予言者(よげんしゃ)ギャラシβ(ベータ)

予言者ギャラシβ UC 光文明 (4)
クリーチャー:ライトブリンガー[サバイバー] 4500
SV-<ギャラクシールド>[無色(2)](このカードを使うコストの代わりに、[無色(2)]を支払ってもよい。そうしたら、このカードを表向きにシールド化する)
SV-自分のターンのはじめに、このクリーチャーが表向きで自分のシールドゾーンにあれば、コストを支払ったものとして召喚する。
超サバイバー(すべてのゾーンにある自分のサバイバーは、このクリーチャーのSV能力を得る)

DM22-EX1で登場したライトブリンガー/サバイバー

ギャラクシールドおよびギャラクシーGO超サバイバーにより、すべてのゾーンにあるサバイバーに付与することができる。

ギャラクシールドのコストが軽いゆえに手軽にシールドを増やせる他、次の自分のターンにはシールド化されたサバイバーを、マナゾーンのカードの枚数関係なしに出すことができる。

特にコストが重くて手札に持て余してしまうクリーチャーをマナの総数に依存せずにバトルゾーンに出せることや、加えてシールド化で間接的ながらも防御力を高めることが可能。

ギャラクシールドのマナコストに文明が必要ないが、これは他のサバイバーにも使わせることを想定しているため。
《∞大龍 ゲンムエンペラー》の裁定と同じく、他のカードに色とマナコストを指定して代替コストを与えた場合、与えられたカードの持つ文明は優先されず、与えられた色とマナコストで支払いを行う。

《瞬速のアタカマイトβ》《シータ・トゥレイト》と組み合わせれば、シールドを放置したらギャラクシーGO、ブレイクしたらS・トリガーと非常にいやらしい動きができる。
ただし《予言者ギャラシβ》が倒されてしまえば、ギャラクシーGOの付与もなくなってしまうので、置いたサバイバーが表向きの普通のシールドとしてあるだけに戻ってしまう。

  • 裁定が下るまでは不明瞭だが、最初にこのクリーチャーを出すときはギャラクシールドを使えない可能性がある。詳しくは超サバイバーの項目を参照。
  • カード名は、まんま「『ギャラ』ク『』ールド」。

サイクル

フレーバーテキスト

収録セット

参考