけ吸い取って闇の瘴気に変えることなんでゲボ」「そうゲボな。最終的には、動かなくなるゲボ」と工場の重要機密をあっさり話してしまう抜けた部分もある。
ただし、追い込まれると人が変わるそうであり「ドロドロに汚染されて、絶望しろやぁー!」「使えない従業員は、廃棄、廃棄、廃棄だァー!」などの汚い言葉も使う。

切り札は《メガロ・デストロイト》

DMRP-08にてカード化された(《ゲオルグ・バーボシュタイン/ゴースト・タッチ》

アニメ・漫画での活躍

アニメ「デュエルマスターズ!」26話

切札 ジョーを工場に閉じ込めるようゲジスキーから命令されるも、食堂のメニューにラーメンがない[1]という理由で切札 ジョーは帰ろうとする。自分でラーメンを作ってみるも、切札 ジョーはラーメンを口にする前から拒否されてしまう。ラーメンを美味しく作れる人を探そうとし、ラーメンを美味しく作れる人としてラビット大佐の名を聞くもラビット大佐は工場の真実を知ってぴょんこ姫カバまろと共に脱出しようと考えていた。その後ゲオルグ・バーボシュタインは工場の真実を知ったウサギ団を処分しようとするも、ぴょんこ姫の提案によってデュエマで決着をつけることに。
デュエマではラビット大佐《龍装艦 ゴクガ・ロイザー》《ブレイン珊瑚の仙樹》による大量展開、《無双の縛り 達閃》によるロックで追い詰められるも、《撃髄医 スパイナー》スーパー・S・トリガーによって大量展開をし、《メガロ・デストロイト》によってラビット大佐クリーチャーを全て破壊し、大逆転勝利した。

アニメ「デュエルマスターズ!」28話

ゲジスキー自然文明の汚染を邪魔してる者がいることを伝える。

アニメ「デュエル・マスターズ!」36話

《メガロ・デストロイト》を止めに来たジョーと緊急停止ボタンを賭けてデュエマで勝負した。《ゲオルグ・バーボシュタイン/ゴースト・タッチ》によるハンデスデッキでジョーを苦しめるも、《オラマッハ・ザ・ジョニー》によってクリーチャーを全て破壊され、敗北。その後、用済みとなったのか、ゼーロによって落とされた黒い星により工場ごと爆破され、死亡。そして37話以降のOPでは頭に輪っかがついていた。

漫画版

漫画版ではゼーロより闇の工場長を任されており、《メガロ・デストロイト》に乗って、自然文明の工場のゴミ捨て場にすべく侵攻した。
一方で《自然星人》などの自然文明クリーチャージョーカーズを従業員として労働させ爆弾を造らせた。
従業員に見せる表向きの顔は、見てくれは悪いが味は美味しい(らしい)お菓子を振る舞うなど、優しい人物として見せかけていた。
だがその本性は、不満をもらしたり動けなくなった従業員を容赦なく工場の燃料にする残酷な性格。

  • 「ゲボちゃん」というあだ名を持つが、漫画版とアニメ版でその扱いは真逆。
    漫画版ではゲジスキーに「ゲボちゃんと呼べ」と強要し、「面倒くさい奴」と思われていた。
    逆にアニメではゲジスキーに「ゲボちゃん」と呼ばれ「ゲボちゃんと呼ぶな」と怒鳴り返していた。

戦績

デュエル・マスターズ!

使用カード

参考


[1] メニューは堅焼きそば、納豆そば、きつねうどん、ミートソーススパゲッティ、盛岡冷麺、そうめん。限定メニューにはカレーうどん、ベトナムフォー、ホルモン焼きそば、油そば